ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールはドワルス・ドール・フラーンデレンでかくれぼしていた訳ではないとコメント

海外情報
この記事は約3分で読めます。

マチュー・ファンデルプールはドワルス・ドール・フラーンデレンのディフェンディングチャンピオンであり、誰もがこのレースの優勝候補であると思っていたのは間違いない。

だが、マチュー・ファンデルプールはラスト36km地点のKnoketebergの登りで完全に遅れてしまう。この時に、マチューは、チームメイトのティム・メイリエに「気分が悪い」と言っている。

これを聞いたティム・メイリエは冗談を言っているのかと思ったと言う。最終的に、マチュー・ファンデルプールは1分41秒遅れの58位でゴールしている。

 

スポンサーリンク

3位のティム・メイリエが暑かったと

 

ゴール前では、第2集団に追いつくためにメイン集団をマチュー・ファンデルプールが牽引して、ティム・メイリエを前に押し上げている。

最終的には、メイン集団は第2集団にジョインして、50人という大集団に膨れ上がっている。集団のスプリントでは、クリストフ・ラポルト(Cofidis, Solutions Crédits)がロングスプリントして2位。

ティム・メイリエは3位でゴールしている。

マチューが私のところに来た時、良くないと言った。最初は冗談を言っいてるのかと思ったけれどそうではなかった。

今日はとにかく暑かった。自分も水をかけて冷やした。周りのライダーも暑すぎると不満を漏らしていた。日曜日には気温が10度下がるので暑くないと思う。

この日のフランドル地方は、記録的な暑さだったようだ。これまで長袖で走って防寒していたのが一気に暑くなっては皆対応しきれなかったのだろう。

 

マチュー・ファンデルプールかくれぼする気はなかったと

 

私はそれをかなり早く感じた。最初はうまくいかなった。本当に私の日ではなかったね。

暑かったの?それは可能性がある。私はそれが好きではない。いずれにせよ、十分な食べ物と飲み物を取っていた。それは問題ない。

今日、私はパーキングメーターにいくらかのお金を入れた。しかし、ジュリアン・アラフィリップも、途中で価値がないと言ってきた。

すでに、早い段階で調子が良くないことがわかっていたようだ。やはり急に暑くなったことで身体が対応していなかったのも原因だろう。

 

日曜日のロンド・ファン・フラーデレンについて聞かれると

決勝では、ティム・メルリエのために最善を尽くした。彼がまだ表彰台に向かって全力疾走しているのは素晴らしいことだ。

しかし、なぜ今日の未達成が日曜日の前兆である必要があるのでしょうか?  ワウト・ファンアールトを見てください。

彼はE3サクソバンククラシックでもトップではなかったが、2日後に説得力のあるゲント〜ウェヴェルヘムを獲得している。また、日曜日は今日よりも暖かくならない。

決して、力を温存している訳ではなく、最後には第2集団に追いつくためにメイン集団を牽引している。

日曜日の気温は下がるので、間違いなく走りが変わってくるはずだ。まあ、マチュー・ファンデルプールも人間だったということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました