ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツール・ド・レン第2ステージ クライマーが逃げ切り?

海外情報
Photo credit: Floyd@Overdoz.com on Visualhunt
この記事は約17分で読めます。

第1ステージは、後半にアタック合戦があったけれど最後はスプリントで決着。

この第2ステージでは、いよいよ総合勢が活躍するコースとなる。登りゴールではないけれども、集団は絞られてゴールに向かうと思われる。

誰が1級山岳をトップで駆け抜けるだろう。

 

スポンサーリンク

第2ステージ   サンヴルバ~ラニュー  144kn

コースプロフィール photo tourdelain

 

距離は143kmと短いけれども、獲得標高は2,679mもある。1級山岳ポルテ峠は、2回登ることになり、このステージの決勝のポイントとなりそうだ。

頂上からゴールまでは20km。途中に、2kmで6.7%のCol de Fayの上りかえしもある。流石に逃げ切るのは難しいか。小集団でゴールとなるか、逃げ切りとなるのか注目だ。

 

  1. 1級山岳 ポルテ峠  8.2km・5.8%
  2. 2級山岳  Cote des Fosses  6.1km・5.4%
  3. 2級山岳 Cote de Seillonaz  5.9km・5.5%
  4. 1級山岳  ポルテ峠  8.2km・5.8%

 

4人の逃げ

TIZ-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

コンチネンタルチームの4人が逃げている。

  1. HUREL Tony(St Michel – Auber93)
  2. MIFSUD Andrea(Nice Métropole Côte d’Azur)
  3. ERIKSSON Jacob(ERIKSSON Jacob)
  4. PETER Jannis(Germany)

 

2級山岳  Cote des Fosses  6.1km・5.4%

残り62.2kmで2分50秒差。

 

集団はUAE Team Emirates、Trek-Segafredo、その後ろにGroupama – FDJがついている。

 

先頭から一人切れる。

 

先頭は2人になってしまった。

  1. MIFSUD Andrea(Nice Métropole Côte d’Azur)
  2. PETER Jannis(Germany)

 

集団牽引はEF Education-EasyPostに変わっている。

 

先頭は2級山岳を越えた。ドイツ選抜の選手は強い。

 

カーブ手前で落車が。一人はシーズン途中で移籍してきたEF Education-EasyPostのアンドレア・ピッコロ。

 

残り38.8kmで2分19秒差に。

 

2級山岳 Cote de Seillonaz  5.9km・5.5%

集団はまだ人数が多い。

 

集団はCofidisが3人で牽引している。そろそろ絞っていく頃か。

 

先頭は2級山岳を通過。タイム差は40秒と詰められてきた。

 

1級山岳  ポルテ峠  8.2km・5.8%

23秒となった。そろそろ捕まりそう。

 

後ろに集団が見えてきて、二人はグータッチして健闘をたたえ合い、集団に吸収された。

 

リーダーのジェイク・スチュワートは集団から切れてしまった。

 

集団は20人まで絞られてきた。

 

ジュリアン・アラフィリップは6番手につけている。

 

山岳賞ジャージのジョージ・ベネットが先頭に。後ろは、ジュリアン・アラフィリップ、

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、ルイス・フェルファーク、マウリ・ファンセベナント、ジュリアン・アラフィリップと3人いる。

 

ルイス・フェルファークが切れて、ジュリアン・アラフィリップが最後尾に。

 

先頭はCofidisのギョーム・マルタン。

 

頂上手前で、Trek-Segafredoのマティアス・スケルモースイェンセンがアタック。

 

マティアス・スケルモースイェンセンが1位通過。

 

ジュリアン・アラフィリップは、頂上手前で遅れる。下りで追いつくパターンか。

 

マティアス・スケルモースイェンセンは、20秒のリードを奪って単独で下っている。

 

残り12kmで20秒差。このまま逃げ切れるか?

 

Col de Fay 2km・6.7%

ジュリアン・アラフィリップが追いついた。

 

だが、ペースアップについていけない。今日のジュリアンは本調子でない。

 

マティアス・スケルモースイェンセンの後ろに集団が゛゜。

 

マティアス・スケルモースイェンセンは追いつかれた。

 

先頭集団は7人に。

  1. ヤーコ・ハンニネン AG2R Citroën Team
  2. ギョーム・マルタン Cofidis
  3. ルディ・モラール Groupama – FDJ
  4. セバスティアン・ライヒェンバッハ Groupama – FDJ
  5. マティアス・スケルモースイェンセン Trek-Segafredo
  6. イバン・ソーサ Movistar Team
  7. マウリ・ファンセベナント Quick-Step Alpha Vinyl Team

 

先頭からGroupama – FDJのルディ・モラールがアタック!

 

下りなので、また一塊に。最後尾はイバン・ソーサ。

 

ジョージ・ベネットは、10秒遅れで先頭を追っている。

 

残り1.6kmでギョーム・マルタンがアタック!

 

Groupama – FDJは二人いるのに、何故全力で引かないのだろう。

 

後方が牽制している間に、ギョーム・マルタンがゴールに帰ってきた。1.6kmもあったので追いつかれると思っていたのだけど驚異的な粘りだ。

 

ギョーム・マルタンは、そのままゴールに向かう。

 

ギョーム・マルタンは追いこまれるが~。

 

ギョーム・マルタンは、そのまま見事な逃げ切り勝利~!

2秒差で、Trek-Segafredoのマティアス・スケルモースイェンセンが入った。ギョーム・マルタンの残り1.6kmからのアタックは大成功をおさめることに。

ギョーム・マルタンは、今シーズンの初勝利だ。頂上ゴールではなく最後に逃げ切ってクライマーがの勝利するのは珍しい。タイミングとアタックの距離が絶妙な位置だったのが幸いしたか。

これで、ギョーム・マルタンは、6秒差で総合トップに立った。明日の最終ステージでリーダージャージをかけて戦うことになる。

 

スポンサーリンク

リザルト

第2ステージ リザルト

ギョーム・マルタンのコメント(公式サイトより)

ツールでの失望を含め、かなり奇妙なシーズンの後、今日、腕を上げることができたことは、当然、とてもうれしいことだ。

昨日はあまりいい感触がなくて、今日もあまり楽観視できなかった。でも最終的には脚がとてもよくなって、何よりもとても強いチームのアドバンテージを活かすことができたんだ。

最後の上り坂で加速する計画で、ルーベン・フェルナンデスがそれを行い、次にフランソワとレミー・ロシャスがその仕事を終えることになった。この日は完璧に進み、決勝では下りの最後にアタックすることでクレバーな走りをすることができた。

いい勝利だし、最終日は難しいかもしれないが総合優勝が目標だ。しかし、今夜は満足感が支配している。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 MARTIN Guillaume
Cofidis14
10″
3:44:49
2
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo5
6″
0:02
3
 MOLARD Rudy
Groupama – FDJ3
4″
,,
4
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team  ,,
5
 HÄNNINEN Jaakko
AG2R Citroën Team  ,,
6
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team  ,,
7
 REICHENBACH Sébastien
Groupama – FDJ  0:10
8
 BENNETT George
UAE Team Emirates  0:44
9
 ALAPHILIPPE Julian
Quick-Step Alpha Vinyl Team  1:11
10
 BOUCHARD Geoffrey
AG2R Citroën Team  1:23
11
 DELAPLACE Anthony
Team Arkéa Samsic  ,,
12
 BRAMBILLA Gianluca
Trek – Segafredo  ,,
13
 VERVAEKE Louis
Quick-Step Alpha Vinyl Team  ,,
14
 ROCHAS Rémy
Cofidis  1:28
15
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team  1:49
16
 OURSELIN Paul
TotalEnergies  1:56
17
 BERNARD Julien
Trek – Segafredo  ,,
18
 PEDRERO Antonio
Movistar Team  ,,
19
 GESBERT Élie
Team Arkéa Samsic  ,,
20
 CONCA Filippo
Lotto Soudal  3:10
21
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa  ,,
22
 EIKING Odd Christian
EF Education-EasyPost  ,,
23
 GUGLIELMI Simon
Team Arkéa Samsic  ,,
24
 STEWART Jake
Groupama – FDJ  ,,
25
 BREGNHØJ Mathias
Riwal Cycling Team  ,,
26
 MARIAULT Axel
Team U Nantes Atlantique  4:34
27
 PRODHOMME Nicolas
AG2R Citroën Team  ,,
28
 VAN DEN BERG Lars
Groupama – FDJ  ,,
29
 VENTURINI Clément
AG2R Citroën Team  ,,
30
 HOELGAARD Markus
Trek – Segafredo  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
124▲23
 MARTIN Guillaume
Cofidis3
10″
7:04:24
26▲4
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo 
6″
0:06
336▲33
 MOLARD Rudy
Groupama – FDJ 
4″
0:08
429▲25
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team  0:12
531▲26
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team  ,,
640▲34
 HÄNNINEN Jaakko
AG2R Citroën Team  ,,
745▲38
 REICHENBACH Sébastien
Groupama – FDJ  0:20
826▲18
 BENNETT George
UAE Team Emirates  0:54
968▲59
 ALAPHILIPPE Julian
Quick-Step Alpha Vinyl Team  1:21
1028▲18
 BRAMBILLA Gianluca
Trek – Segafredo  1:33
1148▲37
 DELAPLACE Anthony
Team Arkéa Samsic  ,,
1261▲49
 BOUCHARD Geoffrey
AG2R Citroën Team  ,,
1370▲57
 VERVAEKE Louis
Quick-Step Alpha Vinyl Team  ,,
1459▲45
 ROCHAS Rémy
Cofidis  1:38
1514▼1
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team  1:59
1627▲11
 GESBERT Élie
Team Arkéa Samsic  2:06
1730▲13
 PEDRERO Antonio
Movistar Team  ,,
1850▲32
 OURSELIN Paul
TotalEnergies  ,,
1960▲41
 BERNARD Julien
Trek – Segafredo  ,,
201▼19
 STEWART Jake
Groupama – FDJ 
10″
3:10
2118▼3
 CONCA Filippo
Lotto Soudal  3:20
2223▲1
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa  ,,
2325▲2
 GUGLIELMI Simon
Team Arkéa Samsic  ,,
2446▲22
 EIKING Odd Christian
EF Education-EasyPost  ,,
2557▲32
 BREGNHØJ Mathias
Riwal Cycling Team  ,,
265▼21
 MARIAULT Axel
Team U Nantes Atlantique  4:44
277▼20
 VENTURINI Clément
AG2R Citroën Team  ,,
2835▲7
 HOELGAARD Markus
Trek – Segafredo  ,,
2947▲18
 JEGAT Jordan
Team U Nantes Atlantique  ,,
3051▲21
 VAN DEN BERG Lars
Groupama – FDJ  ,,

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
16▲5
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo30
2 
 MARTIN Guillaume
Cofidis25
31▼2
 STEWART Jake
Groupama – FDJ25
42▼2
 CARDIS Romain
St Michel – Auber9320
5 
 MOLARD Rudy
Groupama – FDJ16
63▼3
 VAN TRICHT Stan
Quick-Step Alpha Vinyl Team16
7 
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team14
84▼4
 SOUPE Geoffrey
TotalEnergies14
9 
 HÄNNINEN Jaakko
AG2R Citroën Team12
105▼5
 MARIAULT Axel
Team U Nantes Atlantique12

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
1 
 WILKSCH Hannes
Germany35
2 
 RICHARD Louis
Team U Nantes Atlantique24
3 
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo15
4 
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team10
5 
 ERIKSSON Jacob
Riwal Cycling Team10
62▼4
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost8
7 
 MOLARD Rudy
Groupama – FDJ7
8 
 HUREL Tony
St Michel – Auber937
91▼8
 BENNETT George
UAE Team Emirates6
10 
 REICHENBACH Sébastien
Groupama – FDJ5

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
13▲2
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo7:04:30
211▲9
 VANSEVENANT Mauri
Quick-Step Alpha Vinyl Team0:06
31▼2
 STEWART Jake
Groupama – FDJ3:04
410▲6
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa3:14
514▲9
 JEGAT Jordan
Team U Nantes Atlantique4:38
612▲6
 VINOKUROV Nicolas
Astana Qazaqstan Development Team5:48
724▲17
 WILKSCH Hannes
Germany8:09
85▼3
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost9:08
921▲12
 JUILLARD Maximilien
Go Sport – Roubaix Lille Métropole9:14
1013▲3
 PETER Jannis
Germany10:41

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました