ロードバイクの情報を発信しています!

Fezzariから非常に見栄えの良いエアロロードバイクFezzari Veyo登場

機材情報
Image credit: fezzari
この記事は約4分で読めます。

Fezzariは、アメリカのユタ州でバイクのデザイン、設計、組み立てを行っている。

新しいFezzari Veyoは、同社初のフルモダンでフルエアロダイナミックなロードバイク。

非常に軽量なフレームに大きなタイヤクリアランスを確保し、あらゆるライドに対応できるように設計されているオールラウンドバイクとなっている。

 

スポンサーリンク

Fezzari Veyoエアロロードバイク

こちらはプロモーションビデオ

 

スピードを優先するライダーのために、何でもできるロードバイクとして設計された新しいFezzari Veyoエアロロードバイクは、エアロダイナミクスと親しみやすいハンドリング、最新のタイヤクリアランスを兼ね備えている。

ユタ州南部のVeyoループにちなんで名付けられたVeyoは、なだらかな丘陵、「The Wall」クライム、タイトコーナー、時速80km/hのダウンヒルフィニッシュを通過する、レースにも使えるオールマイティな自転車。

UCI認証も取得している当社自慢のバイクだ。

 

Image credit: fezzari

 

エアロフレームの重量は860g。UCIスタンプを持つパフォーマンスレースバイクの上位1%に入る重量だという。

フレームデザインは、ドロップシートステーと、ダウンチューブ、シートチューブ、シートポストの切り詰められた翼形状の組み合わせで、わかりやすいところで抵抗を減らしている。

 

Image credit: fezzari

 

スリムなヘッドチューブは、ケーブルを内部に隠し、ヘッドセットキャップから入って、コックピットのオプションと互換性を最大化することに成功している。

フォークはホイール周辺にスペースを追加してエアフローをさらに改善し、バイクの両端には700×32タイヤを装着できるスペースが確保されている。

 

Image credit: fezzari

 

前後に調整されたフレックス (合計3.3mmの設計された動き) は、Veyoがコーナーを切り開くことができるように横方向の剛性を維持しながら、フロント エンドと上半身の快適さを提供。

また、フォークの重量は 350gと信じられないほど軽く、市場に出回っている他のほとんどのプレミアフォークよりも15%軽量。

 

Image credit: fezzari

 

ドロップシートステーは空気抵抗を減らすだけでなく、横方向の剛性も向上させ、より良いパワーデリバリーを実現する。

また、シートチューブが短いため、シートポストが伸び、意図的にフレックスを与えることができる。

エアロ形状のチューブとポストであるため、大量のコンプライアンスがあるわけではない。

 

Image credit: fezzari

 

一日中快適な乗り心地を実現するために、必要な部分に若干のコンプライアンスを追加しつつ、バイクの下半分ではしっかりとしたパワー伝達を維持できるように、レイアップを最適化している。

コーナリング、集団での安定した走行、曲がりくねった山道での確実な下降など、全体的なハンドリングはすべてをこなすと主張されている。

 

Fezzari Veyoエアロロードバイク 価格

 

発売時には4モデル+フレームセットが提供され、EliteとProにはZipp 303と404のホイールアップグレードが用意されている。

仕上げカラーは、ローカーボンまたは3トーンのポディウムシャンパンゴールドから選択できる。

 

  • Veyo Elite – 105 Di2: $3,999(約52万円)
  • Veyo Pro – Ultegra Di2: $4,999(約66万円)
  • Veyo Team – Dura-Ace Di2, Zipp 404 Firecrest: $8,399(約110万円)
  • Veyo Team – Red AXS Power, Zipp 404 Firecrest: $9,799(約130万円)
  • Veyo フレームセット: $2,499(約33万円)

 

詳しい仕様については、公式サイトで確認を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました