ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチがブエルタの2週間前に自転車に復帰 ブエルタ4連覇を目指すのか?

海外情報
Photo by Marc-Olivier Jodoin on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

2022ツール・ド・フランスでのクラッシュにより、第14ステージでリタイヤしたプリモッシュ・ログリッチ。

 

プリモシュ・ログリッチはブエルタ・ア・エスパーニャの開幕2週間前にトレーニングに戻ってきた。インスタグラムに投稿したけど、全く自転車に乗っていなかったのだろうか。

プリモッシュ・ログリッチは、ブエルタに間に合うのだろうか?

 

スポンサーリンク

ブエルタ出場メンバーには名前が

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Primoz Roglic(@primozroglic)がシェアした投稿

 

プリモッシュ・ログリッチは、モナコの山で撮影した写真を投稿している。7月16日第14ステージから全く自転車に乗っていないということはないと思うけど。

3週間も自転車に乗っていないと、流石にすぐには元に戻らないだろう。

 

現在のJumbo-Vismaのブエルタのメンバーは

  • エドアルド・アッフィニ
  • クーン・ボウマン
  • ローハン・デニス
  • マイク・テウニッセン
  • プリモッシュ・ログリッチ
  • ロバート・ゲシング
  • セップ・クス

 

ログリッチは、ブエルタで3年連続優勝しているが、4度目のタイトルの可能性はもちろん、レースに出場する可能性さえも宙に浮いている状態だ。

ブエルタは8月19日にオランダのユトレヒトでスタートするが、チームはログリッチの出場はまだ決定していないことを示唆している。

ログリッチの状態に関するニュースは、3週間前のツール・ド・フランス第15ステージの前に退場して以来、静かなものだった。

彼は石畳の第5ステージで大クラッシュし、肩を脱臼した後、フィニッシュまで走り続けた。

さらに9日間レースに参加し、ヨナス・ヴィンゲコーをアシストし、第11ステージのグラノン峠で重要な役割果たすなど、総合優勝に貢献した。

 

レース中のインタビューでは、厳しい背中の痛みに苦しんでいることを話し、「ペダルを踏むたびに背中にナイフが入っているようだ」と語っていた。

プリモッシュ・ログリッチがブエルタに出場出来るかどうかは、数日後に行われるチームキャンプで決定するだろう。

全てはログリッチの回復次第だ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました