ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第4ステージ サーキットのゴールは落車祭りに~

海外情報
Photo credit: F.123 on Visualhunt
この記事は約21分で読めます。

第3ステージは、今ツール初のスプリンターステージ。

最後は、マチュー・ファンデルプールのしびれるリードアウトからジャスパー・フィリップセンが発射。コースレイアウトが最後良くなかった。

直線があれだけあったのに、最後に左右にカーブさせるとは。すっきりと勝負をつけるためにも最後は直線に限りますね。

 

スポンサーリンク

第4ステージ  ダックス~ノガロ 181.8km 

コースマップ photo letour.fr

 

スタートのダックスは、ボルドーを首都とするアキテーヌ地域圏の一部。

ゴールは、ノガロの中心部ではなく、ポール・アルマニャック自動車サーキットで終了する。

 

コースプロフィール photo letour.fr

 

今回のツール・ド・フランスで最も簡単なステージとなっている。4級山岳ポイントだけなので、山岳賞のニールソン・ポーレスも休憩するはず。

注目は最後のゴールスプリントとなる。

 

  1. スプリントポイント ノガラサーキット
  2. 4級山岳 デミュ峠 2km・3.5%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ワウト・ファンアールトのコメント

ジャスパーは、昨日私が彼の隣に座っていたことを喜んでいた。サガンのような短距離走者だったら、間違いなく殴られていたでしょうから。

私はこれ以上リスクを負わないことを選択した。あのフィニッシュが承認されるのは奇妙だ。それについては我々全員が同意する。

ジャスパーは右にダッシュする。それが最短の道だからだ。ドアが開いていれば確かに近づいていたかもしれない。特にフィニッシュ自体には議論の余地があった。おそらくそれが陪審員が何もしなかった理由だろう。

ただし、規定ではラスト200mは直線でなければならないとされているが、ここではそれが守られていない。

 

ジュリアン・アラフィリップは、ここまで目立った動きはなし。まあ、クラシックライダーが活躍する前にクライマーの総合勢が動いたので仕方ない。

 

マーク・カヴェンディシュのWilierは、カスタムペイントのバイク。

 

アダム・イェーツのリーダージャージは今日も安泰となる。

 

第4ステージのスタート時の4賞着用ライダーは

  • 総合 アダム・イェーツ UAE Team Emirates
  • ポイント賞 ヴィクトル・ラフェ Cofidis
  • 山岳賞 ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost
  • 新人賞 タデイ・ポガチャル UAE Team Emirates

 

ニュートラルスタートに。

 

オフィシャルスタートとなったけれど、誰も飛び出さない。

 

あ~、これはサイクリングの日だ。

 

マーク・カヴェンディシュとジュリアン・アラフィリップは、お話中。

 

ついには肩を組みだして走っている。

 

先頭は、レミ・カヴァニャ、カスパー・アスグリーンが引いている。

 

皆おしゃべりに忙しい。多分スプリントポイントまでは、このペース。

 

先頭にGroupama – FDJ、Jumbo-Vismaも上がってくる。

 

ジャスパー・フィリップセンは、マチュー・ファンデルプールと並んで談笑。

 

エガン・ベルナルも笑顔で話中。

 

おっといきなりレースが始まった。ワウト・ファンアールトが引き始めた。

 

また、先頭でワウト・ファンアールトが集団を引きのばす。

 

だけど、またゆっくりペースに。

 

残り112.1km。マイヨジョーヌのアダム・イェーツは先頭付近に上がってきた。

 

ワウト・ファンアールトは、ウィルコ・ケルデルマンと共に集団最後尾まで下がっている。

 

残り100.8km。ファビオ・ヤコブセンが集団先頭で走っている。

 

スプリントポイントが近づくとAlpecin-DeceuninckとLidl-Trekが上がってくる。

 

スプリントポイント ノガラサーキット

スプリントポイント前でAlpecin-Deceuninckは、ジョナス・リカールト、マチュー・ファンデルプール、ジャスパー・フィリップセンのトレインを組む。

 

マチュー・ファンデルプールにリードアウトされたジャスパー・フィリップセンが先頭に。

 

ゴールラインでは、すでにフィリップセンは足を緩めている。マチューのリードアウトは完璧だ。

  1. ジャスパー・フィリップセン Alpecin-Deceuninck 20ポイント
  2. ブライアン・コカール Cofidis 17ポイント
  3. マッズ・ピーダスン Lidl-Trek 15ポイント
  4. カレブ・ユアン Lotto-Dstny  13ポイント
  5. ヨルディ・メイウス BORA-hansgrohe 11ポイント
  6. マーク・カヴェンディシュ Astana Qazaqstan Team 10ポイント
  7. ファビオ・ヤコブセン Soudal – Quick Step  9ポイント
  8. ピーター・サガン TotalEnergies  8ポイント
  9. アレクサンダー・クリストフ Uno-X Pro Cycling Team 7ポイント
  10. ビニヤム・ギルマイ Intermarché – Circus – Wanty 6ポイント
  11. コービン・ストロング Israel – Premier Tech  5ポイント
  12. ミハウ・クフィアトコフスキ INEOS Grenadiers  4ポイント
  13. ケース・ボル Astana Qazaqstan Team  3ポイント
  14. マチュー・ファンデルプール Alpecin-Deceuninck  2ポイント
  15. ヨナス・アブラハムセン  Uno-X Pro Cycling Team  1ポイント

 

スプリントポイントを越えて、ブノワ・コヌフロワがアタック!

 

Team Arkéa Samsicのアントニー・ドゥラプラスが反応。

 

 

集団は追って来ない。

  1. ブノワ・コヌフロワ AG2R Citroën Team
  2. アントニー・ドゥラプラス Team Arkéa Samsic

 

 

集団は見送りだ。

 

集団はティム・デクレルが引きだす。

 

残り72kmでタイム差1分1秒に。

 

集団は補給タイム。

 

ブノワ・コヌフロワは5回目のツール出場。昨年はワールドツアーのグランプリ・シクリスト・ド・ケベックで勝利している。キャリア13勝のアタッカーだ。

 

残り53.4kmで59秒とタイム差を保っている。

 

残り47.6kmで38秒に。徐々に縮めてきている。

 

あっと、Astana Qazaqstan Teamのルイスレオン・サンチェスが後輪パンク。

 

ホイール交換したあとに、チェーンが脱落。するとCofidisのメカニックがやってきて治してくれた!

 

これにはルイスレオン・サンチェスもありがとうと。

 

アントニー・ドゥラプラスは、33歳で9回目のツール出場。2011ポリノルマンドの勝利以来、実に11年振りに、2022パリ~カマンベールでキャリア2勝目をあげている。カマンベールチーズをいっぱい食べたかな。

 

4級山岳 デミュ峠 2km・3.5%

EF Education-EasyPostの山岳賞ジャージ、ニールソン・ポーレスがセットアップされている。1ポイント目指してアタックをかけるのかな。ただ、タイム差は34秒ある。

 

ここはアントニー・ドゥラプラスが、そのままトップ通過。

  1. アントニー・ドゥラプラス Team Arkéa Samsic 1ポイント

 

先頭二人はおしゃべりしている。もう捕まるようだ。

 

マチューは足のストレッチ。バイクはカスタムペイントされている。

 

二人の後ろに集団が迫る。

 

ブノワ・コヌフロワは、カメラに向かってバイバイだ。

 

残り25kmを切った。マチュー・ファンデルプールは、最後尾でシューズのダイヤルを締めなおす。

 

Lidl-Trekは、クイン・シモンズが先頭を引く。2年連続の出場。そして最年少の22歳だ。

 

残り12.7km。70km/hに近いスピードで先頭は走り続ける。

 

残り7.5km。まだ、クイン・シモンズは前を引いている。

 

残り5.7km。各チームのアシストは先頭をキープしないといけない。

 

残り5km。BORA-hansgroheのニルス・ポリッツが先頭に。

 

残り4km。Jumbo-Vismaが先頭に。ヨナス・ヴィンゲゴーが2番手。

 

Jumbo-Vismaが先頭のまま。

 

残り3kmに。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーが2番をキープ。

 

先頭はBahrain Victoriousのマテイ・モホリッチ。ヨナス・ヴィンゲゴーが2番手をずっとキープだ。後ろは、Cofidisのアントニー・ぺレスがブライアン・コカールを引いている。

 

あっと、後ろでSoudal – Quick Stepのファビオ・ヤコブセンが落車している。

 

まさか、サーキットで落車とは~。

  • ファビオ・ヤコブセン Soudal – Quick Step
  • ジャコポ・グアルニエーリ Lotto-Dstny

 

ファビオ・ヤコブセンは、ジャージがボロボロだ。バイクはトップチューブが破断していた。

 

残り1kmを切ってCofidisのブライアン・コカールが2番に。

 

ジュリアン・アラフィリップが3番手につけている。先頭はアントニー・ぺレス。190cmと長身だ。

 

あっと、また後ろで落車。バイクが吹っ飛んでいる。

 

ここでブライアン・コカールの前にUno-X Pro Cycling Teamが入る。

 

Uno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルトが、アレクサンダー・クリストフを引いている。後ろからマチュー・ファンデルプールがすっ飛んできている。

 

マチュー・ファンデルプールが、ジャスパー・フィリップセンを後ろにつけている。

 

マチュー・ファンデルプールが先頭に立った!

 

 

左がアレクサンダー・クリストフが発射されている。

 

マチュー・ファンデルプールが抜け出した!

 

あ~、左側ではUno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルトがフェンスに激突。マチュー・ファンデルプールが引き終わって、ジャスパー・フィリップセンが発射!

 

ジャスパー・フィリップセンは、カレブ・ユアンとと共にゴールに。

 

カレブ・ユアンが追い込む。後ろは、ヒィル・バウハウス、アレクサンダー・クリストフ、マーク・カヴェンディシュだ。

 

届くか、カレブ・ユアン!

 

ゴールでハンドルを投げた~!

 

勝ったのはどっちだ?

 

あ~、ジャスパー・フィリップセンが早かった!

またも、カレブ・ユアンは届かず。フィリップセンは、なんとツールのステージを連勝してしまった。今度は、文句なしのAlpecin-Deceuninckの鉄板の勝ち方だ。

これで、フィリップセンはグリーンジャージも獲得。それにしても、サーキットの中での落車が多すぎた。雨でもなかったけど、滑りやすかったのだろうか。最後は直線だったのに、それでも落車とは。各選手のケガが心配される。

 

スポンサーリンク

リザルト

ジャスパー・フィリップセンのコメント

マチューは素晴らしいリードアウトを見せ、私を勝利に導いてくれた。 慌ただしい決勝戦だった。最後の数キロで周囲でたくさんの衝突音が聞こえ、チームを失った。

幸運なことに、最後の直線でマチューを見つけた。その結果、ようやくスプリントができるようになった。スプリント中にけいれんが足に襲いかかった。そのため、ユアンはとても近かった。

グリーンジャージを着ることになりました。それをキープしますか?

はい、もちろん。しかし、道のりはまだ長い。私たちは旅をしてまだ4日しか経っていない。素晴らしいフィナーレだと思ったが、最後の数キロは予想以上に大変だった。

 

2位のカレブ・ユアンのコメント

ジャスパー・デブイストが手首を痛めてリードアウトできず、今度はジャコポ・グアルニエーリがサーキットで落車してましたが。

戦術を調整する必要がある。もう、最後の数百メートルまで連れて行ってくれる男はいない。だから、正しいホイールに従うかどうかは私次第だ。

ほぼ完璧なスプリントを達成できたが、それを乗り越える脚がなかった。私はこのツアーに挑戦し続けるだけだ。勝つためのスピードはあるし、それに近づいている。すべてがうまく行かなければなりません。いつか幸運が味方してくれることを願っている。

 

第4ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 210
10″
4:25:28
2
 EWAN Caleb
Lotto Dstny 150
6″
,,
3
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 110
4″
,,
4
 COQUARD Bryan
Cofidis 90   ,,
5
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team 70   ,,
6
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe 55   ,,
7
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 45   ,,
8
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla 40   ,,
9
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 35   ,,
10
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 30   ,,
11
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech 25   ,,
12
 MOZZATO Luca
Team Arkéa Samsic 20   ,,
13
 SAGAN Peter
TotalEnergies 15   ,,
14
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 10   ,,
15
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 5   ,,
16
 KRAGH ANDERSEN Søren
Alpecin-Deceuninck     ,,
17
 ALAPHILIPPE Julian
Soudal – Quick Step     ,,
18
 LAPORTE Christophe
Jumbo-Visma     ,,
19
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
20
 TEUNISSEN Mike
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
21
 WELSFORD Sam
Team dsm – firmenich     ,,
22
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Deceuninck     ,,
23
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates     ,,
24
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates     ,,
25
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma     ,,
26
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek     ,,
27
 ASGREEN Kasper
Soudal – Quick Step     ,,
28
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe     ,,
29
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies     ,,
30
 ARNDT Nikias
Bahrain – Victorious     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 YATES Adam
UAE Team Emirates 25
10″
18:18:01
2 2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates  
16″
0:06
3 3
 YATES Simon
Team Jayco AlUla  
8″
,,
4 4
 LAFAY Victor
Cofidis  
10″
0:12
5 5
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma  
6″
0:16
6 6
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma  
5″
0:17
7 7
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech     0:22
8 8
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe     ,,
9 9
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers     ,,
10 10
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek     ,,
11 11
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     ,,
12 12
 GAUDU David
Groupama – FDJ     ,,
13 13
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma     ,,
14 14
 BARDET Romain
Team dsm – firmenich     0:43
15 15
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers     ,,
16 16
 CRAS Steff
TotalEnergies     ,,
17 17
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious     ,,
18 18
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers     ,,
19 19
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe     ,,
20 20
 CICCONE Giulio
Lidl – Trek     ,,
21 21
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech     ,,
22 22
 MEINTJES Louis
Intermarché – Circus – Wanty     1:41
23 23
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team     ,,
24 24
 MARTIN Guillaume
Cofidis     ,,
25 25
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     ,,
26 26
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     ,,
27 27
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates     ,,
28 28
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious     2:15
29 29
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ     2:47
30 30
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team     3:08

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 150
2 1 ▼1
 LAFAY Victor
Cofidis 80
3 14 ▲11
 EWAN Caleb
Lotto Dstny 73
4 12 ▲8
 COQUARD Bryan
Cofidis 64
5 6 ▲1
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team 62
6 3 ▼3
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 60
7 5 ▼2
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 59
8 11 ▲3
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 50
9 9
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 44
10 4 ▼6
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 42

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 18
2 2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 7
3 3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 4
4 4
 EENKHOORN Pascal
Lotto Dstny 3
5 5
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Circus – Wanty 3
6 6
 PICHON Laurent
Team Arkéa Samsic 3
7 7
 GREGAARD Jonas
Uno-X Pro Cycling Team 2
8 8
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 2
9 9
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost 2
10 10
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies 2

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 18:18:07
2 3 ▲1
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 0:16
3 2 ▼1
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers ,,
4 4
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 0:37
5 5
 DINHAM Matthew
Team dsm – firmenich 3:02
6 6
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 4:34
7 7
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech 5:37
8 8
 GALL Felix
AG2R Citroën Team ,,
9 9
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies 11:49
10 10
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic 13:03
こちらはハイライト動画

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました