ロードバイクの情報を発信しています!

UAE Team Emiratesのアルバロホセ・ホッジが12回の手術を経て2年振りのレース復帰

海外情報
Photo credit: diocrio on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

UAE Team Emiratesのアルバロホセ・ホッジは壮絶な手術を乗り越えて再スタートを切る。

アルバロホセ・ホッジは、2021シュパルカセン・ミュンスターラントのレースから出場していない。この時は、アンドレ・グライペルの引退レースで、マーク・カヴェンディシュが優勝。

アルバロホセ・ホッジは、逃げに乗って8位となっていた。

 

アルバロホセ・ホッジは、2年振りのレース出場をジロ・デ・シチリアで果たすことになった。

 

スポンサーリンク

2年振りの復帰

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alvaro Hodeg(@alvarohodegchagui)がシェアした投稿

 

アルバロホセ・ホッジは、2021年の12月のトレーニング中に車にはねられて大けがをおった。

足首と手首の手術は実に12回。半年間は車椅子生活をしている。また、深刻な合併症も発症し、復帰は厳しいとの見方もあったほどだった。

右手首には、長い間金属製のギブスが巻かれており、facebookではようやく歩けるようになった姿などを投稿している。

アルバロホセ・ホッジは、2019年Tour de l’Eurométropole (現在のレース名はサーキット・フランコ・ベルジュ)のレースでクラッシュ。

この時にも大けがを負っていた。

 

今回は大きなケガからの2度目の復帰となる。2021年末にQuick-Stepから2年契約でUAE Team Emiratesに移籍していたが、もし1年契約とかだったらレース復帰はなかったかもしれない。

 

ジロ・デ・シチリアのUAE Team Emiratesのメンバー

 

  • 221 ディエゴ・ウリッシ
  • 222  イヴォ・オリヴィラ
  • 223   ジョージ・ベネット
  • 224   フィン・フィッシャーブラック
  • 226   アルバロホセ・ホッジ
  • 227   ラファウ・マイカ

 

背番号225で出場予定だったフェリックス・グロスは欠場。UAE Team Emiratesは一人少ない6人でスタートする。

アルバロホセ・ホッジが狙えるスプリンターステージは、第3と第4ステージ。いずれも前半の山岳を乗り越えて集団にいないとゴールは狙えない。

UAE Team Emiratesからは、初めての出場となる。2年振りのピン止めでゴールスプリントに絡めるのか注目してみておきたい。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました