ロードバイクの情報を発信しています!

Shimanoは、模造品を排除するために取り組みを強化 正規品にQRコードの導入

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

世界的な自転車パーツの供給不足が続いている。

一説によると、スエズ運河で座礁していたタンカーの中に自転車パーツが積まれていたというニュースもあった。

このため欧州では更なるパーツ不足も心配されていたのだけど。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mark Cavendish(@markcavendish)がシェアした投稿

 

マーク・カヴェンディシュは、「いつものように、ティム・デクレルがコントロールしてくれる。」と言ってたけど。まあ、無事に脱出出来てよかった。

それとは別に、シマノは自転車の部品が世界的に不足しているため、現在需要が高い製品の偽造コピーを作成する犯罪者を倒すための取り組みを強化すると発表している。

 

スポンサーリンク

模造品の取り締まり

右は正規品アルテグラ。左が模造品。

photo SIMON_MACMICHAE

 

シマノは、偽造品を調査する法執行機関と協力し、模造品を製造および供給する者に対して民事訴訟を起こすと発表。

また、ペダルやクリートから始めてパッケージを再設計し、コピーが難しいデザイン機能を組み込むとともに、アプリからアクセスできるQRコードを使用して、アイテムが本物であることを確認する方法を導入する。

 当初、このようなパッケージは中国と日本で展開されるが、シマノは最終的に他の地域や製品ラインに拡大する予定であると述べている。

 一意のID番号が記載されたコードを表示するには、Shimano製品の購入者はパッケージの外部シールを開く必要がある。

コードには時間制限があり、3回読み取られると機能しなくなる。

 

シマノは声明のなかで、

近年、シマノグループの製品や修理部品の偽造品が世界中に流通していることを確認した。

偽造品は、一般のお客様に品質上の問題(事故や怪我など)をもたらすだけでなく、お客様やビジネスパートナーに損害を与える可能性があるため、偽造品の排除に向けて確固たる姿勢を示します。

シマノは、偽造品に対するキャンペーンの一環として、税関と協力して調査を行い、オンライン小売業者に偽造品の削除を依頼し、買い物客や小売業者にそのような製品について警告する予定となっている。

2018年に、貿易ウェブサイトBikebizは、世界のサイクリング業界における偽造品の影響に関する一連の記事を掲載した。

一部の購入者は、ブランド品を割引価格で入手している可能性があると考えて偽物を購入するように誘惑される可能性があるが、偽物は本物と同じ安全基準に準拠していない。

 

シマノの公式ホームページにも模倣品の注意が出ている。

 

 

世界的に模造品が出回っている。マビックでもあったので注意が必要ですね。あまりにも安いものには、注意する必要があるということだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました