ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルは、2021ツールのコースを山頂ゴールが少ないと言う

海外情報
photo Tadej Pogačar instagram
この記事は約3分で読めます。

2020ツール・ド・フランスの王者、タデイ・ポガチャルは日曜日に発表された2021年のツールのルートについて、最初の考えを明らかにした。

ツール後に22歳の誕生日を迎えたタデイ・ポガチャルはタイトルを守るには山頂フニッシュが少ないとコメントしている。

山岳も強いけど、TTも強いのだから問題ないようにも思えますけどねえ~

 

スポンサーリンク

古典的なツールと表現

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Enjoying an easy riding in the off season ✌️ @colnagoworld @sciconsports @enervitsport @dmtcycling @met_helmets

Tadej Pogačar(@tadejpogacar)がシェアした投稿 –

 

タデイ・ポガチャルはチームのプレリリースで

これは興味深いルートだ。ここ数年よりも古典的なツール・ド・フランスのルートだ。

ブルターニュでの最初の週は、横風と悪天候の可能性があり、エキサイティングなはず。

その後、タイムトライアル(ステージ5)がうまくいくはずだ。それから、それはいくつかの非常に厳しいステージがあるアルプスに向かう。

そして1日に2回のモン・ヴァントゥは伝説的なステージになるだろう。2、3日は4,500m以上の登山があるので、非常に困難な日もあるはずだ。

ピレネー山脈のステージも私にぴったりだ。去年のブエルタ・ア・エスパーニャからの道も知っている。

 
今年のツールで、ポガチャルは驚異的な回復力で世界最高のクライマーとの戦いでも勝てることを証明した。

最後の個人タイムトライヤルでは、プリモッシュ・ログリッチの不調もあったが、驚異的なタイムで57秒差を逆転。

メーターなしで望んだTTで勝ったのは凄すぎる。

 

山頂の仕上げは3つしかない。理想的にはもう少し欲しかったが、それでも、ツールではいつものようにエキサイティングなレースを期待している。

と来年のルートについて語った。

タデイ・ポガチャルはオフシーズンで、イージーライドを楽しんでいる。ライバルだったプリモッシュ・ログリッチがブエルタで短いフルシーズンを戦っているのとは対照的だ。

来年にはどれだけ強くなるのだろう。彼を打ち負かすライダーは現れるのだろうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました