ロードバイクの情報を発信しています!

ドワルス・ドール・フラーンデレンのゼッケンナンバー1番マチュー・ファンデルプールは優勝したのか?

海外情報
Photo credit: Cindy Trossaert on Visualhunt.com
この記事は約8分で読めます。

前回大会優勝のマチュー・ファンデルプールがゼッケンナンバー1で出場するドワルス・ドール・フラーンデレン。

昨年はコロナで中止となっていたので、2年振りレース開催となる。日曜日のロンド・ファン・フラーデレンの前哨戦として戦われるベルギーのクラシックレースだ。

ロンド・ファン・フラーデレンは、フランダースクラシックが主催するレース。ここまでのレース結果とこれからの予定を記しておくと

と続いていく。

今年はコロナのために、無観客で開催される。ライダーは走っていても声援がないので張り合いがないだろうが、熱い走りを見せて貰いたい。

なお、コロナ陽性反応で出場出来てなかったTrek – SegafredoとBORA – hansgroheも無事にレース復帰となっている。

 

スポンサーリンク

ルーレセーレ~ワレヘム 184.1km

コースマップ pshoto www.ddvl.eu/

 

ロンド・ファン・フラーデレンは、ロンド1周という意味があるが、このドワルス・ドール・フラーンデレンは、ロンドを横切るという意味合いがある。

だが、コースマップを見ると横切っているようにも見えないけど~。

 

追記

むんくさんから、コメントを頂いて、ロンドは、フランス語やオランダ語で円形を意味しているので、ロンド・ファン・フランデレンでフランドル一周レースの意味だと教えて頂いた。感謝!

 

コースマップ pshoto www.ddvl.eu/

前半の80kmは平坦基調。その後に、セクターが続いていく。現在のコロナの影響もあって、いつくかの変更が加えられている。kluisbergが追加されている。

スタートは、ルーセーレで変わらないが市内中心部ではない。市の北西にあるサッカースタジアムからスタートする。

今年は13のセクターでふるい落としが行われる。

 

2人の逃げ

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

スタート前のゼッケンナンバー1番のマチュー・ファンデルプール。今年も連覇が期待されるライダーで優勝候補のナンバーワンだ。

 

ジュリアン・アラフィリップも、イブ・ランバールトと共にクイックステップのエースとしてレースに望む。

最初にお断りしておくと、所要があってレースは断片的にしか見れなかった。なので詳しく報告できないのがとても残念。

 

こちらはリアルスタートの瞬間。

スタートから30kmで5人の逃げが決まるがこれは4kmで捕まる。

 

ラスト66kmではイーサン・ヘイター(INEOS Grenadiers)とイエール・ワライス(Cofidis, Solutions Crédits)の逃げが見られる。最初は4人いたが二人を振り落としている。

イーサン・ヘイターは今回エースナンバーのトム・ピドコックのための逃げだろう。

 

ラスト62kmの時点ではタイム差49秒まで開くが、それ以上のタイム差は与えてくれない。二人だと中々タイム差も広がっていかない。

 

集団は、まだまだ大きいまま。後ろのほうにマチュー・ファンデルプールの姿も見える。

 

ラスト60kmで3人が落車。各チームにとって重要なライダーが落車してしまっている。

  1. マッティオ・トレンティン(UAE)
  2. エリア・ヴィヴィアーニ(Cofidis, Solutions Crédits)
  3. ヨナス・リッカールト(Alpecin-Fenix)

エリア・ヴィヴィアーニは、2年振りの勝利をあげたばかりだというのに残念、

 

二人は、Taaienbergの石畳を上がるが集団は後ろまできている。

 

後続から抜け出しをはかったのは、グレッグ・ファンアーベルマート(AG2R)。後続を引き連れて上がっていく。

 

イーサン・ヘイターは後続からの追い上げで捕まってしまう。

 

このペースアップで、イネオスのエースナンバーをつけていたトム・ピドコックはドロップしてしまう。

 

ディラン・トゥーンス(Bahrain – Victorious)が下りから抜け出したのを、ディラン・ファンバーレ(INEOS Grenadiers)が追う。

 

ディラン・ファンバーレ(INEOS Grenadiers)と、ディラン・トゥーンス(Bahrain – Victorious)は合流。

ここで4人が抜け出す。

  1. ニルス・ポリッツ (BORA – hansgrohe)
  2. ティム・ウェレンス (Lotto Soudal)
  3. ディラン・ファンバーレ (INEOS Grenadiers)
  4. アレクサンドル・クリストフ (UAE-Team Emirates)

 

第2集団のマチュー・ファンデルプールは足を見せている。すでに先頭とは28秒離れている。

 

ディラン・ファンバーレは、残り50kmのBergTen Houteでアタック!

ここから独走を開始する。

 

ディラン・ファンバーレは、後続とのタイム差が大きく開くことはないが着実にゴールに向かってひた走る。

2018オランダTTチャンピオンでもあり、タイムトライヤル的な走りは得意だ。

 

残り41kmで後続では抜け出しをはかろうと3人がアタック。先頭まで26秒のタイム差だ。

  1. CAMPENAERTS Victor (Team Qhubeka ASSOS)
  2. DURBRIDGE Luke (Team BikeExchange)
  3. OLIVEIRA Ivo (UAE-Team Emirates)

 

残り36kmのKnoketebergでグレッグ・ファンアーベルマートが攻撃。

 

グレッグ・ファンアーベルマートの引きによって前の3人も捕まえる。この時点ではディラン・ファンバーレと22秒差まで迫っている。

 

マチュー・ファンデルプールは、今日はバットデイだったようでエネルギー切れの様子だ。すでに後続集団の後方に沈んでいる。

後続の動きは、色々とあったがディラン・ファンバーレは約30秒のタイム差を保ったまま最後まで逃げ続けた。

第2グルーブには8人の良いメンバーが揃っていたが、誰も前を積極的に引こうとせず逃げ切りを許してしまうという展開となってしまう。

 

マチュー・ファンデルプールは、チームメイトのティム・メイリエを先頭集団に連れていくために、最後の引きを見せている。

 

 

ゴールしたディラン・ファンバーレは

イーサン・ヘイターに、ペースを設定して登りを難しくするように指示した。それから私は先に進み、常に一人だった。

実際には何人かの人がやって来ることを望んでいたが、それは起こらなかった。先週末、体調が良く、過去数年間の名誉の場所がまぐれではないことを示してくれた。

これは、私が正しい方向に進んでいることの確認にすぎない。

後続は集団ゴールとなり、コフィデスのクリストフ・ラポルトがAlpecin-Fenixのティム・メルリエを破って2位となっている。

 

公式サイトのハイライト動画
HIGHLIGHTS: Elite Men | DWARS DOOR VLAANDEREN 2021

 

スポンサーリンク

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 VAN BAARLE DylanINEOS Grenadiers3002003:58:59
2 LAPORTE ChristopheCofidis, Solutions Crédits2501500:26
3 MERLIER TimAlpecin-Fenix215120,,
4 LAMPAERT YvesDeceuninck – Quick Step175100,,
5 VAN DER SANDE ToshLotto Soudal12090,,
6 KRISTOFF AlexanderUAE-Team Emirates11580,,
7 VAN AVERMAET GregAG2R Citroën Team9570,,
8 TURGIS AnthonyTeam Total Direct Energie7560,,
9 SÉNÉCHAL FlorianDeceuninck – Quick Step6050,,
10 STUYVEN JasperTrek – Segafredo5040,,

 

コメント

  1. むんく より:

    ロンドってフランス語やオランダ語で円形を意味しているので、ロンド・ファン・フランデレンでフランドル一周レースの意味ですね。

    • ちゃん より:

      むんくさん、教えていただきありがとうございます。
      本文のほうに追記されてもらいました。
      また、教えて下さい<(_ _)>

    • ちゃん より:

      ほんくさん、教えてくれてありがとうございます!
      記事に追記させて貰いました。
      また、教えて下さい<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました