ロードバイクの情報を発信しています!

2022 グランプリ・シクリスト・ド・ケベック  カナダのワールドツアー第1戦を制したのは?

海外情報
Photo credit: Visavis.. on VisualHunt
この記事は約15分で読めます。

第11回目となる、グランプリ・シクリスト・ド・ケベック。Grand Prix Cycliste de Québec(1.UWT)

欧州からはるばるカナダまで2レースのために遠征だ。

過去の優勝者

  • 2019 マイケル・マシューズ
  • 2018 マイケル・マシューズ
  • 2017 サガン
  • 2016 サガン
  • 2015 リゴベルト・ウラン
  • 2014 シモン・ゲランス
  • 2013 ロバート・ゲシング
  • 2012 シモン・ゲランス
  • 2011 フィリップ・ジルベール
  • 2010  トマ・ヴォクレール

 

スポンサーリンク

グランプリ・シクリスト・ド・ケベック 201.6km

コースプロフィール Photo gpcqm

 

ケベックの市街地を周回。コースは2019年と一緒。1周12.6kmの周回コースを16周回で201.6km。

市街地ながら、獲得標高は2,976mにも及ぶコースで急こう配の短い坂が現れる。

最後のフニッシュ地点は、平均勾配4%の登りが続き一気にはゴール出来ない。パンチャー有利のコースだ。

 

注目されるライダーは

  •  Team BikeExchange – Jayco マイケル・マシューズ
  •  Jumbo-Visma ワウト・ファンアールト、クリストフ・ラポルト
  •  INEOS Grenadiers アダム・イェーツ、ゲラント・トーマス
  •  UAE Team Emirates タデイ・ポガチャル、ディエゴ・ウリッシ
  •  BORA – hansgrohe ジョヴァンニ・アレオッティ
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux ビニヤム・ギルマイ
  •  Bahrain – Victorious マテイ・モホリッチ、ペッリョ・ビルバオ
  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team マウリ・ファンセベナント
  •  Groupama – FDJ ダヴィ・ゴデュ
  •  Cofidis ギョーム・マルタン
  •  Lotto Soudal フロリアン・フェルメルシュ
  •  AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーベルマート、ブノワ・コヌフロワ
  •  Trek – Segafredo ジャスバー・ストゥイヴェン
  •  Movistar Team アレックス・アランブル
  •  Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ、サイモン・クラーク
  •  Team DSM ロマン・バルデ
  •  EF Education-EasyPost マグナスコルト・ニールセン
  •  Astana Qazaqstan Team
  •  Team Arkéa Samsic ワレン・バルギル
  •  TotalEnergies サガン

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

UAE Team Emiratesは、ルイ・コスタもいる。

 

まあ。注目はタディ・ポガチャルだ。

 

サガンはゴールに残れるかな。

 

まあ、優勝候補ナンバーワンはワウト・ファンアールトだろう。世界選手権に向けて足慣らしだ。

 

スタート前の写真撮影が長い。

 

先頭にゲラント・トーマスもきた。

 

カナダということで、Israel – Premier Techのギヨーム・ボワヴァンとユーゴ・ウルも先頭に並んでいる。

 

さあ、オフィシャルスタート。

 

最初の逃げが出来たかな。集団と離れた。

 

6人の逃げ

あっさりと決まった。ダミアーノ・カルーゾが入っている。だが、この逃げは登りで捕まった。

 

また、パラパラと前に出てくる。

 

残り15周

ダミアーノ・カルーゾ先頭で越えていく。今日はなんとしても逃げに乗りたいようだ。

 

ダミアーノ・カルーゾが完全に抜け出す。

 

後方からQuick-Step Alpha Vinyl Teamのスタン・ファントリヒトが追いついてきた。

 

5人の逃げ

さらに後方から3人が合流して5人の逃げに。

  1. ダミアーノ・カルーゾ Bahrain Victorious
  2. スタン・ファントリヒト Quick-Step Alpha Vinyl Team
  3. ユーゴ・トゥミレ Cofidis
  4. セバスチャン・グリニャール Lotto Soudal
  5. マイルス・カーソン Canada

 

残り14周

タイム差は、2分49秒開いた。

 

先頭は順調にタイム差を開いていく。先頭はスタン・ファントリヒト。

 

 

ワウト・ファンアールトは時差ボケなどないのだろうか。

 

残り13周

タイム差は4分13秒と広がる。

 

残り12周

ダミアーノ・カルーゾは、完全にアシスト役。

 

タデイ・ポガチャルの調子は上がってきているのだろろうか。世界選手権も狙っているというけど、ツール以降のレースはイマイチの感じだ。

 

残り11周

Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux先頭でゴールラインを通過。

 

タイム差は4分台で固定されている。

 

残り10周

残り118kmでタイム差が4分を切ってきた。

 

先頭は変わらずIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxが引いている。

 

残り88.6kmでタイム差4分7秒とほとんど変わらない。

 

残り59.8kmでタイム差2分50秒とようやく縮めてきた。

 

さらに56.7kmで2分33秒とジワジワと縮めてくる。

 

残り4周

2分8秒。そろそろ集団から追走がかかるころか。

 

残り42.3kmで2年連続勝利しているマイケル・マシューズは最後尾で待機。タイム差は1分26秒に。

 

残り41.1kmでTrek-Segafredoのクイン・シモンズがアタック!

 

後ろから追うのはJumbo-Vismaのパスカル・エーンクホーン。この動きで新たな追走が出来るか。

 

3人が抜け出した。

  1. パスカル・エーンクホーン (Jumbo-Visma)
  2. アンドレア・ピッコロ (EF Education First-EasyPost) 
  3. クイン・シモンズ(Trek-Segafredo)

 

Israel – Premier Techのサイモン・クラークと、Bahrain Victoriousのヤン・トラトニクも追いついた。

  1. パスカル・エーンクホーン (Jumbo-Visma)
  2. ヤン・トラトニク (Bahrain Victorious)
  3. サイモン・クラーク (Israel-Premier Tech)
  4. アンドレア・ピッコロ (EF Education First-EasyPost) 
  5. クイン・シモンズ(Trek-Segafredo)

 

あら~、サガンは集団最後尾。これは厳しい。過去に2回優勝しているのだけど。結局サガンはDNF。

 

残り3周

追走が後ろに見えてきた。

 

残り36km。追走メンバーは34秒差まで迫る。

 

パスカル・エーンクホーンは、追走でも先頭交代に入っている。まずは、先頭を捕まるのが先か。

 

先頭に追いつく前に、集団に追いつかれるかも。

 

集団はUAE Team Emiratesのジョージ・ベネットが引く。後ろはJumbo-Visma。残り27.8kmで41秒まで迫る。

 

やっぱり、追走も見えるけど、集団も後ろにきている。

 

追走がようやく先頭に追いついた。

 

あ~、集団がきてしまった。

 

最後まで粘った、ヤン・トラトニクとスタン・ファントリヒトも集団に吸収される。

 

次の逃げに向けてTeam BikeExchange – Jaycoが様子見のアタック。

 

Jumbo-Vismaが登りで先頭に。

 

ここでGroupama – FDJのダヴィ・ゴデュがアタック!

 

下りで追いつかれるか?

 

あ~、ゲラント・トーマスが終わったようだ。

 

ダヴィ・ゴデュは後続を引き離した。

 

Team DSMのロマン・バルデが追っているぞ。

 

ロマン・バルデが合流しそうだ。

 

ロマン・バルデがダヴィ・ゴデュに追いついた。

 

再び、ヤン・トラトニクが先頭に。

 

10数人が抜け出せるか。

 

11人だけど、集団もそれほど離れていない。

 

逃げれる感じではないかな。

 

残り1周

3人が少しだけ抜けだしている。

  1. ミッケルフレーリク・ホノレMikkel Honoré (Quick-Step-Alpa Vinyl)
  2. グレッグ・ファンアーベルマート AG2R Citroën Team
  3. ニールソン・ポーレス (EF Education First-EasyPost)

 

ネーサンファン・フーイドンク先頭で追走も続く。

 

残り11.8kmで捕まった。ワウト・ファンアールトも前に追いつく。

 

EF Education-EasyPostのニールソン・ポーレスが仕掛ける。

 

残り10.1kmで更に4人がリードを奪う。だが、ネーサンファン・フーイドンクはワウト・ファンアールトのための抑えだ。

  1. ミッケルフレーリク・ホノレMikkel Honoré (Quick-Step-Alpa Vinyl)
  2. マイケル・ストーラー (Groupama-FDJ)
  3. ニールソン・ポーレス (EF Education First-EasyPost)
  4. ネーサンファン・フーイドンク (Jumbo-Visma)

 

集団も後ろにいる。

 

だめだ。ネーサンファン・フーイドンクがいるので先頭交代が上手く回らない。

 

あまりタイム差は稼げない。集団も見えている。

 

どうにもならないので、マイケル・ストーラーが先頭からアタック!

 

逃げはマイケル・ストーラーだけに。集団が追う。

 

残り5.1km。これは厳しい。

 

マイケル・ストーラーは残り4.8kmで捕まる。

 

AG2R Citroën Teamの引きで登りへ。

 

さあ、Jumbo-Visma先頭に。

 

残り3.3km。

 

ワウト・ファンアールトをしっかりとリードしている。

 

残り2.2km。ここでBahrain Victoriousのマテイ・モホリッチも上がってきた。

 

ここで、AG2R Citroën Teamのブノワ・コヌフロワがアタック!

 

あっと、これはキレがいいぞ。一気に集団を引き離した!

 

残り1.8km。後ろからJumbo-Vismaのクリストフ・ラポルトが追ってくる。

 

残り1.3km。ブノワ・コヌフロワはペースが落ちない。

 

残り1kmのゲートをくぐった。後ろから二人が追っている。

 

後ろが見えない。いったか?

 

後ろがきた。逃げれるか?

 

残り400m。これは逃げ切ったか。

 

全く寄せ付けない。

 

ブノワ・コヌフロワは、ラストスパート!

 

残り100mで後方を見る。

 

ブノワ・コヌフロワは、ゴールの手前からガッツポーズ!

最後の抜け出しは素晴らしかった。ブノワ・コヌフロワは、これが今シーズンの初勝利。遅かったけど、ワールドツアーでの勝利なので格別だろう。ワウト・ファンアールトは、表彰台に届かず4位に終わっている。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

ブノワ・コヌフロワのコメント

信じられない。ただ、この方法で勝てるとは思っていなかったんだ。まだグレッグ・ファンアーベルマートがスプリントする集団にいたが、僕が先に抜け出してトライすることができた。

こんな風にゴールできるなんて信じられないけど、一度だけ運を試してみたかったんだ。最後の50mを除いては、最後の1kmを楽しむことができなかった。そうしたら、やっぱりうまくいって、楽しくなったんだ。

今年はまだ優勝していないにもかかわらず、自分のシーズンにはかなり満足している。アムステルゴールドレースでは惜しかったし、プランツパイルでもいい走りができた。

勝つことはとても難しいので、この勝利で良いシーズンと言えるでしょう。この脚で、世界選手権も本当に楽しみだ。自分に合ったコースだと思う。まずはビールでこの勝利を楽しみつつ、そのあとレースに向けて準備します。

 

ステージ2位となったマイケル・マシューズのコメント

今は失望が勝っている。3連勝まであと一歩だった。それが今日の目標だったのだが、もちろんうまくいかなかったのは残念だ。でも2位はやはりいい結果だし、満足しなければならないね。

ブノワ・コヌフロワがいなくなったとき、誰もがワウト・ファンアールトに注目した。今日は1番人気で、誰もが彼の追撃に期待していた。

コヌフロワの後ろに、クリストフ・ラポルトが乗っていて、他のグループと同じようにポーカーをしていたんだ。残念ながら、最終的にはスプリントで2位を争うことになった。今日はコヌフロワが強すぎたからだ。

今日はとても良い一日だった。今日はコースもそれほど悪くなかったし、まだいいスプリントが残っていたんだ。世界選手権に向けて、トップフォームの到来を感じている。今は日曜日を楽しみにしていて、そこでまた優勝を狙いたいね。

3位にはIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxのビニヤム・ギルマイが入っている。

RnkRiderTeamUCITime
1
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team5004:46:56
2
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange – Jayco4000:04
3
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux325,,
4
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma275,,
5
 GARCÍA CORTINA Iván
Movistar Team225,,
6
 HONORÉ Mikkel Frølich
Quick-Step Alpha Vinyl Team175,,
7
 YATES Adam
INEOS Grenadiers150,,
8
 BETTIOL Alberto
EF Education-EasyPost125,,
9
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates100,,
10
 BARGUIL Warren
Team Arkéa Samsic85,,
11
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic70,,
12
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious60,,
13
 VAN AVERMAET Greg
AG2R Citroën Team50,,
14
 SKUJIŅŠ Toms
Trek – Segafredo40,,
15
 KAMP Alexander
Trek – Segafredo35,,
16
 TRATNIK Jan
Bahrain – Victorious30,,
17
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost30,,
18
 MONIQUET Sylvain
Lotto Soudal30,,
19
 SCHMID Mauro
Quick-Step Alpha Vinyl Team30,,
20
 BARDET Romain
Team DSM30,,
21
 MARTIN Guillaume
Cofidis20,,
22
 BAGIOLI Andrea
Quick-Step Alpha Vinyl Team20,,
23
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost20,,
24
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates20,,
25
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech20,,
26
 LATOUR Pierre
TotalEnergies20,,
27
 VALTER Attila
Groupama – FDJ20,,
28
 BYSTRØM Sven Erik
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux20,,
29
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team20,,
30
 VANMARCKE Sep
Israel – Premier Tech20,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました