ロードバイクの情報を発信しています!

INEOS Grenadiersが18歳のジュニア選手ジョシュ・ターリングを青田買い

海外情報
Image credit: Joshua Tarling
この記事は約2分で読めます。

INEOS Grenadiersがジョショ・ターリング(Josh Tarling)18歳と契約した。

当然、これはU23を飛び越した最近の若い才能の青田買いだ。2021世界選手権ジュニアタイムトライヤルで2位となっているスピードマン。

INEOS Grenadiersの若い選手では、マグナス・シェーフィールド、イーサン・ヘイターなどすぐに頭角を現すライダーも多い。期待していいのかな。

 

スポンサーリンク

3年契約

 

トラック競技では、コモンウェルスゲームズで2度のチャンピオンとなっている。

ジョショ・ターリングも、チームで活躍している、トム・ピドコック、イーサン・ヘイターのように複数の分野で活躍できるライダーのようになるかもしれない。

 

今シーズンの成績を見てみると

  • Tour de Gironde International (2.1) 第1ステージ 優勝 総合優勝
  • Trophée Centre Morbihan (2.Ncup) 第2ステージ 優勝
  • LVM Saarland Trofeo (2.Ncup) 第3ステージ 優勝

 

ジュニアクラスのタイムトライヤルでは負けなしだ。

今シーズンは、ウェールズ ナショナル トラック チャンピオンシップでチーム パシュートとポイント レースで優勝するなど、トラックレースでも活躍している。

ロードとトラックを組み合わせたフィリッポ・ガンナのような存在となる可能性は高い。2年後くらいには、レースで名前を聞くようになるのでは。

INEOS Grenadiersも、急速にチームの若返りをはかってますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました