ロードバイクの情報を発信しています!

市場で最も快適なフルフローティング サスペンション システムAir Seat

機材情報
Image by PIRO from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

サドルにサスペンションがついたものはママチャリなどでも見かける。

台湾のairseatliyidaが開発したAir Seatは、かなり快適そうに見える。このAir Seatは使用中のサドルに取り付けることが出来るのが特徴だ。

 

スポンサーリンク

 

Air Seatは、「市場で最も快適なフルフローティング サスペンション システム」と呼んでいる。シートポストとサドルの間に設置する。

Air Seatの重量は250g。従来のサスペンション システムでは、単一の軸方向衝撃吸収のみとなっている。

このAir Seatは、サドルのクッションを上下、前後に調整することもでき、全方位の衝撃を吸収する。ステンレス鋼とアルミニウムで作られたAir Seatには体重別に3つのバージョンがある。

 

取り付け方法

 

取り付け方法は

  1. 既存サドルのネジを緩める
  2. シートクッション(サドル)を外す
  3. Air Seatを取り付ける
  4. 取り付け後、レンチを使用して両側のネジを取り外す
  5. 両側のネジを取り外した後、シートクッション(サドル)を取り付ける
  6. サドルを取り付けたら両側のネジをロックする

 

Air Seatが出来た背景には、娘が小学3年生の夏休み、家族で自転車旅行に出かけたが、出発して間もなく、娘は大きな痛みで手のしびれと赤みに悩まされた。

自転車の振動、時間が経つにつれ、お尻が痛くて不快だとまで言いだした。父親として、見るのは特に苦痛。

その後、娘にパッド入りのサイクリングパンツを履かせたり、自転車のシートを柔らかいものに変えたりしたけど、改善は限られていた。

そこから、このAir Seatが開発されている。10年の歳月をかけて製品版が出来、2023東京モーターショーにも出品。

クラウドファンディングで資金を集めて販売されている。日本でもクラウドファンディングされて目標10万円に対して、883万円の資金調達に成功している。

価格はNT$2,800(約1万2千円)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました