ロードバイクの情報を発信しています!

Tudor Pro Cycling Teamは、マッテオ・トレンティン、マイケル・ストーラーなど7人を獲得

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

ファビアン・カンチェラーラは来シーズンに向けて7人もの移籍を発表している。

  • マッテオ・トレンティン UAE Team Emirates
  • アルベルト・ダイネーゼ Team dsm – firmenich
  • マリウス・マイヤーホーファー Team dsm – firmenich
  • フロリアン・ストーク Team dsm – firmenich
  • アレクサンダー・クリガー Alpecin-Deceuninck
  • マイケル・ストーラー Groupama – FDJ
  • ハンネス・ヴィルクス Tudor Pro Cycling Team U23

スイスのTudor Pro Cycling Teamは大量移籍でチーム強化だ。

 

スポンサーリンク

マッテオ・トレンティン 3年契約

 

注目は、マッテオ・トレンティンだ。34歳で3年契約ということはキャリアの最後までTudor Pro Cycling Teamに奉げるということになる。

  • ツール・ド・フランス ステージ3勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ ステージ4勝
  • ジロ・デ・イタリア ステージ1勝
  • パリ~ニース ステージ2勝
  • 2015・2017パリ~パリ・トゥール優勝
  • 2018 欧州選手権ロード優勝

2023世界選手権では、イタリア代表のロードキャプテンとして走る。キャリア29勝だが、2022年も3勝をあげる活躍をしている。

Tudor Pro Cycling Teamの中心選手としてチームの底上げをはかる。

 

マイケル・ストーラー 3年契約

 

2018年にTeam Sumwebでプロキャリアをスタート。プロ4年目に2021ツール・ド・レンで初勝利と共に総合優勝を飾った。

 

ツール・ド・レンの好調さを2021ブエルタにも持ち込む。第7ステージと第10ステージを逃げ切り勝利し、最終的に山岳賞も獲得した。

ただ、2022年は勝利がなく、2023年もツール・ド・レン最終ステージで優勝と総合優勝を決めるまでは、しばらく勝利がない状態だった。

マイケル・ストーラーは、Tudor Pro Cycling Teamの山岳エースとしてUCIポイントの獲得に期待がかかる。

 

アルベルト・ダイネーゼ 3年契約

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Alberto Dainese (@alberto_daino)

 

イタリアンスプリンターは、2022年・2023年とジロ・デ・イタリアでステージ優勝している。

特に、2023第17ステージでは、多くのスプリンターがゴールで並んだが、それを勝ち取っている。

 

大舞台で勝利する所が素晴らしい。Team dsm – firmenichからは3人もの移籍をしている。Tudor Pro Cycling Teamの2023年UCIポイントランキングは25位。

2023年は20人体制だったが、2024年は現在27名が契約となっている。上位に食い込むのは、厳しい状態だけど7人の補強でチームの底上げを狙っていく。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました