ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネ第4ステージ BORAはブッフマンに捧げる勝利

海外情報
photo Critérium du Dauphiné twitter
この記事は約4分で読めます。

第4ステージが始まる前にエガン・ベルナルがスタートしないことに驚き。

 

レースがスタートして、29キロ地点でステファン・クライスヴァイクとエマヌエル・ブッフマンが落車してリタイヤとなる。

ステファン・クライスヴァイクは肩を脱臼。エマヌエル・ブッフマンは病院に運ばれており症状はまだわからない。

ブッフマンは総合3位、クライスヴァイクは17位の成績だったのに。

グレゴール・ミュールベルガーは腕をケガして一緒にリタイヤ。BORA – hansgroheはエースと共に二人を失い、Jumbo-Vismaは一人のリーダーを失う。

 

スポンサーリンク

Stage 4 » Ugine › Megève (153.5k)

第4ステージ photo aso

獲得標高4700mの山岳ステージ。レース序盤から4つの山岳ポイントがある。

エマヌエル・ブッフマンやステファン・クライスヴァイクが落車したのは、最初の1級山岳を越えてからの下り。

ゴール前30㎞地点には、超級山岳モンテ・ド・ビザンヌの登りも待ち構えている。ここでふるい落としがあるだろう。

 

tiz-cycling ストリーミングより 以下同様

残り48km地点の映像だが、クリス・フルームが先頭を引く場面も。今日は頑張っているなあ~と思っていたら、すぐに止めてしまった。

最後のひともがきだったようで、一気に下がっていく。

 

先頭ではワレン・バルギルが軽くアタック。

 

その頃、フルームは集団最後尾で、左隣のダリル・インピーと話していた。二人は来年からチームメイトですからね。

 

バーレーン・マクラーレンが集団を引く姿も見られる。FDJのように後ろについているほうが得策だと思うのですけど~。

 

逃げグループには、ジュリアン・アラフィリップの姿も。エースがいなくなったイネオスからは、ミカル・クウィアトコウスキーとディラン・フィンバーレの二人が入る。

下りでジュリアン・アラフリップがかっ飛ばすと、後ろの集団が少しペースを緩めたのか集団が大きくなる。

 

これはプリモシュ・ログリッチのおケツだけど、82kmで落車したためにレーパンが大きく破れている。反対側はもっとひどい。
これだけ破れればかなり痛みがあるはず。

ペースダウンは、これも影響したのか?

 

先頭集団がペースを緩めたために、ワウト・ファンアールトが戻ってきて先頭を引きだす。

Jumbo-Vismaは、セップ・クス、ロバート・ゲシング、ワウト・ファンアールト、プリモシュ・ログリッチの4人がいる。

対するイネオスはパヴェル・シヴァコフに前から降りて来たディラン・ファンバーレがついている。トーマスの姿は全く見れなかった。

 

先頭集団からは、山岳職人ケニー・エリッソンドがアタック。自分のための勝利をつかんでくれ~。

 

 

見えにくいが、ケニー・エリッソンドがアタックした場面。中央分離帯の右側から一人でアタック。

これには、みんなお見合いしてしまう。

 

ケニー・エリッソンド頑張れ~、と思っていたらダビ・デラクルス(UAE)が追いついてくる。二人共昨年までイネオスのチームメイト同士だ。

協力していくのかと思っていたから、後ろからレナード・ケムナ(BORA)がかっ飛んでくる。

 

レナード・ケムナは追いすがるダビ・デラクルスをラスト3.7kmで突き放す。

 

レナード・ケムナは、単独でゴールまで。エースのエマヌエル・ブッフマンの容態が分からない中、チームのために頑張った。

TTも得意で山岳も得意。これまでも何度も逃げに乗っており、将来有望な24歳のドイツ人だ。チームのエース候補となるのは間違いない。

逃げ集団は、豪華過ぎるメンバーだったが登りでは現在の実力が出た感じのレースだった。ジュリアン・アラフリップもまだ完全には調子が上がっていないようだ。

 

こちらは第4ステージのハイライト
Critérium du Dauphiné 2020 – Stage 4 – Stage highlights

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました