ロードバイクの情報を発信しています!

ミカル・クウィアトコウスキーはチームイネオスとの延長契約を期待するが果たして

海外情報
photo kwiato instagram
この記事は約4分で読めます。

ミカル・クウィアトコウスキー(Team INEOS)は2016年から続いたチームとの契約の最終年となっている。

彼自身は、チームに留まりたいと思っているが、チームは来シーズンの構想をどう考えているのか。

2018年は、最強のアシストして最後まで山岳で残っていたライダーだったが、昨シーズンは不調にあえいだ。

彼の再度の延長契約は無事に獲得出来るのだろうか?

 

スポンサーリンク

トレーニングキャンプ中

photo kwiato instagram

ミカルは、イタリアとの国境近く、ニースの北90kmに位置するイソラ 2000スキー場で現在キャンプ中だ。

イネオスチームのライダーは、クリス・フルーム、ゲラント・トーマス、パヴェル・シヴァコフ、ディラン・ファンバーレの6人。

モナコやニースの地域から簡単に国境を越えずに到達することができる場所だ。

これは最初のグループ化なので、これらの内部プロトコルは非常に維持されている。参加者はそれぞれコロナウイルスの2つのテストに合格しなければならなかった。お察しの通りネガティブだったけど。

と説明してくれる。

イギリスチームの選手たちにとっては、長い休み明けの最初の合宿となる。キャンプは6月14日~28日まで14日間行われる。ミカルはStravaにデータをあげているので、フルームと一緒に走っていることがわかる。

自宅でも低酸素テントを使っていたので、比較的スムーズに高度での練習に入っていけたようだ。慣れないと1500mでも心拍がきついと言っている。

 

将来のこと

photo kwiato instagram

2017年に契約したものは、年末に契約満了となる。通常の状況下では、交渉はすでに春のレース中に行われる。だが、現在の状況では、ほとんどのチームが非常に複雑となっている。

英国の石油化学大手がスポンサーとなっているイネオスは、予算削減ではあまりニュースにならないチームの一つではあるけれど。

 

契約は上司が担当している。私に何ができるの? 

自分のできることを精一杯やっている。このチームに残りたいし、残ると信じている。私がやった仕事を評価してくれているはずだ。

アスリートがレースに出られないのは このチームにとっては 二の次の問題だと思う。フェアプレーを繰り返し確認しているから。

と説明してくれた。

ミカルは、移籍した当初の2016年には成功したシーズンとは言えなった。だが、2017年彼はクラシックレーサーからステージレーサーとして輝く場を見つけることが出来た。

昨年は慢性疲労の影響からか、成功率の低かったシーズンを経ても、彼の背後にはまだチームのサポートがあると考えている。

 

私にとって一番大切なのは、人に信頼され、最後まで信じてもらえることだとミカルは言う。

 

スポーツには常に浮き沈みがあることを実感している。転んだり失敗したりして信じなくなった人がいたら、ここではダメだ。

私の周りには、信じてくれる人たちがいて、遅かれ早かれ勝利を許す形があることを知っている。

そして、それが彼らにとって重要なことなのだ。そのような形を提示し、常に勝つための応援があれば、レースは必要ない。このチームでは、スポーツの結果だけでなく、スポーツへの取り組み方も観察している。

以前は、ポーランドのCCC Teamのエースとして移籍するという噂もあったが、本人は自分がエースとして走るよりも、アシストとして支えるほうが良いと思っているのだろう。

本人の希望はあくまでもチーム残留だ。

果たして、チームとの延長契約は勝ち取れるのだろうか?  もうすぐ答えが出るだろう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました