ロードバイクの情報を発信しています!

2023 バンシュ〜シメイ〜バンシュ アルノー・デリーの進撃は止められるか?

海外情報
Photo credit: Grotevriendelijkereus on VisualHunt
この記事は約12分で読めます。

ベルギーのエノー州で行われる1クラスのワンデイレース。Binche – Chimay – Binche / Mémorial Frank Vandenbroucke(1.1)

レースには、メモリアル・フランク・ファンデンブルックの名前がついている。

フランク・ファンデンブルックは、ベルギーのサイクリストで、51勝をあげたが晩年は膝の痛みなどでうつ病に。2007年に亡くなっている。

1931年から途絶えていたが、1984年に復活。2010年になってメモリアル・フランク・ファンデンブルックの名前がついている。

 

過去10年の優勝者は

  • 2022   クリストフ・ラポルト
  • 2021 ダニー・ファンポッペル
  • 2019  トム・ファン・アスブロック
  • 2018   ダニー・ファンボッペル
  • 2017 ジャスバー・デブイスト
  • 2016 アルノー・デマール
  • 2015 ラモン・シンケルダム
  • 2014 ゼネク・スティバル
  • 2013 レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ
  • 2012 アダム・ブライス
  • 2011 リュディガー・ゼーリッヒ
  • 2010 エリア・ヴィヴィアーニ

 

スポンサーリンク

バンシュ~バンシュ  198.6km

コースプロフィール photo binche-chimay-binche.be

 

レース名の通り、パンシュからシメイ、そしてパンシュにゴールするコース。

バンシュのグロートマルクからスタート。比較的フラットなコースを走り38kmでシメイに到着。

ゴール前は、16.2kmのローカルラップを5周。ゴール手前900mには410mの石畳の登りペピニエールがある。ゴール前はカーブも多く、登っており位置取りが大事となる。

 

  1. スプリントポイント シメイ
  2. 石畳 バンシュ
  3. 石畳 バンシュ
  4. 石畳 バンシュ
  5. 石畳 バンシュ

 

注目されるライダーは

  • Soudal – Quick Step ファビオ・ヤコブセン、イヴ・ランパールト、カスパー・アスグリーン、イーサン・バーノン
  • Alpecin-Deceuninck セーアン・クラーウアナスン、ドリース・デポンド、ジャンニ・フェルメルシュ
  • AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーベルマート、スタン・デウルフ
  • Cofidis アクセル・ザングレ
  • Lotto Dstny アルノー・デリー、パスカル・エーンクホーン
  • Intermarché – Circus – Wanty マイク・テウニッセン、ビニヤム・ギルマイ、アンネ・マリット
  • Groupama – FDJ ルイス・アスキー
  • Team Arkéa Samsic ユーゴ・オフステテール
  • Lidl – Trek ジャスバー・ストゥイヴェン、エドワード・トゥーンス、クイン・シモンズ
  • UAE Team Emirates パスカル・アッカーマン、マッテオ・トレンティン
  • Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ、デレク・ジー
  • TotalEnergies エドヴァルド・ボアッソンハーゲン
  • Uno-X Pro Cycling Team ラスムス・ティレル

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

注目は、Lotto-Dstnyのアルノー・デリー。彼を止めるのは誰だ?

 

Soudal – Quick Stepのファビオ・ヤコブセンはチームでの最後のレースでは。

 

  

Intermarché – Circus – Wantyは、ビニヤム・ギルマイが狙うか。

 

UAE Team Emiratesのマッテオ・トレンティンもチームでのレースは、残り3レース。

 

Lidl-Trekは、ジャスバー・ストゥイヴェンで狙うのか。

 

AG2R Citroën Teamのグレッグ・ファンアーベルマートは、残り2レース。ベルギーでは最後のレースとなる。アルノー・デリーと並んで先頭に。

 

ニュートラルスタート。

 

4人の逃げ

Alpecin-Deceuninckのドリース・デポンドを含む4人の逃げ。

  1. ドリース・デポンド Alpecin-Deceuninck
  2. ライアン・ギボンズ UAE Team Emirates
  3. Unai Cuadrado(Euskaltel – Euskadi )
  4. Mats Wenzel(Leopard TOGT Pro Cycling)

 

残り78.4km。集団はLidl-Trekのクイン・シモンズが引いている。後ろは、Lotto-Dstny。

 

集団からGroupama – FDJのエンツォ・パレーニが単独アタック。

 

残り50.2kmで集団まで1分42秒差。ドリース・デポンドは、集団が近づいたら、いつものようにアタックだろう。

 

先頭は石畳の登りで崩壊してしまった。

 

残り3周

先頭は残り3周に。

  1. ドリース・デポンド Alpecin-Deceuninck
  2. ライアン・ギボンズ UAE Team Emirates

 

Team Arkéa Samsicのユーゴ・オフステテールはパンク。

 

先頭からちぎれた2人にGroupama – FDJのエンツォ・パレーニが追いつく。ただ、集団は18秒後ろにいる。

  1. エンツォ・パレーニ Groupama – FDJ
  2. Unai Cuadrado(Euskaltel – Euskadi )
  3. Mats Wenzel(Leopard TOGT Pro Cycling)

 

残り43.7kmで、集団まで2分2秒差に。

 

残り2周

先頭は、集団まで1分34秒差で通過。

 

2人が追走に出て、前で走るエンツォ・パレーニに合流。

  1. イヴ・ランパールト Soudal – Quick Step
  2. スタン・デウルフ AG2R Citroën Team
  3. エンツォ・パレーニ Groupama – FDJ

 

危険な追走はすぐに捕まる。

 

集団から先頭まで12秒に。飛び出しがかかっている。

 

集団が先頭に迫る。

 

AG2R Citroën Teamのグレッグ・ファンアーベルマートは集団の最後尾付近。

 

ドリース・デポンドが粘る。

 

最後は、先頭を引き倒して吸収されていった。

 

集団から抜け出しがかかる。

 

残り1周

石畳で少しギャップが。

 

二人が前で逃げている。13秒差。

  1. キャスパー・ピーダスン Soudal – Quick Step
  2. ユーゴ・パージ Intermarché – Circus – Wanty

 

残り6km。この後、二人は捕まってしまう。

 

残り3.3km。Lidl-Trekが集団を引く。

 

まだ、Lidl-Trekが引いている。

 

落車が。Groupama – FDJとSoudal – Quick Step、あと2人くらい落車。

 

残り1.1km。まだLidl-Trekが先頭を支配。

 

Lidl-Trekのジャスバー・ストゥイヴェンとエドワード・トゥーンスが先頭。Lotto-Dstnyのアルノー・デリーは見えない。先ほどの落車で出遅れている。

 

この石畳の登りでAlpecin-Deceuninckのセーアン・クラーウアナスンがアタック!

 

セーアン・クラーウアナスンが大きくリードしている。

 

セーアン・クラーウアナスンの後ろは、エドワード・トゥーンス。アルノー・デリーは、少し離れている。

 

セーアン・クラーウアナスンをエドワード・トゥーンスが捕らえた。が、大外からTeam Arkéa Samsicのルーカ・モッツァートが凄い勢いできた。

 

ルーカ・モッツァートはどこから現れたのかというほどの追い込み。

 

なんと、先頭を争っていた二人はゴール手前ギリギリで抜き去った!

 

ルーカ・モッツァートがガッツボーズ。

 

セーアン・クラーウアナスンはハンドルを叩いて悔しがる。

 

ルーカ・モッツァートは、B&B Hotels – KTMの解散から、Team Arkéa Samsicに移籍。2023 ツール・ド・リムザン第2ステージで、プロ初勝利。

 

今回がプロ2回めの勝利となった。Team Arkéa Samsicも獲得して正解だったという訳だ。

 

ベルギー最後のレースをグレッグ・ファンアーベルマートは、28位でゴール。パリ~トゥールが最後のレースとなる。

 

スポンサーリンク

リザルト

ルカ・モザットのコメント

ストレスの多い一日。本当に常に先頭からレースをしなければならなかった。そして、緊張で爆発しそうな小隊にも対処しなければなりません。とはいえ、その絶え間ないストレスもこの競争の一部です。

もちろん完成できたことはとても嬉しいです。あまりにも早く始めたらチャンスを台無しにしてしまうだろうということは分かっていた。

ただし、このような決勝戦では、多少の運も必要です。セーアン・クラーウアナスンとエドワード・トゥーンスには素晴らしい参照点があった。

 

2位のエドワード・トゥーンスのコメント

とても残念だ。セーアン・クラーウアナスンを追い抜いたとき、勝利へ向かっていると思った。残り50メートルの時点でまだ先頭に立っていたが、本当に勝てると感じていた。

他のライダーが追い越したら、それは残念なことだ。しかし、もう限界だった。彼のタンクにはまだ何かが残っていた。

チームは私に大きな信頼を寄せていた。私より少し多いかもしれない(笑)。残念だが、自分の状態が良いことを証明できた。そして今週はあと2回チャンスがあるだろう。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MOZZATO Luca
Team Arkéa Samsic 125 4:22:54
2
 THEUNS Edward
Lidl – Trek 85 ,,
3
 KRAGH ANDERSEN Søren
Alpecin-Deceuninck 70 ,,
4
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates 60 ,,
5
 VAN GESTEL Dries
TotalEnergies 50 ,,
6
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 40 0:03
7
 SÉNÉCHAL Florian
Soudal – Quick Step 35 ,,
8
 TEUNISSEN Mike
Intermarché – Circus – Wanty 30 ,,
9
 HOFSTETTER Hugo
Team Arkéa Samsic 25 ,,
10
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty 20 ,,
11
 TILLER Rasmus
Uno-X Pro Cycling Team 15 ,,
12
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech 10 ,,
13
 DAUPHIN Florian
Team Arkéa Samsic 5 ,,
14
 STUYVEN Jasper
Lidl – Trek 5 ,,
15
 STOKBRO Andreas
Leopard TOGT Pro Cycling 5 0:08
16
 DEWULF Stan
AG2R Citroën Team 3 ,,
17
 NAESEN Oliver
AG2R Citroën Team 3 ,,
18
 CAPIOT Amaury
Team Arkéa Samsic 3 ,,
19
 VERNON Ethan
Soudal – Quick Step 3 ,,
20
 ASGREEN Kasper
Soudal – Quick Step 3 ,,
21
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Circus – Wanty 3 ,,
22
 RENARD Alexis
Cofidis 3 0:14
23
 VAN ROOY Kenneth
Bingoal WB 3 ,,
24
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health 3 ,,
25
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi 3 ,,
26
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech   ,,
27
 DESAL Ceriel
Bingoal WB   ,,
28
 VAN AVERMAET Greg
AG2R Citroën Team   ,,
29
 VERMEERSCH Gianni
Alpecin-Deceuninck   0:17
30
 LÓPEZ DE ABETXUKO Andoni
Euskaltel – Euskadi   0:18
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました