ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第16ステージ 個人タイムトライヤルで総合順位が~

海外情報
Photo credit: bernard large on VisualHunt
この記事は約19分で読めます。

タデイ・ポガチャルが重要だという3つのステージのうちの一つ、個人タイムトライヤルがやってきた。

 

このステージでは、誰のアシストも受けられない。注目はなんといってもタデイ・ポガチャルとヨナス・ヴィンゲコーの10秒のタイム差がどうなるかだ。

それと、第2・15ステージ共に2位に甘んじているワウト・ファンアールが本領発揮するか。当然、ステージ優勝していないワウトは狙ってくるはずだ。

 

スポンサーリンク

第16ステージ   パッシー~コンブルー 22.4km

コースマップ photo letour.fr

 

美しい、オートサボア地方での休息日を過ごしたライダーたちは、パッシーからスタート。人口1万人ほどの町。

序盤は平坦だけど、ゴール手前6kmから始まる登りは平均勾配9.4%と強烈。ここでタイム差がつかない訳はない。

 

コースプロフィール photo letour.fr

 

  1. 第1計測ポイント 残り15.3km
  2. 第2計測ポイント   残り6.3km
  3. 第3計測ポイント   残り3.5km
  4. 2級山岳 ドマンシー峠 2.5km・9.4%

 

ミケル・モルコフ Soudal – Quick Step

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

来シーズンには、Soudal – Quick Stepではないチームで走っているというミケル・モルコフからスタート。

 

最後の登りに。

 

ミケル・モルコフは39分46秒。これから次々に抜かれていく。

 

アクセル・ザングレ Cofidis

アクセル・ザングレが暫定トップに。39分5秒。

 

ニルス・エークホフ Team dsm – firmenich

なんと、スタートしてすぐのカーブでニルス・エークホフが落車。バイク交換して走りだす。Team dsm – firmenichは、ジョン・デゲンコルプも同じコーナーで落車しており、不運が続いている。

 

ソーレン・ヴァーレンショルト Uno-X Pro Cycling Team

ソーレン・ヴァーレンショルトは、登りの前にバイクを交換。ノルウェーTT王者。ゴールは39分57秒。

 

ジャンニ・モスコン Astana Qazaqstan Team

ジャンニ・モスコンが第3計測でトップタイム更新。

 

モスコンは、暫定トップタイムを1分26秒も更新。37分39秒。

 

ドリース・デヴァイナンス Soudal – Quick Step

Soudal – Quick Stepのドリース・デヴァイナンスは、37分37秒でジャンニ・モスコンを2秒上回る。今シーズンでの引退を発表している。

 

ピーター・サガン TotalEnergies

最後のツールでのサガン。第1計測暫定5位。

 

サガンはミッケル・ビョーグに抜かれていく。サガンは39分11秒。

 

ミッケル・ビョーグ UAE Team Emirates

TTスペシャリストのミッケル・ビョーグがスタート。

 

ミッケル・ビョーグは、バイク交換。

 

ミッケル・ビョーグは、39分12秒。かなり疲れているようだ。

 

ニキアス・アルント Bahrain Victorious

37分19秒。ニキアス・アルントが暫定トップタイム更新。

 

ジャスパー・フィリップセン Alpecin-Deceuninck

現在の賞金王ジャスパー・フィリップセンがスタート。

ゴールタイムは、39分25秒。

 

イヴ・ランパールト Soudal – Quick Step

2022ツール・ド・フランス第1ステージの個人タイムトライヤルで勝利したイヴ・ランパールトがスタートしている。

ゴールタイムは、38分50秒。

 

マッズ・ピーダスン Lidl-Trek

マッズ・ピーダスンは、第3計測を28分8秒暫定トップ。ゴールタイムは36分7秒で暫定トップに。

 

レミ・カヴァニャ Soudal – Quick Step

クレルモンフェランのTGVことレミ・カヴァニャは、第1計測10分42秒で暫定トップ。

 

第3計測を27分44秒でマッズ・ピーダスンを24秒も上回る。

 

問題は登りだ。

 

レミ・カヴァニャは、35分42秒で暫定トップに。

 

カスパー・アスグリーン Soudal – Quick Step

カスパー・アスグリーンは、平地ではタイムが良い。ただ、TT得意だけど登りは苦しそう。

 

カスパー・アスグリーンは、36分17秒。暫定4位。

 

ヴィクトル・ラフェ Cofidis

ヴィクトル・ラフェは、ゴール前のカーブの白線で滑ってしまった。

 

 

チェーンが外れてしまった。

 

最後は観客を盛り上げてゴール。40分11秒。

 

マチュー・ファンデルプール Alpecin-Deceuninck

マチュー・ファンデルプールがスタート。ゴールは38分40秒。マチューは風邪が抜けていないと言っている。

 

シュテファン・キュング Groupama – FDJ

シュテファン・キュングは登りをこなせるか。

 

第1計測でレミ・カヴァニャを6秒上回っている。

 

シュテファン・キュングは、マキシム・ファンジルスを抜いていく。さすがにトラックとぶつかっては走るだけでも大変のはず。

 

バイク交換。第2計測で19分58秒。レミ・カヴァニャから2秒遅れ。

 

シュテファン・キュングは第3計測28分12秒で大きく遅れた。暫定3位通過。さすがに登りは死にそうな顔をして走っている。

 

シュテファン・キュングは36分34秒で暫定5位。

 

ヴィクトール・カンペナールツ Lotto-Dstny

元アワーレコード保持者のヴィクトール・カンペナールツ。最近はアタッカーなので、TTの練習はしていないとか。今日は休養の日かな。ゴールは42分35秒。

 

ジュリアン・アラフィリップ Soudal – Quick Step

ジュリアン・アラフィリップがスタート。

 

第3計測は29分15秒。暫定12位通過。

 

37分25秒で暫定12位。

 

ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma

ワウト・ファンアールトがスタート。第1計測は10分43秒で暫定3位。

 

ワウト・ファンアールトは、第2計測では20秒遅れ。

 

第3計測を27分42秒で暫定トップに。

 

ワウト・ファンアールトは、35分27秒とレミ・カヴァニャを15秒上回って暫定トップに。

 

ジェイ・ヒンドリー BORA-hansgrohe

総合5位のジェイ・ヒンドリーがスタート。

 

ジェイ・ヒンドリーは37分13秒と暫定20位。

 

サイモン・イェーツ Team Jayco AlUla

総合8位のサイモン・イェーツ。第1計測は10分38秒でワウト・ファンアールトから2秒遅れの暫定2位。

 

第2計測では、29秒もタイムを落とした。

 

ゴールタイムは、35分34秒で暫定2位。

 

ペッリョ・ビルバオ Bahrain Victorious

ペッリョ・ビルバオが35分31秒と暫定2位の記録をたたき出す。

 

カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers

総合3位のカルロス・ロドリゲスがスタート。

 

カルロス・ロドリゲスは、ゴール手前でタディ・ポガチャルに迫られる。ゴールタイムは、36分12秒。

 

タデイ・ポガチャル UAE Team Emirates

タデイ・ポガチャルがスタート。

 

タデイ・ポガチャルは、第1計測を10分10秒と暫定トップで通過。

 

第2計測を19分36秒。

 

タデイ・ポガチャルは、普通のロードに乗り換えている。

 

タディ・ポガチャルは第3計測を26分58秒。

 

タディ・ポガチャルは、34分14秒。av39.26km/h。十分に早いけれど、後ろからくるヨナス・ヴィンゲゴーには大きく遅れてしまった。

今日は、バットデイだったのだろうか。

 

ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma

ヨナス・ヴィンゲゴーがスタート。

 

ワウト・ファンアールトのタイムを16秒も上回って進んでいる。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーが飛ばしている。第1計測でタデイ・ポガチャルのタイムを16秒も上回った。ただ一人の9分台をマーク。

 

なんと、ヨナス・ヴィンゲゴーがタディ・ポガチャルのタイムを31秒も上回っている。

 

第2計測19分5秒でトップタイム。

 

残り4.5kmでタデイを48秒も上回る。

 

第3計測を25分52秒。ついに1分5秒も離した。

 

残り2.2kmで1分23秒も引き離した。

 

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、32分26秒でav41.439km/h。凄い記録だ。今大会で初のステージ優勝となったけれど、十分な力を見せつけてくれた。

タデイ・ポガチャルとのタイム差は、総合で10秒から1分48秒に開いた。二人の実力からいうと十二分に大きなタイム差だ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ヨナス・ヴィンゲゴーのコメント

チームカーからは、今日は誰が一番強いのか見せてやれ、言われていたらしいけど、私にはそれが聞こえなかった。

しかし、彼らは私を素晴らしく導いてくれた。今日は最高の気分だった。これまでで最高のタイムトライアルだったと思う。自分のやったことをとても誇りに思う。

私自身も驚いた。こんなにうまくいくとは思わなかった。脚は本当に素晴らしく、パワーメーターのデータさえ疑い始めた。壊れたのかと思った。

 

ツールは終わったと思う?

ノー。これからも厳しい試練がたくさんあるので、我々は戦い続けなければならない。私は確かに攻撃を予想しており、そのための計画を立てるつもりだ。

 

第16ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time Avg
1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 210 0:32:36 41.227
2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 150 1:38 39.260
3
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 110 2:51 37.913
4
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 90 2:55 37.841
5
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 70 2:58 37.788
6
 CAVAGNA Rémi
Soudal – Quick Step 55 3:06 37.647
7
 YATES Adam
UAE Team Emirates 45 3:12 37.542
8
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 40 3:21 37.385
9
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 35 3:31 37.213
10
 GAUDU David
Groupama – FDJ 30 ,, 37.213
11
 CASTROVIEJO Jonathan
INEOS Grenadiers 25 3:36 37.127
12
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 20 ,, 37.127
13
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 15 3:40 37.059
14
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma 10 ,, 37.059
15
 ASGREEN Kasper
Soudal – Quick Step 5 3:41 37.042
16
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team   3:55 36.805
17
 LATOUR Pierre
TotalEnergies   3:57 36.772
18
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ   3:58 36.755
19
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious   3:59 36.738
20
 COSTA Rui
Intermarché – Circus – Wanty   4:02 36.688
21
 IZAGIRRE Ion
Cofidis   4:12 36.522
22
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team   4:16 36.456
23
 VAN BAARLE Dylan
Jumbo-Visma   4:23 36.341
24
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe   4:37 36.113
25
 ARNDT Nikias
Bahrain – Victorious   4:43 36.016
26
 ALAPHILIPPE Julian
Soudal – Quick Step   4:49 35.920
27
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team   4:52 35.872
28
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ   ,, 35.872
29
 DEVENYNS Dries
Soudal – Quick Step   5:01 35.729
30
 SCHULTZ Nick
Israel – Premier Tech   5:02 35.713

総合

総合では、アダム・イェーツがカルロス・ロドリゲスを5秒上回って総合3位に上がってきた。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 25
23″
63:06:53
2 2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates  
41″
1:48
3 4 ▲1
 YATES Adam
UAE Team Emirates  
10″
8:52
4 3 ▼1
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers  
12″
8:57
5 5
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe  
18″
11:15
6 6
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     12:56
7 7
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious  
10″
13:06
8 8
 YATES Simon
Team Jayco AlUla  
8″
13:46
9 9
 GAUDU David
Groupama – FDJ     17:38
10 11 ▲1
 GALL Felix
AG2R Citroën Team  
9″
18:19
11 10 ▼1
 MARTIN Guillaume
Cofidis     19:56
12 12
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers     22:32
13 13
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ  
2″
25:21
14 14
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     28:18
15 15
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe     37:24
16 16
 CASTROVIEJO Jonathan
INEOS Grenadiers     37:57
17 17
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates     53:22
18 18
 HARPER Chris
Team Jayco AlUla     53:31
19 19
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma     1:01:43
20 21 ▲1
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ     1:06:08
21 22 ▲1
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team  
4″
1:06:18
22 20 ▼2
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team     1:08:06
23 23
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma  
16″
1:10:16
24 24
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates     1:20:09
25 25
 BARGUIL Warren
Team Arkéa Samsic     1:22:42
26 27 ▲1
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek     1:25:47
27 26 ▼1
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies  
10″
1:26:29
28 28
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     1:36:52
29 29
 JUNGELS Bob
BORA – hansgrohe     1:38:44
30 30
 BENOOT Tiesj
Jumbo-Visma     1:42:01

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 323
2 2
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 186
3 3
 COQUARD Bryan
Cofidis 178
4 4
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 154
5 5
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 146
6 6
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 96
7 12 ▲5
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 94
8 7 ▼1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 92
9 8 ▼1
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Circus – Wanty 90
10 9 ▼1
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech 88

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 CICCONE Giulio
Lidl – Trek 63
2 2
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 58
3 3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 57
4 4
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 49
5 5
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 47
6 6
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 32
7 7
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 31
8 8
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 30
9 9
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 30
10 10
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech 28

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 63:08:41
2 2
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 7:09
3 3
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 16:31
4 4
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 20:44
5 6 ▲1
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 1:23:59
6 5 ▼1
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies 1:24:41
7 7
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 2:08:10
8 9 ▲1
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny 2:27:46
9 10 ▲1
 CHAMPOUSSIN Clément
Team Arkéa Samsic 2:32:16
10 11 ▲1
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic 2:39:47
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. べるげん より:

    ヴィンゲゴー「ポガチャルよ、ぶっつけ本番で勝てるほどツールは甘くないのだよ。」

    (途中で寝たので全部は見てないのですが)何かヴィンゲゴーがかつてのアームストロングに見えてきました…(そこがヴィンゲゴーをイマイチ好きになれない原因なのかもしれませんが)

    • ちゃん より:

      少し走ったところからタイム差が離れていたので、タデイが後半に追い上げるのかと思ってましたけど、開く一方。

      元チーム名とのトム・デュムランが言ってましたけど、「これは私が人生で見た中で最高のタイムトライアルだった」と。ヨナスは最後までTTポジションにこだわってましたけど、別次元の走りを見せましたね。
      やはり、頂上決戦は120%でないと勝てないということかもしれませんね。

      • べるげん より:

        まあ、あのタイムを上回れる選手はこの世界には存在しな………何かレムコなら上回ってしまいそうな気がするなぁ…(無論彼が万全&完璧にツールに合わせてきていたらの仮定ですが)

        • ちゃん より:

          そのレムコですが、やはりサラリーの問題で払えないので移籍かもという噂が海外サイトでは出てますね。

          2024年には、ミケル・ランダを獲得、でもそれだけではアシストは足らない。来年の進化具合が楽しみですが、このタイムは本当に破れる人はいないでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました