ロードバイクの情報を発信しています!

パリ~ルーベのためにヤギが石畳の準備を手伝っている?

海外情報
Image by svklimkin from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

パリ~ルーベといえば石畳。

ただ、石畳の道は年々減っている。石畳は近代化による減少や、崩れたりして修復しなければ使い続けることは出来ない。

パリ~ルーベ友の会は、石畳の修復を手伝っている。

 

ただ、ヤギや羊も石畳の準備のために、今年初めて活躍することになった。

 

スポンサーリンク

石畳の準備に

 

ヤギは、石畳に生えた草の除草のために一役買うことになった。

 

「♻️ #パリ・ルーベ のコース準備のため、エコ牧草によるトゥルーエ・ダーレンベルグの除草が行われています。

Les Biquettes de l’Espoir作戦の一環として、約40頭のヤギと羊が2,300メートルの石畳の除草に追われています!」

凄くエコだ。

 

除草する前の状態は

 

石畳が全く見えないほど草が生えている。これを人の手でやろうとしたら大変だ。しかも、2.3kmもあったら何日かかるかわからない。

これまでは、火を使って草を焼き払い、トラクターの後ろに巨大なブラシをつけて掃き掃除をしていた。

だが、そうするとブラシが深くまで清掃して、バイクが走る時に石畳にタイヤがはまってしまうと苦情がライダーから出ていた。

ヤギが活躍するのは、アレンバークの森の部分だけ。ここには、車が入ってこないからだ。ヤギも、自由に歩ける場所は限られているので、放牧されて一役買えるのは嬉しいかも。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました