ロードバイクの情報を発信しています!

BORA – hansgroheは、ShimanoからSRAMにドライブトレインを切り替え

機材情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

UCIワールドツアーチームのBORA – hansgroheは、Shimanoとの9年間の関係の後、SRAMのドライブトレインに変更する。

今週初め、2024年シーズンに向けてSRAMのドライブトレインを搭載したチームのバイクの写真がソーシャルメディアに掲載された。

Shimanoは来年からチームのスポンサーを降り、SRAMがドライブトレインのスポンサーを引き継ぐことが確認されている。

 

スポンサーリンク

SRAMがサポート

 

現時点では、BORA – hansgroheとSRAMとの契約がいつまで続くのかなど、詳しいことは分かっていない。

Lidl-Trek、Movistar Team、Team Visma | Lease a Bikeの3チームから4チームへとワールドツアーでの存在感を高めることになる。

Jumbo-Vismaから移籍してくる、プリモッシュ・ログリッチは慣れているからいいでしょうね。

2023ジロ・デ・イタリアで優勝した際には、10-44Tカセットと1xチェーンリングのレッドXPLRグラベルセットアップを使用して山岳ステージを乗り切っている。

 

プリモッシュ・ログリッチのチーム加入がSRAMドライブトレインの移行と関連しているのかはわからない。

主要選手がチームを移籍すると、スポンサーも一緒に移籍するのは珍しいことではない。

例えば、ピーター・サガンがキャリア初期にSpecializedのバイクに乗り始めると、ブランドは彼がどのチームで走っても忠実に移籍した。

サガンがロードレースから引退した今、Specializedは、TotalEnergiesのバイクスポンサーではない。

SRAMは、4チームをサポート。かなり進出してきてますね。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました