ロードバイクの情報を発信しています!

ゼネク・スティバルは2年間片足でレースしたと 最後のシクロ世界選手権に向けてチーム発足

海外情報
Photo credit: joménager on VisualHunt.com
この記事は約6分で読めます。

3度のシクロクロス世界王者のゼネク・スティバル。ロードレースからは引退したが、2024シクロクロス世界選手権まではレースを続ける。

マヨルカでキャンプしていたゼネク・スティバルは、急遽2023-2024 Exact Cross第2戦エッセンに出場。序盤はトップを快走する走りを披露していた。

 

怪我に悩まされ続けたゼネク・スティバルは、2024年の契約を結ぶことができなかった。それはまだ計画通りだが、この2年間の状態と2024年1月からの新チーム発足についてインタビューに答えている。

 

スポンサーリンク

2年間の低迷

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rick Zabel(@rickzabel)がシェアした投稿

 

ゼネク、あなたのエッセンでの最後のレースをしましたが、奇妙に感じましたか?

実は、それほど悪くはないんだ。予想外の出来事だったし、準備もできていなかったからね。だからまだ実感がわかないんだと思う。

水曜日の夕方、組織から電話があった。そのとき私はまだマヨルカにいて、ベルギーに着いたのはクロスカントリーレースの前夜だった。もちろん、最高の準備とは言えない。

 

楽しむことはできましたか?

すっごく楽しかったよ(笑)。正直なところ?まだちゃんとしたクロストレーニングをしていなかったから、ショックだった。

まだ総合的な体力をつける必要があるし、あれだけひどい怪我をした後では、まだ遅れをとりすぎているからね。

一番困ったのはランニングで、それからまたバイクに飛び乗る。純粋なパワーもまだ恋しい。もっと速いコースがあれば、もう少し良くなると思う。今回のクロスは最初から簡単なものではなかった。

 

現在、すべてはあなたの別れのレース、ターボルのワールドカップのことで占められていると思いますが?

でも、時間は無情にも刻一刻と過ぎていくんだ。ベストを尽くしているし、もちろんワールドカップで輝きたい。でも、その前にまだ50日ある。

何よりもまず、私は量をこなしている。この種のトレーニングが体力を向上させるのは、私のキャリアを通じてずっとそうだった。でも、強度にも重点をおいている。

 

クロスリズムも必要でしょう。いつからレギュラーに戻れるのですか?

クリスマスが終わるまでは無理だろう。もしかしたらもうガーフェレかもしれないし、そうでなければゾルダーかもしれない。毎年クリスマスにはチェコの家族と行き来するから、現実的に可能でなければならないんだ。

 

加えて、肉体改造も必要だ。あなたは今、クロッサーではなくロードライダーの肉体を持っている。

そうですね。もちろん、長い間、2月という早い時期にキャリアを終えなければならないとは思っていなかった。

だから、クロッサーに変身しなければならないという事実に対する準備はしていなかった。何もかもが急に速くなる。どんなに望んでも、2カ月で体を完全に変えることは不可能だ。クロス・レースとロード・サイクリングは全く異なる取り組みなのだから。

 

辞めることはもう精神的に消化しましたか?

どこかで受け入れたよ。ターボルのワールドカップは、私にとって夢のお別れレース。今は主にそのことを考えている。

ベルギーやチェコのサポーターも大勢来るだろうし、僕のキャリアを支えてくれた人たちも大勢来るだろう。僕のキャリアは2010年のワールドカップから始まったんだ。これ以上素敵な別れはない。少なくとも、普通はね。

 

そこに希望の光が見えるだろうか?

まだなんとか続けられるかもしれない。今のところ、頭の中ではターボルに立ち寄るつもりでいる。

 

その可能性はどこにあるのですか?

自分ではどうしようもない状況によるね。しばらく続けるためには、すでに多くのパズルのピースが組み合わさる必要がある。

理想を言えば、例えばパリ~ルーベまで、そしてパリ~ルーベを含めて、もう1回すべてを捧げたいところだけど、実際にはもうそれを望んではいけない。

あるチームにはチャンスがあったけれど、そのチームとは別れの年を過ごしたくなかった。もしかしたらチャンスは来るかもしれないし、来ないかもしれない。

 

ここ数年、怪我が原因でトップレベルに達していないことを歯がゆく思う一方で、心の底ではまだそこにあるかもしれないと思っている?

もちろん悔しいよ。でも、何か変えられるわけでもない。もし、もし、もし、と言うことはできる。

でも、アスリートとして、今、他人にとても依存している。時にはそれも仕方ない。嫌な思いをして辞めるつもりはないし、それが現実だし、それを受け入れるしかないんだ。

 

最後にベストの状態だったときのことを思い出せますか?

ルーヴェンでのワールドカップを思い出すよ。7位も悪くない結果だった。あの後、動脈の怪我が悪化したんだ。

これは進行性のケガで、ある日突然なるものではないので、何が起こっているのかすぐにはわからなかった。

私はいつも超ハードなトレーニングをし、自分が望むフィットネスを達成するために、完全に自分のスポーツのために生きていた。ただ、動脈が左右両方つまってしまうと後からこう思うだろう。2年間は片足でレースをしていたんだ。

 

では、ベストの状態でターボルに別れを告げることは現実的なのだろうか?

それに全力を注いでいるよ。でも、テクニック、リズム、すべてを改善する必要がある。クリスマス期間は過酷になるだろうけど、そのレースが私をより良くしてくれるだろう。

その一方で、奇跡を期待してはいけない。昨年は15位から20位の間くらいだった。今少し良くなったとしても、すぐに5位以内は望めない。

10位前後でフィニッシュできれば、それはもうすごいことだ。いきなりエッセンの時より3分速く走るつもりはない。

 

1月1日、あなたはTeam BikeExchange – Jaycoとの契約が切れる。どのジャージでターボルに臨みますか?

今はそれに一生懸命取り組んでいる。1月1日からは自分のチームを立ち上げなければならない。

多くのエネルギーがまだそこに忍び込んでいる。私はプロライダーであると同時にマネージャーでもある。そのためには、すでにトレーニングと同じくらいの力が必要なんだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました