ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチは、椎骨骨折の痛みを隠してツールを走っていた 理学療法士がチームを批判

海外情報
Photo credit: chiaralily on VisualHunt
この記事は約8分で読めます。

プリモッシュ・ログリッチが2022ツール・ド・フランス第5ステージで落車。この時には、肩の脱臼が主に伝えられていた。

 

ログリッチはレースを続行し、ヨナス・ヴィンゲコーを献身的にアシスト。ただ、インタビューでは、乗るたびに刺すような痛みがあることを明かしている。

結局、ログリッチ自身がMRIを予約しスキャンすると椎骨骨折が2箇所見つかったと言う。骨折しているのではないかという、噂は本当だったということだ。

椎骨骨折から復帰にするには通常8週間から12週間かかると言われている。トレーニングを再開したのが、ブエルタ開幕の2週間前。

 

7月6日に骨折して1か月で復帰したことになる。この通常よりも早い復帰について理学療法士のミット・ブラチッチ(Mit Bračič)博士が理由を明かにしている。

そして、Jumbo-Vismaのチーム方針について批判をしている。

 

スポンサーリンク

博士との出会い

Image credit: Mit Bračič

 

プリモッシュ・ログリッチもケガの常連。ミット・ブラチッチ博士と出会ったのは、2022イツリア・バスク・カントリーの後だ。

一番左が紹介してくれたユーゴスラビアのトップサイクリストだったPrimožČerin。

ログリッチは、膝の裏に痛みを感じ、最終ステージで首位から脱落して総合8位に終わった後に助けを求めている。

 

この時の様子を博士はインタビューで語る。

10日間で解決し、彼はまた普通にトレーニングできるようになった。その時、プリモシュは自分の状態について、完全に間違った評価をしていた。それまでは、まともな検査も受けていなかった。

チームは膝の裏の痛みだと思い、薬を飲むように勧めたが、本人はそれだけでは不十分だと感じていた。私が、超音波で検査するとすぐに、ふくらはぎの筋肉の腱が切れていることが判明した。

プリモシュはその日のうちにMRIを受け、私の推測が裏付けられた。

そして、仕事を始めた。1日何時間でも。これは、古典的な理学療法ではなく、1日5、6時間働くんだ。リハビリをしながらも、トップアスリートはトレーニングを欠かしてはいけないということを知っておくことが大切です。

私たちは、彼が自転車に乗れるように、しかし怪我の悪化や再発のリスクがないような一定の強度でトレーニングを行った。だから、自転車の基本的なフォームを維持することができたのだ。

4月にプリモシュは、現在市販されている中で最高の最新型高周波レーザーを当社から受け取り、自らも使用しているため、レースに復帰した後も治療を続けている。

 

昨年と比較して、今年のケガはどの程度だったのでしょうか?

今年の怪我は、昨年のツールよりずっとひどかった。今年はケガしていてもペダリングができていたが、痛みは本当にひどかった。このケガで、プリモシュは1週間もライディングを続けていたというのは本当に驚きだ。

 

具体的にはどのような怪我だったのでしょうか?

椎体骨折が2つあった。それ以上に軟部組織に炎症が起きていることが問題だった。それは、プリモシュが転倒した後もサイクリングを続けていたからだ。

ただ、この間も、非常に質の高い高音電気治療器(超深部組織の治療に使われる)を渡して自分で治療している。

 

Image credit: Mit Bračič

 

それはどんな治療器具なんですか?

エリートアスリートのニーズに特化して設計されたハイエンド高性能マシン。しかも、個人の荷物に収まるサイズです。

最高級のレーザーは4万ユーロほどしますが、トップアスリートはこれなしには機能しないと思っています。理学療法士は誰でもレーザーを手元に置いておくべきです。特に深部組織の問題に対して。

 

ツールの後、ログリッチが再びあなたに助けを求めたとき、ブエルタまでに怪我が治るだろうと楽観視していましたか?

今回は彼に判断を委ねた。それよりも、他にも問題があるので、シーズンを中断して回復に時間をかけ、具体的な「リセット」を1回行い、全身のリハビリを長めに行ったほうがいいと思っていた。

また、肩関節の怪我もまだ完全にリハビリが終わっていない。加えて、前述した腰の問題や、その他いくつかの小さな問題も抱えている。

プリモシュは、ブエルタで4連勝することに大きな意味があると考え、ブエルタに出場することを決めた。

今のところ、彼はブエルタで非常によくやっている。今シーズン、彼が経験したことを考えれば、驚くほどよくやっていると言えるだろう。

彼は、2つの非常に難しい怪我を負っている。たとえ勝てなくても、せめて表彰台に上れば大成功だ。

昨シーズン、プリモシュが非常に疲弊していたことを忘れてはいけない。

まずツールでひどい転倒をし、次にオリンピックチャンピオンで完全に疲労困憊し、そして世界選手権…ですから、今年の彼の活躍はとても素晴らしいものだ。

 

今年のツール・ド・フランス第5ステージに戻ると、バイクがコース上に置いた干し草の俵が原因でログリッチが転倒している。その時、何が起こるか予見していたのでしょうか?

その日、プリモシュの肩関節があちこち痛んでいたのですが、それは彼にとってはよくあることだし、自然なことなので、それほど心配はしていなかったんです。

しかし、腰を痛めるほど転んでしまったこと。当時は隠された情報であり、プリモシュもレース中に腰の問題があることを口にはしなかった。当時はみんな黙っていた。

プリモシュがヨナス・ヴィンゲコーを助け、タデイ・ポガチャルを倒すというチーム戦術のため、黙っていたのだと思う。

ヴィンゲゴールが大きなアドバンテージを得た第11ステージを通過したとき、プリモシュが仕事を終えたことは明らかだった。

しかし、クラブから「怪我は何でもない、薬を飲め」と言われても、その繰り返しだったそうだ。

プリモシュが自らモンテカルロでMRIを撮り、その写真を送ってきて初めて、このケガがそれほど小さなものでないことに気づいた。

そこでプリモシュは、トレーニングに復帰した後もこれらの療法を継続した。

 

そして、クラブドクターはピルを飲むように言った?

そう、クラブドクターは時にヒポクラテスの誓いを忘れ、資本の囚人となってしまうのだ。彼らは、患者やアスリートのためではなく、クラブのために働いているのです。残念ながら。

 

プリモッシュの人柄

Image credit: Mit Bračič

ログリッチの怪我のリハビリに必要な期間はどれくらいと予測されていましたか?椎体骨折の治癒には8~12週間かかると言われています。

はい、通常はそうなのですが、さらに時間がかかることもある。しかし、昨年入荷した新しいレーザーは水準が高いので、回復がかなり早くなった。

私たちは、すべての人にこれらの処置を行うことで、治療の進捗を早く実感できるようにしている。

プリモシュの場合は、1週間で解決した。そして、再び自転車に乗り、トレーニングを行うことができるようになったのだ。

 

レースを続けたからこそ、ケガが悪化したのでしょうか?第5ステージの後、すぐに撤退していれば、影響は少なかったのでしょうか?

そうだと思います。しかし、私が知る限り、プリモシュはいつも物事を最後までやり遂げる。

彼は、チームとして成功するために、自らの意志でツアーを続けたのだ。チームが彼のことを忘れてしまったので、その成功の一端を担うことはできなかったが、それでも、そうなんだ。 それが、トップスポーツというものなんだ。

もちろん、ログリッチの1位を見たかった……..いつかは実現することを期待しましょう。

プリモシュは、チームの目標のためにツールで自分を犠牲にした。そんな選手はほとんどいない。彼らの多くは自己中心的で利己的ですが、プリモシュはそのようなことは全く当てはまらない。

時には、良すぎるくらいです。もっとわがままになれば、もっと成功するんだろうけど、そうなると彼はもはやプリモッシュではなくなっていたでしょう。

 

最後の言葉がプリモッシュ・ログリッチの人物を良く表している言葉だ。寡黙で優しい人物だ。

ブエルタ出場に関しては、やはり綱渡りだったようだが、肩と椎骨に関しては、時間とともに治療が進んでいるということなのだろう。

ログリッチは、ブエルタの後半に向けてさらに調子を上げていくはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました