ロードバイクの情報を発信しています!

ゼネク・スティバルは楽しむよりも苦しむときにしか止めない

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

3度のシクロクロスチャンピオンである、ゼネク・スティバルはQuick-Step Alpha Vinyl Teamを離れて、2023年シーズンからTeam Jayco AlUlaに移籍した。

クイックステップでの12年間を終え、新たな章を切り開いていく。37歳となったゼネク・スティバルは、チームJayco-AlUlaのカラーでレースに参加する。

「チェコ共和国で開催される来年のシクロクロスワールドカップがお別れになるかもしれない」と引退を示唆している。

 

スポンサーリンク

Team Jayco AlUlaでの役割

 

Team Jayco AlUlaでスタートする2023年シーズンについて今の心境は?

クイックステップでの12年間を終えて、少しナーバスになっていた。新しい環境には、すぐに慣れた。カラーはすでに役に立っている。でも、予想以上にうまくいっていますよ。

 

今シーズンの目標は?

何よりも健康でいたい。そして、今はまだ自分の立ち位置がわからないけれど、いいレースをしたい。

しばらくファイナルに乗れていないことは自分でもわかっている。だから、ツアー・オブ・フランドル優勝のような目標は立てないんだ。

もちろん、そうしたいけれど、マイケル・マシューズは僕らのナンバーワンなんだ。また、リーダーとしてのレースにはもう慣れていないんだ。

 

Team Jayco AlUlaでの役割はロードキャプテンの役割となりますか?

チームの若手を助けたいし、レース戦術を決めたい。誰も私たちに大きな勝利を期待していない。それは助けになる。

 

E3、ストラーデビアンケ、オンループ・ヘットニュースブラッド、ツールやブエルタでも、勝利してますね。チームの期待もあるのでは?

もっと期待していたとは言いたくないんだ。前は、もっと大きな目標があったのかもしれない。

2018年と2019年、僕は順調に進んでいた。2020年は僕の年になるはずだったんだけど、コロナウイルスが来てしまったんだ。ツール以降、すべてがうまくいかなくなった。

 

2年前には、心臓の不整脈に悩まされましたね。

夢のレース、ツアー・オブ・フランドルの直前で、とても悪いタイミングだった。ベストコンディションで、もう少しでゴールできたかもしれないのに……。あの時間は二度と戻ってこないだろう。

 

不運な2年間の後、クイックステップに居場所は無くなったということですか?

“自分にとっての終わり “と聞いて、とにかく汗だくでアタックしたんだ。どのチームがまだ僕を欲しがるんだろう?

そして、自分のロードキャリアの終わりを恐れたんだ。すぐに計画を立て、自分のチームを立ち上げようと思った。あと2年、シクロクロスとグラベルをやるためにね。

 

来年のチェコ共和国でのシクロクロスワールドカップは、フィニッシュとなるのですか?

それは別れの挨拶になるかもしれない。だから、今年はクリスマス期間にたくさんのクロスを走りたかったんだ。自分が何をしなければならないかを知るためにね。

また、まだ2024年にオリンピックを経験したい。小さな息子と私の家族がパリで参加できるのだから。

いい目標だよね。まだレースが本当に好きですから。楽しむというより、見送るようになったときだけ、よかったと思う。

 

サウジツアーでは、ゴール前でアタックをかける姿も見られており、ゼネク・スティバルがチームに与える影響は大きいはずだ。春のクラシックシーズンでの活躍を期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました