ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ第11ステージ ジュリアン・アラフィリップのケガの様子は?

海外情報
Photo by Inge Poelman on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ジュリアン・アラフィリップは第11ステージの残り64kmのカーブで落車。

そのまま、救急車で運ばれてリタイヤとなった。

公式サイトでケガの様子がわかったので報告。

 

スポンサーリンク

カーブでの落車

落車の時の様子

 

それほど難しいカーブであるとは思えなかったのだけど、ジュリアンは単独で落車。

ケガの様子だけど、右肩を脱臼したことが明らかに。X線では骨折は見られないとのこと。

医者は肩を元に戻している。木曜日に、ジュリアンはヘレンタール病院でさらなる検査を受けるためにベルギーに移動し、さらなる損傷を検査する。

 

落車の様子 YouTube動画より

 

骨折ではないというのは朗報だ。連覇を目指す世界選手権は9月25日、回復スケジュールは明らかになっていないけど、どうなんでしょうねえ~。

とにかく、今年のジュリアン・アラフィリップはついていない。

ジュリアン・アラフィリップは、シーズン最初のツール・ド・ラ・プロヴァンスも万全の状態で迎えた訳ではなかった。

 

そして、ストラーデビアンケでは宙を舞う落車をしてしまう。なんとかゴールしたけど失意の58位。

 

プランツパイルでは、チームサボートカーに落車をさせられてしまいDNS。

 

ミラノ~サンレモも気管支炎で欠場。

 

そして、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでは、肩甲骨の骨折、2本の肋骨の骨折、肺の虚脱の大けが。ツールも逃してしまう。

 

そして、復帰したツール・ド・ワロニーで第1ステージ優勝。だが、コロナでリタイヤとなってしまう。まさに踏んだり蹴ったりだ。

 

これで世界選手権も逃してしまうと呪われたシーズンとなってしまいそうだ。Quick-Step Alpha Vinyl Teamにとっても一大事で、レムコはブエルタの残りステージを5人のアシストで戦うことになる。

山岳の最初の部分を請け負っていたジュリアン・アラフィリップが抜けることで、ルイス・フェルファークとイラン・ファンワイルダーの負担は増してしまう。

チームにとっては大損害だ。ジュリアンの復帰時期についてはわかればまた報告したいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました