ロードバイクの情報を発信しています!

ジーノ・マーダーが寄付した緑化団体がマーダー専用の緑化エリアを作ることを発表

海外情報
Photo credit: Greenfleet Australia on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

ジーノ・マーダーは優れたサイクリストであるだけでなく、より良い世界のために活動する人物でもあった。

2021ブエルタ・ア・エスパーニャの後、彼はアフリカの緑化による気候変動対策に取り組む非営利団体「Justdiggit」に4,529ユーロを寄付した。

この団体は今回、ジーノ・マーダーを偲んで特別なエリアを再緑化することを発表している。

 

スポンサーリンク

ジーノ・マーダーのために

 

ジーノ・マーダーがその行動で世界中の多くの人の心を動かしたことは、ここ数日で私たちに明らかになっている。

2021・2022年のブエルタ・ア・エスパーニャで自分が上回ったライダーの数を一人1スイスフランとして環境団体に募金していた。

 

ジーノ・マーダーから寄付を受け取ったJustdiggitからの発表では、

「彼の功績を称えるファンから、彼の名前を使って700件以上の寄付を受け取りました。

ジーノの悲劇的な死を受けて、私たちの組織がサイクリングコミュニティから受けた多大な支援に深く感動しています。

彼に敬意を表し、皆様の心からの寄付で、後日発表される場所にジーノ専用エリアを再緑化します。

現時点では詳細や場所について最新情報をお伝えするには時期尚早ですが、近日中にお知らせいたします。」

 

ジーノ・マーダーは、自分の生まれた愛するスイスアルプスの巨大な氷河が目の前でどのように消えていくかを目の当たりにしていた。

その後、動物や自然に対する大きな愛情を共有し、地球の状態に対する深い懸念を表明していた。

実際に行動にうつし、自ら募金するというのは本当に素晴らしいことだ。ジーノ・マーダーの思いが、世界に通じることを祈りたい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました