ロードバイクの情報を発信しています!

Team INEOSの最強アシスト ミカル・クウィアトコウスキーが激白 私の体は回復を叫んでいた!

海外情報
Photo Michał Kwiatkowski instagram
この記事は約7分で読めます。

クイックステップからチームスカイに移籍してきたミカル・クウィアトコウキーは2016年シーズンは思ったような成績が残せなかった。

だが、2017年と2018年は絶好調。クリス・フルームとゲラント・トーマスのツール・ド・フランス勝利の重要なサボートを果たす。

だが、一転2019年は劇的に変化。ミラノ・サン・レモとパリ・ニースで表彰台を獲得。好調に思われたが、その後ベストを大きく下回り、特にツール・ド・フランスではグルペットで走る姿を見ることに。

その後、彼のホームレースであるツール・ド・ポローニュと世界選手権もスキップしてしまい、事実上シーズンを終了してしまった。

埼玉クリテリウムに来日したミカル・クウィアトコウスキーはインタビューを受けている。

彼の、今シーズンの不調の原因と2020年の展望を聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

ミカル・クウィアトコウスキーの今シーズン

Photo Michał Kwiatkowski twitter

2019年のシーズンをどのように振り返りますか?

計画どおりには行かなかった。

シーズン当初はうまく機能したが、その後は望んだ結果が得られなかった。いくつかのレースでは勝てる足を持っていたと思う。それはとても残念だ。

だが、それがこのスポーツであり、それを受け入れてツールと世界選手権のシーズン後半に備えようとしたが、正直に言うと春にはすでに前シーズンから少し疲れを感じていたんだ。

2019年に向けて、ドーフィネ、ナショナルズ、ツール、ポーランド、ブエルタ、世界選手権と完全なレースプログラムに基づいてフォームを構築しようとしていた。

かなり重いプログラムだったが、2018年のシーズンから考えて大きく踏み出すプランとなっていたんだ。

正直に言って、冬は調子が良かったが、昨シーズンから完全に回復することはなかった。私は100パーセントの準備をして全て実行した。準備段階で間違いは犯してないが、ツールでは散々だった。

ツールでの走りは自分のものではなかった。私の身体は回復を叫んでいたんだ。

そのために、シーズン後半のプログラムを変更した。私は本当に世界選手権に出場することを望んでいたが、ボーランドのレースとともにスキップせざるを得なかった。

ツールの後の数週間、ひどい疲労だったよ。シーズンの終わりまで生き残るにはそれしかなかったんだ。

 

ツールについて詳しく教えてください。山であなたの活躍を見ることに慣れてしまっていたからです。

ツール前のドーフィネの山岳ステージでは調子が良かったんだ。だが、実際にツールを初めて最初の休息日までだったね。良かったのは。ステージ11からは自分ではなかった。山だけではなく平地でも一生懸命に乗らないといけなかったので苦労した。

出来る限りアシストしようとしたが、自分のパフォーマンスではどうしようもなかった。大変な経験だったけれども生き残れた。それだけだ。

 

一番つらかった瞬間は何でしたか?

最後の1週間だよ。助けるべき相手がそこにいても、助けることも出来ない時。ベルナルがイエロージャージを獲得したステージ19では、もう最初から苦労していた。

好不調の波はあるけど、自分のコンディションが悪い時には全く違う走りになってしまう。最後の一週間は最も厳しい経験だった。

 

Photo Michał Kwiatkowski instagram

疲労の蓄積によるものだとすぐにわかりましたか?

他に理由はない。私は100%プロだ。ツールの前に準備として何をしたかを知っている。病気も何もなかったので、何ヶ月にもわたって蓄積された慢性疲労に違いない。

 

ポーランドと世界選手権をスキップすることは辛かったに違いありません…

私を常にサポートしてくれるコーチとチームがいる。彼らは私がどれだけ一生懸命働いて何を達成したいかを知っている。

私が演技するかどうかは関係ない。彼らはいつも私を支えてくれる。私が苦労していた瞬間に適切な判断をしてくれた。

大変だったが、それは正しいことだった。なぜなら、もし私が世界選手権に出ていたら、それは大変だっただろうから。リセットボタンを押して、次のシーズンについて考えるのは素晴らしいことだった。

 

ツール後の計画は何でしたか?

ボリュームと強度を減らして、可能な限り回復しようとしていた。私たちはプロスポーツをしているので、ベッドに横になって次のシーズンを待つことはできない。

レースに勝つことができる人を助けなければならない。私はそこにいて忙しくしたかった。ビーチに横たわりたくはなかったが、例えばグルッペットに乗ってレースをしても楽しくないし簡単ではない。しかし、その理由を知り、それが適切なものであると理解できるなら、それはそれで大丈夫だ。

 

Photo Michał Kwiatkowski instagram

あなたがプログラムの変更を発表したとき、私はあなたの言葉に感動しました:「うまくいけば、すぐに自転車に乗って喜びを見つけることができるでしょう。」スポーツへの愛を失いましたか?

私は間違いなく喜びを失った。苦労しているとき、ツールの最後の週に乗ることは楽しくなかった。それは自分ではない。

グルペットに乗っているとき、それは自分の場所でないことに気づく。ライドにでかけたとしても、スケジュールに関係なく、自転車に乗っているだけになってしまう。

だが、今は違うね。以前の感覚を取り戻したんだ。今日もフルームと午前6時にライドに出かけた。トレーニングスケジュールにあったからではなく、やりたかったからだ。

 

それで、あなたは今、リフレッシュしていると感じていますか?

今のところ、気分がいい。休憩が必要だったんだ。すでに新鮮だと感じており、次のシーズンについて考えることが出来る。ツアー・ダウンアンダーから始めるつもりだ。ツール以来、その新鮮さにようやく追いついてきた。

今のところ、1日数時間走ることを楽しんでいるので、適切なオフシーズンの休憩が必要だとは感じていない。それが今必要なことです。私はすでに来シーズンを楽しみにしている。

 

2020年の計画は何ですか?

さいたまに来ようと決めた理由の一つに、オリンピックのコースを見るチャンスがあったからだよ。

それは来年の大きな目標となる。2017年と2018年に行ったようにツールに出たら、間違いなくオリンピックでレースすることができる。レースプログラムはあまり変わらないと思う。

理論的には、ツールでシーズンを終えたので、少し早く始めるつもりだ。ツアー・ダウンアンダーから始めるけど、プログラムは以前の年と同様で、おそらくアルガルヴェ、ストラーデビアンケ、ティレーノ、ミラノサンレモ、そしてアルデンヌクラシックを走る。

 

Photo Michał Kwiatkowski instagram

東京オリンピックコースで何を感じましたか?

私たちが走ったとは大雨で散々だった。富士山を車で走り、最後の60kmだけ走った。私の意見では、フィニッシュから30 kmの三国クライミングは、レースの決定的な瞬間になると思う。

平均勾配が10%の7kmもある。190km後、それはとても厳しいくなるだろう。山の頂上から危険な降下をしたリオに比べて、道路は素晴らしい。ここはあまり技術的ではないので、最高の脚を持つ男が勝つでしょう。

 

オリンピックはあなたにとって何を意味しますか?

代表チームのためのレースは常に素晴らしい機会です。だからこそ、ヨークシャーのチームの一員ではない時、泣きそうになった。

ラファエル・マイカがリオで銅メダルを獲得したとき、彼とレースすることがどれほど素晴らしいかを知っている。自分のベストなコンディションで東京でポーランドのために戦いたい。

 

スイスの世界選手権も丘があり、あなたにぴったりです…

遠い-遠すぎる。そもそも春のクラッックを走る必​​要があり、それからオリンピックが第2の目標なので、それほど先を見ているわけではありません。

長いシーズンになるので、2回のグランドツアーは走らない。2017年と2018年から考えて、バランスが取れたレース配分にすれば、ずっとパフォーマンスを維持できると確信している。

 

やはり、ミカウ・クウィアトコウスキーの不調の原因は慢性疲労だったようですね。すでに来年のレーススケジュールもアップされており、来シーズンの走りには期待出来そうです。

再び先頭で走るミカウ・クウィアトコウスキーの走りが見れそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました