ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームが見せたブエルタ13ステージの28%の劇坂での様子 

海外情報
Image by analogicus from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ブエルタ第13ステージは28%の劇坂ミラドール・デ・エサロが登場。

ステージ優勝は1秒差でプリモッシュ・ログリッチが獲得した。

 

だが、中継映像では28%と言われる劇坂の様子が映像では上手く伝わってこなかった。

ゴール手前から映すので、それほどとは感じられなかったのだ。

だが、沿道からの撮影でフルームでさえ大変な劇坂の様子がアップされている。

 

スポンサーリンク

ミラドール・デ・エサロの劇坂

クリス・フルームはブエルタのタイムトライアルでも主役ではなかった。

優勝したプリモッシュ・ログリッチから5分48秒差の86位でフィニッシュ。

だが、沿道から撮影された動画は、ゴール手前1.5kmのステージがいかに難しかったかと改めて証明してくれる。

 

こちらはゴール手前1.5km付近の様子

 

クリス・フルームは撮影者に、スペイン語で「Impresionante」印象的とコメントして笑っている。

動画を見ると、コンクリート舗装で溝が切ってあり、振動もあるし走りにくいこと間違いない。

まあ、溝がなかったら滑り落ちてしまいそうだけど。ダンシング開始すると、後輪のディスクの音が凄い。いかに振動があるのかがわかる。

フルームが使っているフロントの波型ホイールはこちらを使っている。

 

 

フルームは、彼のツイートをリツイートして、会話をありがとうと追加している。

なんて、優しいチャンピオンだ!

しかも、TTバイクのまま上がっているのが凄い。最初からタイムは狙っていないので、バイクチェンジなど考えてもなかったのだろう。

相当力をセーブして上がっているので、今後のステージでも良いアシストが見られるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました