ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・ルーヴェン・メモリアル・ジェフ・シェーレン クラシックさながらのレースを制したのは?

海外情報
Photo credit: barnyz on Visualhunt.com
この記事は約11分で読めます。

ベルギーのワンデーレース。ツアー・オブ・ルーヴェン・メモリアル・ジェフ・シェーレン。Tour of Leuven – Memorial Jef Scherens(1.1)

1932年~1937年の世界自転車選手権プロ・スプリント6連覇を達成したジェフ・シェーレンを称えて1963年に始まった大会。

 

過去の優勝者は

  • 2022   ヴィクトール・カンペナールツ
  • 2021  ニコロ・ボニファツィオ
  • 2019  ニコロ・ボニファツィオ
  • 2018 ジャスバー・ストゥイヴェン
  • 2017 ダニー・ファンポッペル
  • 2016  ティモシー・デュポン
  • 2015  ビェルン・ルクマンス
  • 2014  アンドレ・グライペル 
  • 2013  ベルト・バッケル 
  • 2012  ケートーヴェン・スティーブン

 

スポンサーリンク

ルーヴェン~ルーヴェン 192.4km

コースプロフィール photo tourofleuven

 

ベルギーらしく、前半に4か所の石畳が用意されている。さらに、後半は14kmのルーヴェンサーキットを5周。常に細かなアップダウンが続く。

2021世界選手権ロードと全く同じコースではないけれど、ルーヴェンサーキットと言うとジュリアン・アラフィリップの独走が思い起こされる。

 

最後は、昨年のようにスプリントとなるか逃げが勝つかといったコース。

 

注目のライダーは

  • Alpecin-Deceuninck ティモ・キーリッヒ、ジャンニ・フェルメルシュ
  • Intermarché – Circus – Wanty ダニー・ファンポッペル、アンネ・マリット
  • Cofidis アクセル・ザングレ
  • Team Arkéa Samsic アルノー・デマール、デビット・デッカー
  • Lotto Dstny アルノー・デリー、ヴィクトール・カンペナールツ
  • Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  • TotalEnergies アントニー・テュルジス、ジェイソン・テッソン

 

スタート

ニュートラルスタートに。昨年優勝のヴィクトール・カンペナールツが先頭。

 

4人の逃げ

残り76kmで4人が30秒差で逃げている。

  1. HECHT Gage(Human Powered Health)
  2. ピム・ロンハール Baloise – Trek Lions
  3. REINDERINK Pepijn (Soudal – Quick-Step Devo Team)
  4. STOCKMAN Abram (TDT-Unibet Cycling Team)

 

集団からは抜け出しがかかり始めている。

 

先頭に4人が合流。

 

集団から追走が二人。Lotto-Dstnyはアリエン・リヴィンズ。

 

逃げは全て消滅。

 

二人が逃げだした。

  1. アクセル・ローランス Alpecin-Deceuninck
  2. STOCKMAN Abram (TDT-Unibet Cycling Team)

 

世界選手権U23王者が早くも足を見せる。

 

15秒差で集団は追っている。残り56.5km。

 

追走が一人追いついて先頭3人に。しかし、11秒差と集団から離れることは出来ない。

 

残り4周

集団は射程圏内で逃げをコントロール。

 

Alpecin-Deceuninckのジャンニ・フェルメルシュがパンク。

 

ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)

先頭は4人に。しかし、タイム差は10秒しかない。

 

先頭は8人となったけれど、タイム差はほとんどない。

 

残り44km。先頭は捕まる。

 

残り3周

クラシックのような感じの走りで残り3周に。

 

Lotto-Dstnyのアルノー・デリーが前で攻撃している。スプリントを狙わないのか。

 

ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)

二人がスモールギャップ。

 

残り25.8km。Lotto-Dstnyが前を固める。アルノー・デリーでスプリントを狙う。

 

残り18.8kmで4人が前に。しかし、Lotto-Dstnyのヴィクトール・カンペナールツは最後尾で邪魔をしている。今日はスプリントをチームは狙っている。

  1. ヴィクトール・カンペナールツ Lotto-Dstny
  2. スタン・ファントリヒト Soudal – Quick Step developer Team
  3. ボーツ・ジョーディ TDT-Unibet Cycling Team
  4. アクセル・ローランス Alpecin-Deceuninck

 

シントアントニウスベルク(5.5%で230m、最大11%)

集団は10秒も離れていない。

 

先頭にLotto-Dstnyが3人の体制に。セドリック・ビューレンスがアルノー・デリーを連れてきた。完璧だ。

 

残り1周

集団もバラバラになっている。

 

カイザースベルク(6.6%で290m、最大9%)

アルノー・デリーは、しっかりとヴィクトール・カンペナールツの引きについている。これは勝ち逃げだ。

 

先頭にはLotto-Dstnyが3人。

  1. ヴィクトール・カンペナールツ Lotto-Dstny
  2. アルノー・デリー Lotto-Dstny
  3. セドリック・ビューレンス Lotto-Dstny
  4. アクセル・ザングレ Cofidis
  5. スタン・ファントリヒト Soudal – Quick Step developer Team
  6. ボーツ・ジョーディ TDT-Unibet Cycling Team
  7. アクセル・ローランス Alpecin-Deceuninck

 

ヴィクトール・カンペナールツが引きまくっているので、アルノー・デリーはスプリントだけを狙えば良い。

 

ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)

スタン・ファントリヒトがアタック!

 

しかし、アルノー・デリーは離れない。この引きでセドリック・ビューレンスが切れてしまう。

 

シントアントニウスベルク(5.5%で230m、最大11%)

今度は、Cofidisのアクセル・ザングレがアタック。

 

しかし、アルノー・デリーは離れない。牽制して、ヴィクトール・カンペナールツを前に戻す。

 

残り2.4km。再びヴィクトール・カンペナールツが先頭を引く。

 

TDT-Unibet Cycling Teamのボーツ・ジョーディがアタック。

 

ヴィクトール・カンペナールツが追い詰めていく。一気には追い詰めない。

 

ゴール前で、ボーツ・ジョーディをヴィクトール・カンペナールツが捕まえた。

 

ヴィクトール・カンペナールツが最後の引きを見せる。

 

ここでSoudal – Quick Stepの開発チームから出場したスタン・ファントリヒトがスプリント開始。

 

アルノー・デリーが反応。後ろはAlpecin-Deceuninckのアクセル・ローランス。

 

アルノー・デリーがスタン・ファントリヒトを捕らえた。

 

アルノー・デリーが天を指さしてゴール!

この意味はなんのだろうか。2日前のフランスのワンデーレース、ラ・ポリノルマンドでは髭を指さしていたけど。

 

これでアルノー・デリーは、今シーズンの7勝目となった。

 

敗れたスタン・ファントリヒトと、アクセル・ローランスはがっくりと肩を落とす。

 

アルノー・デリーを完璧にアシストしたヴィクトール・カンペナールツが、牛のポーズをした後に万歳ゴール。完璧なチームの勝利だ。

牛のポーズは、アルノー・デリーの「レシェレの雄牛」を表している。

 

スポンサーリンク

リザルト

アルノー・デリーのコメントのコメント

チーム全体が素晴らしかった。私たちはコースをよく知っていた。ベケ通りで厳しい戦いをしたかった。コースを強化したかったのだ。

ヴィクトール・カンペナールツは非常に強かったが、チーム全体が一流だった。雰囲気は素晴らしく、本当に良い。

逃げ仲間のアクセル・ザングレが早めにスプリントを開始したが、特に若いスタン・ファントリヒトが手強い競争相手であることが判明しましたね。

これほど小さな集団でスプリントするのは難しい。アクセルはすでに300m以上の地点からスタートしており、とても驚いた。

立ち止まったとき、スタン・ファントリヒトはすぐに立ち直った。彼はとてもスピードがあったが、私はそれを乗り越えることができた。私の足はまだ素晴らしかった。

5月に負った怪我は問題ないようですね。

順調に進んでいます。リヴィーニョでは良い高地トレーニングができた。ツール・ド・ワロニーでは大きな自信を得た。すぐにまた何回も勝てるようになるのが夢だ。

 

2位のスタン・ファントリヒトのコメント

最大限の力を発揮できたと思う。Lotto-Dstnyは強かったし、攻撃的に走っていた。我々は彼らに仕事をさせたが、それでも決勝ではまだそこにいた。

 

3位のアクセル・ローランスのコメント

U23世界選手権後、こんなに早くこの脚が出るとは予想していなかった。その結果、いくつかミスもしてしまった。

決勝に乗れるとは思ってなかったし、すでにたくさんの努力をしてきたつもりだった。それでも何とか到着できたが、スプリントで疲れ果ててしまった。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 125 4:29:07
2
 VAN TRICHT Stan
Soudal – Quick-Step Devo Team 85 ,,
3
 LAURANCE Axel
Alpecin-Deceuninck 70 0:01
4
 ZINGLE Axel
Cofidis 60 ,,
5
 BOUTS Jordy
TDT-Unibet Cycling Team 50 0:08
6
 CAMPENAERTS Victor
Lotto Dstny 40 0:11
7
 BEULLENS Cedric
Lotto Dstny 35 0:57
8
 PEYSKENS Dimitri
Bingoal WB 30 1:03
9
 LIVYNS Arjen
Lotto Dstny 25 1:16
10
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech 20 ,,
11
 KIELICH Timo
Alpecin-Deceuninck 15 ,,
12
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty 10 ,,
13
 VAN ROOY Kenneth
Bingoal WB 5 ,,
14
 OLDANI Stefano
Alpecin-Deceuninck 5 ,,
15
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health 5 ,,
16
 DE VRIES Hartthijs
TDT-Unibet Cycling Team 3 ,,
17
 TOWNSEND Rory
Bolton Equities Black Spoke 3 ,,
18
 DÉMARE Arnaud
Team Arkéa Samsic 3 ,,
19
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team 3 ,,
20
 DE PESTEL Sander
Team Flanders – Baloise 3 ,,
21
 VANHOOF Ward
Team Flanders – Baloise 3 ,,
22
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 3 ,,
23
 CROCKETT Finn
Saint Piran 3 ,,
24
 VANDENBULCKE Alex
Tarteletto – Isorex 3 ,,
25
 STOCKMAN Abram
TDT-Unibet Cycling Team 3 ,,
26
 BIRCHILL Harry
Saint Piran   ,,
27
 VAN GESTEL Dries
    ,,
28
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech   ,,
29
 KYFFIN Zeb
Saint Piran   ,,
30
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech   ,,

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました