ロードバイクの情報を発信しています!

ミゲルアンヘル・ロペスがMovistar Teamを解雇に

海外情報
Image by Gerd Altmann from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

2021ブエルタ・ア・エスパーニャの第20ステージで、サボートカーから追うなと言われて口論。結局リタイヤしてしてまったミゲルアンヘル・ロペス。

モビスターは契約解除を考えていた。

これが現実となってしまう。

モビスターは短い声明で、9月30日をもってミゲルアンヘル・ロペスとの契約を解除することを発表した。

 

スポンサーリンク

9月一杯で契約解除

 

チームの方針に従わない場合、当然解雇されることはある。最近では、ローハン・デニスも。

しかし、今回の場合には、本当にミゲルアンヘル・ロペスが可哀そうだ。総合3位にいながら、残り1ステージを残してブエルタを去ってしまったのだから。

第18ステージでは、クイーンステージを奪ってしまう。

この時点で、エンリク・マスが総合2位。ミゲルアンヘル・ロペスが総合3位という絶好の位置にいた。

ミゲルアンヘル・ロペスが攻撃しても、後ろにエンリク・マスが控えていれば作戦の幅も広がる。

それが、第20ステージでは、少し離れた段階で追うなと言われては、誰だって嫌になるだろう。ただ、チームからの指示で総合2位から総合5位辺りまで、下がるというのは納得のいかない話だ。

ステージ終了後に、「私たちは機械ではなく人間だ」というメッセージを出したが、その通りだ。

 

追記

NMさんからの情報提供で、ホセ・ロハスを合流させるから待てとサボートカーから指示されたと言われたそうだ。サボートカーも追い抜いてしまったと。ただ、じっとしてはいられなかったのでしょうね。

 

この後は、GMとしてアレクサンドル・ヴィノクロフが復帰する、Astana-Premier Techに復帰となるだろう。

チームは移籍により、多くのライダーが去ることが決まっている。ミゲルアンヘル・ロペスはチームの立て直しもしないといけないだろう。

コメント

  1. NM より:

    第20ステージですが
    ロペスに追うな。と指示したのでは無く
    ロハスを合流させるから待て。と
    指示したそうです。
    https://elpais.com/deportes/2021-09-05/que-hacer-con-superman.html

    • ちゃん より:

      NMさん、貴重な情報ありがとうございます。
      スーパーマンは、合流を待つのを我慢できなかったということですね。まあ、難しいですよね。
      追いたい気持ちはわからないでもない。記事に追記させて貰いました。
      また、教えて下さい!

タイトルとURLをコピーしました