ロードバイクの情報を発信しています!

2023 トレ・ヴァリ・ヴァレジーヌ プリモッシュ・ログリッチとタデイ・ポガチャルが再び激突!

海外情報
Photo credit: Marco Trovò on VisualHunt.com
この記事は約14分で読めます。

1919年からイタリアのロンバルディア州ヴァレーゼ県で開催されているトレ・ヴァリ・ヴァレジーヌ 。プロシリーズカテゴリーのワンデーレース。Tre Valli Varesine(1.Pro)

過去の優勝者は

  • 2022   タデイ・ポガチャル
  • 2021    アレッサンドロ・デマルキ
  • 2019 プリモッシュ・ログリッチ
  • 2018 トムス・スクインシュ
  • 2017 アレクサンドル・ジェニエス
  • 2016 ソンニ・コルブレッリ
  • 2015 ヴィンチェンツォ・ニバリ
  • 2014 ミヒャエル・アルバジーニ
  • 2013 クリスティアン・ドゥラセック
  • 2012 デビッド・ヴェイユ
  • 2011 ダビデ・レベリン
  • 2010 ダン・マーティン

 

スポンサーリンク

ブストアルシチョ~ヴァレーゼ 196.3km

コースプロフィール photo trevallivaresine

 

ロンヴァルディア州ヴァレーゼ県の最南端にあるブストアルシチョからスタート。

北にまっすぐ進み、ヴァレーゼの街に入る。スタートから45 km後、ライダーは初めてフィニッシュラインに到達。ここから12.9kmのローカルサーキットを9周回走る。

最後は、25kmの周回を2周してゴール。ゴールも登っているので、インターバルに耐えたライダーだけがゴールで勝負となる。獲得標高は3,500m。

 

  1. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  2. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  3. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  4. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  5. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  6. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  7. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  8. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  9. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  10. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  11. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  12. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  13. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  14. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  15. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  16. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  17. 山岳 カズベノ 2.5km・4.9%
  18. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  19. 山岳 モロゾロ 1.6 km、7.8%
  20. 山岳 カシアゴ 1.8km・5.0%
  21. 山岳 モンテッロ 2km・5.2%
  22. 山岳 モロゾロ 1.6 km、7.8%
  23. 山岳 カシアゴ 1.8km・5.0%

 

注目されるライダーは

  • UAE Team Emirates タデイ・ポガチャル、ディエゴ・ウリッシ、アダム・イェーツ、ジェイ・ヴァイン
  • AG2R Citroën Team ベン・オコナー、ブノワ・コヌフロワ、フェリックス・ガル
  • Alpecin-Deceuninck クイントン・ヘルマンス、二コラ・コンチ
  • Astana Qazaqstan Team シモーネ・ヴィラスコ、ジャンニ・モスコン、ダビ・デラクラス
  • BORA – hansgrohe アレクサンドル・ウラソフ、ナード・ケムナ、ジェイ・ヒンドリー
  • Cofidis ギヨーム・マルタン、ヨン・イサギレ、ヴィクトル・ラフェ、ヘスス・エラダ
  • EF Education-EasyPost リチャル・カラパス、エスデバン・チャベス、リゴベルト・ウラン
  • Groupama – FDJ ヴァランタン・マデュアス、ティボー・ピノ
  • INEOS Grenadiers パヴェル・シヴァコフ、テイメン・アレンスマン、カルロス・ロドリゲス
  • Intermarché – Circus – Wanty ルイ・コスタ、ロレンツォ・ロタ、ルイス・メンチェス
  • Jumbo-Visma プリモッシュ・ログリッチ、テッシュ・ベノート、ウィルコ・ケルデルマン
  • Lidl – Trek ジュリオ・チッコーネ、バウケ・モレマ
  • Movistar Team エンリク・マス、アレクサンデル・アランブル
  • Soudal – Quick Step ジュリアン・アラフィリップ、イラン・ファンワイルダー
  • Team Arkéa Samsic ワレン・バルギル、ユエン・コスティウ
  • Team dsm – firmenich ロマン・バルデ
  • Team Jayco AlUla サイモン・イエーツ、マイケル・マシューズ、フィリッポ・ザナ
  • EOLO-Kometa ロレンツォ・フォルトゥナート、ヴィンチェンゾ・アルバネーゼ
  • Israel – Premier Tech ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ、ヤコブ・フルサン、ディラン・トゥーンス、マイケル・ウッズ
  • Lotto Dstny エドゥアルド・セプルベダ、アンドレアス・クローン、マキシム・ファンジルス
  • Q36.5 Pro Cycling Team ジャンルーカ・ブランビッラ、マーク・ドノヴァン
  • TotalEnergies ピエール・ラトゥール

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ディフェンディグチャンピオンのタデイ・ポガチャル。

 

スタート前には、何か表彰されていた。

 

プリモッシュ・ログリッチは、好調を維持している。数日前の、ジロ・デッレミリアではタディ・ポガチャルを破っている。

 

INEOS Grenadiersは、パヴェル・シヴァコフに、テイメン・アレンスマン、カルロス・ロドリゲスといる。

 

Soudal – Quick Stepは、ジュリアン・アラフィリップが良い走りが出来るだろうか。

 

 

Groupama – FDJのティボー・ピノは、残りレースが少なくなっている。イル・ロンバルディアに向けてコンデションをあげないといけない。

 

ニュートラルスタート。

 

スタートから勢い良く飛び出すが、これは決まらない。

 

集団が追いついてくる。

 

当初は12人が逃げていた。

  1. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team
  2. レミ・ロシャス Cofidis
  3. フランチェスコ・ブサット (Intermarché Circus Wanty)
  4. ゴンサロ・セラノ Movistar Team
  5. ユエン・コスティウ Team Arkéa Samsic
  6. エリック・フェッター (Eolo Kometa)
  7. Alessio Martinelli (Green Project Bardiani Csf Faizanè)
  8. ウォーター・カルゾーニ Q36.5 Pro Cycling Team
  9. ジャンルーカ・ブランビッラ Q36.5 Pro Cycling Team
  10. Matteo Vercher (Total Energies)
  11. ナットネル・テスファション Lidl-Trek
  12. ケヴィン・ファルマーケ Team dsm – firmenich

 

8人の逃げ

残り106.5kmで3分58秒差。8人が残っている。

  1. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team
  2. レミ・ロシャス Cofidis
  3. フランチェスコ・ブサット (Intermarché Circus Wanty)
  4. ゴンサロ・セラノ Movistar Team
  5. エリック・フェッター (Eolo Kometa)
  6. Alessio Martinelli (Green Project Bardiani Csf Faizanè)
  7. ウォルター・カルゾーニ Q36.5 Pro Cycling Team
  8. ジャンルーカ・ブランビッラ Q36.5 Pro Cycling Team

 

こちらは先頭から切れた3人。もう集団に捕まるだろう。

  1. Matteo Vercher (Total Energies)
  2. ナットネル・テスファション Lidl-Trek
  3. ケヴィン・ファルマーケ Team dsm – firmenich

 

先頭から切れたメンバーが集団に捕まる。

 

残り6周

集団は3分33秒差で通過。

 

残り71.7kmで3分22秒差に。先頭は5人に。

  1. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team
  2. レミ・ロシャス Cofidis
  3. エリック・フェッター (Eolo Kometa)
  4. ウォルター・カルゾーニ Q36.5 Pro Cycling Team
  5. フランチェスコ・ブサット (Intermarché Circus Wanty)

 

ジュリアン・アラフィリップとパヴェル・シヴァコフが追走に出ている。

 

先頭からちぎれたQ36.5 Pro Cycling Teamのジャンルーカ・ブランビッラが二人についていたが、切れてしまう。集団まで10秒しかないので、見えている。

 

追走は3人に。

  1. ジュリアン・アラフィリップ Soudal – Quick Step
  2. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  3. パヴェル・シヴァコフ INEOS Grenadiers

 

危険な3人の逃げは、集団に捕まった。集団はJumbo-VismaとUAE Team Emiratesが引く。

 

残り4周

残り49km。まだ、登りが4回あるので勝負はまだだろう。

 

残り37.2km。31秒まで迫られた。

 

先頭はバラバラに。

 

タディ・ポガチャルは、しっかりとプリモッシュ・ログリッチをマークして走っている。

 

先頭は2人に。

  1. フランチェスコ・ブサット (Intermarché Circus Wanty)
  2. ウォルター・カルゾーニ Q36.5 Pro Cycling Team

 

先頭はワレン・バルギルとウィルコ・ケルデルマンに捕まった。

 

残り27.5km。集団まで8秒。

 

ウォーター・カルゾーニは最初から逃げているのでキツソウ。

  1. ウィルコ・ケルデルマン Jumbo-Visma
  2. ワレン・バルギル Team Arkéa Samsic
  3. ウォルター・カルゾーニ Q36.5 Pro Cycling Team

 

集団からEF Education-EasyPostのリゴベルト・ウランがアタック。

 

残り2周

残り2周で15秒差に。

 

残り23.9kmで18秒差。

 

山岳 モンテッロ 2km・5.2%

モンテッロに登る。

 

ワレン・バルギルもTeam Arkéa Samsicでのエース役は降りることになる。

 

残り15.7km。3人は15秒差で逃げ続ける。

 

山岳 モンテッロ 2km・5.2%

3人の後ろに集団が迫る。

 

リゴベルト・ウランが抜いていく。

 

なんと、ここでウォルター・カルゾーニがまたもアタック。

 

あれだけ逃げていたのに、どこにエネルギーがあるのか。

 

だが集団は後ろ。

 

Cofidisのヨン・イサギレ先頭で追ってくる。

 

ウォルター・カルゾーニは捕まった。

 

残り10.9km。リチャル・カラパスが前で攻める。

 

イラン・ファンワイルダーが、後ろを見ながら前に。

 

Soudal – Quick Stepのイラン・ファンワイルダーが誰も来ないので踏み込んだ。AG2R Citroën Teamのベン・オコナーは追いつかない。

 

これは抜け出したか。

 

残り7.6km。追走にはタディ・ポガチャル、プリモッシュ・ログリッチ、エンリク・マスと揃っている。

 

残り5.6km。15秒差でイラン・ファンワイルダーは逃げる。

 

これはお見合い状態だ。

 

あまりにも追走のメンバーが良すぎる。

 

残り1.9kmで21秒と開く。

 

二人いるチームがないので捨て身で引くアシストがいない。

 

追走からリチャル・カラパスがアタック!

 

しかし、イラン・ファンワイルダーは、もう残り900mだ。

 

残り600m。リチャル・カラパスは完全に追走から抜け出した。

 

イラン・ファンワイルダーがゴールに単独で戻ってくる。

 

イラン・ファンワイルダーが、キャリア最大の勝利を得た。後ろの面々が凄い。ツール覇者タディ・ポガチャル、ブエルタ覇者プリモッシュ・ログリッチ、ジロ覇者でオリンピックチャンピンのリチャル・カラパスを破っての勝利は痛快だろう。

イラン・ファンワイルダーは、今シーズンの3勝目をあげた。

 

リチャル・カラパスは見事な抜け出しで2位となった。

 

スポンサーリンク

リザルト

イラン・ファンワイルダーのコメント

実際にはペースを上げたかっただけだ。しかし、ギャップがあることに気づいたとき、私はフィニッシュに向かって進み続けることに決めた。

チームリーダーのダヴィデ・ブラマティはサポートカーの中で完全に狂ってしまった。彼は私に最後までタイムトライアルをしなければならないと言った。そしてそれが私がやったことなのだ。

Jumbo-Vismaとの合併の話については、どう考えているのですか?

この勝利をチームメイト全員に捧げます。私たちはただこのようなことをやめて、 Soudal Quick-Stepとして続けたいと思っている。私たち自身は十分に強いのです!

 

2位のリチャル・カラパスのコメント

レースは小集団によるスプリントで終わるかに見えたが、イランはアタックする適切なタイミングを選んだ。

正直、イラン・ファンワイルダーの攻撃は見ていなかったが、彼はすぐに違いを生み出した。この2位には満足している。長い期間かけて強化と回復を続けてきた結果、良い結果となった。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step 200 4:36:11
2
 CARAPAZ Richard
EF Education-EasyPost 150 0:16
3
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 125 0:18
4
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma 100 ,,
5
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 85 ,,
6
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech 70 ,,
7
 ZANA Filippo
Team Jayco AlUla 60 ,,
8
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 50 ,,
9
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 40 ,,
10
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team 35 ,,
11
 MAS Enric
Movistar Team 30 ,,
12
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates 25 0:45
13
 GRÉGOIRE Romain
Groupama – FDJ 20 ,,
14
 SBARAGLI Kristian
Alpecin-Deceuninck 15 ,,
15
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny 10 ,,
16
 COSTA Rui
Intermarché – Circus – Wanty 5 ,,
17
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma 5 ,,
18
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team 5 ,,
19
 LATOUR Pierre
TotalEnergies 5 ,,
20
 BARDET Romain
Team dsm – firmenich 5 ,,
21
 ROTA Lorenzo
Intermarché – Circus – Wanty 5 ,,
22
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 5 ,,
23
 CHAMPOUSSIN Clément
Team Arkéa Samsic 5 ,,
24
 BENOOT Tiesj
Jumbo-Visma 5 ,,
25
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ 5 ,,
26
 VALTER Attila
Jumbo-Visma 5 ,,
27
 PIGANZOLI Davide
EOLO-Kometa 5 ,,
28
 VINE Jay
UAE Team Emirates 5 ,,
29
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team 5 ,,
30
 CALZONI Walter 
Q36.5 Pro Cycling Team 5 ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました