ロードバイクの情報を発信しています!

3T Exploro RaceMaxは、スピード、クリアランス、機能を向上させて登場

機材情報
photo 3T
この記事は約6分で読めます。

3Tは、これまでのグラベルロードシリーズEXPLORO に新たに、3T Exploro RaceMaxをシリーズに追加した。

グラベルロードでありながら空気力学をつきつめエアロ性能も追及している。

3Tでは特にタイヤ幅について注目。使用される場面に応じて最適なタイヤ幅を選べるようにクリアランスを大幅に広げた。

 

スポンサーリンク

3T Exploro RaceMax

紹介ビデオだが、走っている場面ばかり。3Tには更に2本の紹介ビデオで詳細を語っている。
3T Exploro RaceMax

3Tの設計の第一人者であるGerard Vroomenは、確立された規範に従う人ではない。

彼はCerveroの創設者の一人であり、元BMCのCEOでありCerveroでも指導的立場にあったAndy Kesslerと共にOPEN MIN.Dを発表し、グラベルバイクの軽量化の限界を推し進めている。

 

Gerard Vroomenと3Tのパートナーシップにより1xエアロロードバイクStrada、そしてオリジナルのExploroが誕生した。

新しいRaceMaxは汎用性に対するタイヤサイズの重要性に焦点を合わせている。

3Tは、Exploroのレース中心のポジションを維持しながら、RaceMaxのジオメトリを開発する際に5,000人を超えるライダーのフィットデータを使用したとVroomenは言う。

 

タイヤを測定する新しい方法 RAMとWAM

photo 3T

Vroomenは、タイヤのサイズに関する選択が自転車の開発の中心にあると主張している。

すべてはタイヤから始まるが、非常に多くの変数がある。バイクを開発する時、2つの新しい手段を使った。それが、RAM(測定された半径)とWAM(測定された幅)。

 

WAM

photo 3T

WAMは測定された実際の幅のこと。

たとえば、タイヤ幅が35 mmのSchwalbe G-One Allround(青い線)は、内部幅が19 mmのリムに取り付けた場合、実際には36 mmしか計測されないため、WAM35 mmになる。

ただし、内部幅29 mmのリムに取り付けられた同じタイヤの場合はかなり広く、WAM29では39 mmとなる。

 

RAM

3T

RAMの関係

RAMとは、測定された実際の半径のこと。

幅19 mmのリムの同じSchwalbe G-One Allroundを取り付けると測定半径は351 mm(つまり、RAM19 = 351 mm)。しかし、幅29 mmのリムの場合には、RAM29は348 mmに減少する。

内部リム幅の増加に伴ってタイヤ幅が増加すると、総タイヤ半径が減少する傾向があることがわかる。

 

Vroomenは、自転車の寸法を定義することができたのは、この調査が完了したときだと言う。

彼は、データがフォーククラウン形状、ダウンチューブと前輪の後端の間の相互作用(エアロロードバイクのようなすべての意図と目的)などの重要な領域でのバイクの空力効率の向上に役立ったと述べている。

最も重要なのは、シートチューブのエアロカットアウト。これは、最も容積の大きいタイヤを厳密に追跡するように設計されているとVroomenは述べている。

 

3T Exploro RaceMaxフレームの詳細

photo 3T

ダウンチューブは空気力学を考慮して設計されている。チューブの上部3分の1は幅46mmで、40mm(実際のサイズ)のタイヤを走らせる前輪からの空気の流れを最適化するようにデザインされている。

 

photo 3T

ダウンチューブの幅は75mmに膨らみ、ボトルケージとボトルを完全にシールドする。

ダウンチューブの深さは、ボトムブラケットのドロップと同様にサイズによっても異なり、ボード全体で一貫したライド感とペダルクリアランスを提供している。

 

photo 3T

バイクには、3つのウォーターボトルマウント、トップチューブベントボックスマウント、そしてマッドガード/フェンダーマウントのフロントとリアを備えた多くのフィクスチャーとフィッティングが用意されている。

 

photo 3T

リアは、標準およびダイレクトマウントのリアディレイラーと互換性があり、スルーアクスルはSyntaceのX-12スタンダード。

 

photo 3T

最小限のディスクキャリパーマウントは、約160mmのローターで設計。

 

photo 3T

フォークはExploroのまったく新しいデザインだが、クラウンから車軸までの距離(370mm)がロードバイクと同じで、道路に向かう3T Stradaフォークと同じとなっている。

フォークプロファイルは、前輪および発生する力と連携して最適に機能するように形状を変更する可変プロファイルで空力的に最適化されている。フォークには、サイズごとに54mmと62mmの2つのオフセットが用意されている。

 

3T Exploro RaceMax spec

photo 3T

3T Exploro RaceMax

  • フレーム : Exploro RaceMax
  • ハンドル :  3T Aeroghiaia LTDカーボン
  • ステム :  アプトステルス
  • ブレーキ :  Sram Force AXS油圧ディスク
  • クランクセット :  Sram Force AXS
  • ホイール : Fulcrum Racing 7 DB
  • タイヤ : Schwalbe G-One Allround TLE
  • シートポスト : 3T Charlie Sqaeroチーム
  • 重量 :  8.1kg

3T Exploroは、RaceおよびMaxバリアントを含む次のバイクがラインナップされている。

レースビルドには、35mmのラベルが付いたSchwalbe G-OneオールラウンドEvo TLEチューブレスタイヤが付属。Maxバイクには、57mmのラベルが付いたSchwalbe G-OneオールラウンドTLEチューブレスタイヤが付属する。

Sram Force AXS eTapで組まれた3T Exploro RaceMaxだと5,899ドル(約63万円)となる。

 

詳しくは公式サイトでどうぞ。日本のサイトにはまだ出てないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました