ロードバイクの情報を発信しています!

2023 オンループ・ヘットニュースブラッド   ベルギーのウィークエンドクラシックを制したのは誰だ?

海外情報
Photo credit: ukhh on VisualHunt.com
この記事は約16分で読めます。

ベルギーでのクラシックシーズンが開幕。まずは、オンループ・ヘットニュースブラッド。Omloop Het Nieuwsblad Elite(1.UWT)

翌日のクールネ~ブリュッセル~クールネと並んでベルギーのオープニングウィークエンドと呼ばれている。

ロンド・ファン・フラーンデレンやパリ~ルーベへと向かうおよそ1ヶ月間の北のクラシックの開幕となるレースだ。

 

歴代優勝者

  • 2022   ワウト・ファンアールト
  • 2021 ダヴィデ・バッレリーニ
  • 2020 ジャスパー・ストゥイヴェン
  • 2019 ゼネク・スティバル
  • 2018 ミケル・ヴァルグレン
  • 2017 グレッグ・ファンアーヴェルマート
  • 2016 グレッグ・ファンアーヴェルマート
  • 2015 イアン・スタナード
  • 2014 イアン・スタナード
  • 2013  PAOLINI Luca
  • 2012 セップ・ファンマルク

 

スポンサーリンク

歴史

 

1945年、ベルギーの日刊紙を発行していたへット・フォルク(Het Volk)社が、ヘット・ニウスブラット(Het Nieuwsblad)が主催しているロンド・ファン・フラーンデレンに対抗して設けたられたレース。

ロンド・ファン・フラーンデレンは1913年から始まっている。

このコースは以前はオンループ・へット・フォルク(Omloop het Volk)と呼ばれていた。2009年にヘットフォルク紙がヘットニュースブラッド紙と合併したために、現在のオンループ・ヘットニュースブラッドの名称となった。

2017年にHCからUCIワールドツアーに格上げされている。1960年、1986年、2004年は、豪雪により中止。2月ですからね。

 

ゲント~ニノーヴェ 207.3km

コースマップ photo omloophetnieuwsblad

 

ゲントのメレルベーケからスタート。ズワールム地域とオーデナールデを通過していく。

 

コースプロフィール photo omloophetnieuwsblad

 

2018年から、ロンド・ファン・フラーンデレンのフニッシュレイアウトを採用し、ゴール前16kmに伝説の「カペルミュール」、そして約12km手前に「ボスベルク」が待ち受けるコース。

ほぼ、昨年と変わらないコース。13の石畳の急坂と9つの玉石のセクターが選手の足を奪っていく、北のクラッシック伝統のレースが始まる。

 

  1. Haaghoek  石畳
  2. Leberg
  3. Lange Munte 石畳
  4. Kattenberg 石畳の登り
  5. Holleweg 石畳
  6. Haaghoek 石畳
  7. Leberg
  8. Paddestraat 石畳
  9. Hostellerie
  10. Valkenberg
  11. Holleweg 石畳
  12. ウォルベンバーグ
  13. Kerkgate  石畳
  14. Jagerij   石畳
  15. Molenberg  石畳の登り
  16. Haaghoek    石畳
  17. Leberg
  18. Berendries
  19. Elvernberg-Vossenhol
  20. カペルミュール   石畳の登り
  21. ボスベルク  石畳の登り

 

注目のライダーは

  •  Jumbo-Visma ティシュ・ベノート、クリストフ・ラポルト、ディラン・ファンバーレ
  •  Soudal – Quick Step イブ・ランパールト
  •  Intermarché – Circus – Wanty 
  •  Alpecin-Deceuninck ジャンパー・フィリップセン
  •  AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーヴェルマート、オリバー・ナーセン、ブノワ・コヌフロワ
  •  Astana Qazaqstan Team ルイスレオン・サンチェス
  •  Bahrain – Victorious マテイ・モホリッチ、フレッド・ライト
  •  BORA – hansgrohe ニルス・ポリッツ、ヨルディ・メーウス
  •  Cofidis アクセル・ザングレ
  •  EF Education-EasyPost シュテファン・ビッセガー、ヨナス・ルッチ
  •  Groupama – FDJ シュテファン・キュング
  •  INEOS Grenadiers トム・ピドコック、マグナス・シェフィールド、コナー・スウィフト、ベン・ターナー
  •  Movistar Team イバン・ガルシア
  •  Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレイ
  •  Team DSM ジョン・デゲンコルプ
  •  Team Jayco AlUla ゼネク・スティバル、
  •  Trek – Segafredo ジャスバー・ストゥイヴェン、バウケ・モレマ
  •  UAE Team Emirates ティム・ウェレンス、マッテオ・トレンティン
  •  Lotto Dstny ヴィクトール・カンペナールツ
  •  Israel – Premier Tech セップ・ファンマルク
  •  TotalEnergies サガン、アントニー・テュルジス
  •  Uno-X Pro Cycling Team アレクサンダー・クリストフ

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

優勝候補の一人、トム・ピドコックはレース前に愛犬との別れを惜しんでいた。今日の優勝候補の一人だ。

 

天気はよさそうだ。

 

オフィシャルスタートからアタックがかかる。

 

7人の逃げ

7人が逃げている。

  1. イエール・ワライス Cofidis
  2. マティアス・イェルゲンセン Movistar Team
  3. マティス・ルベール Team Arkéa Samsic
  4. ルイス・ブロウ Bingoal  WB
  5. アダム・ドヴォス Human Powered Health
  6. ジル・デウィルデ Team Flanders – Baloise
  7. アレックス・コルマン Team Flanders – Baloise

 

レースの序盤、INEOS Grenadiersのベン・ターナーが落車。肘を骨折してリタイヤしている。2023ブエルタ・シクリスタ・ムルシア・コスタ・カリカプロ初勝利をあげていたのに残念。

 

残り90kmで6人が追走をかけている。

  1.  ヤン・トラトニク Jumbo-Visma
  2. ネイサン・ファンフーイドンク Jumbo-Visma
  3. フレッド・ライト Bahrain Victorious
  4. マルコ・ハーラー BORA – hansgrohe
  5. コナー・スウィフト INEOS Grenadiers
  6. ケランド・オブライエン Team Jayco AlUla

 

残り78km。先頭まで3分24秒差。

 

Hostellerie

先頭は後続まで1分57秒差。先頭集団は、追走に追いついて貰いたいところでは。

 

おっと、Soudal – Quick Stepのティム・デクレルがカーブで落車だ。Team DSMは、ニルス・エークホフ。

 

UAE Team Emiratesのパスカル・アッカーマンは、集団から切れていく。

 

先頭には2015ドワルス・ドール・フラーンデレンを獲得したイエール・ワライス(Cofidis)がいる。だが、この3年勝利がない。

 

コナー・スウィフトを含む追走は集団から逃げ切れない。これは捕まりそうだ。

 

残り65kmで追走集団は捕まってしまった。

 

集団からカウンターアタックがあるかと思ったら何もなし。落ち着いている。

 

アレクサンダー・クリストフはエアロヘルメットかぶってますね。

 

これは、決定的な勝負はまだ先だ。

 

Holleweg

先頭は石畳の登りに。

 

Wolvenberg

先頭はタイム差43秒となった。

 

ヤン・トラトニクの登りの引きで、集団は一列棒状になっている。

 

残り52kmで25秒まで先頭は迫られた。

 

BORA – hansgroheのニルス・ポリッツも仕掛ける。

 

なんと、Lotto-Dstnyのアルノー・デリーがバイクチェンジ。落車したようだ。これは痛い。

 

先頭は崩壊して、イエール・ワライスなど3人だけが残っている。

  1. イエール・ワライス Cofidis
  2. マティアス・イェルゲンセン Movistar Team
  3. マティス・ルベール Team Arkéa Samsic

 

AG2R Citroën Teamのオリバー・ナーセンもパンク。

 

残り48km。これはスプリントになるということないよね。

 

逃げていたライダーが二人集団に捕まる。

 

二人がクラッシュ。

  • アントニー・テュルジス TotalEnergies
  • COLMAN Alex (Team Flanders – Baloise)

 

先頭は18秒に迫られる。

 

Jumbo-Vismaは列車を組んだ。

 

マールボロストラート

クリストフ・ラポルトがアタック!

 

先頭にクリストフ・ラポルトが迫る。

 

この動きで一気に先頭は捕まった。

 

前に良いメンバーが集まったのだけど、決まらない。パンクしていたアルノー・デリーもいるぞ。

 

Groupama – FDJのシュテファン・キュング、クリストフ・ラポルトが仕掛ける。

 

少し落ち着いて所で、左からディラン・ファンバーレがアタック!

 

ディラン・ファンバーレのアタックにBahrain Victoriousのジョナサン・ミランと、Lotto-Dstnyのフロリアン・シェネシャルが反応。

 

後ろはJumbo-Vismaが抑える。

 

先頭は4人が抜け出した。

  1. ディラン・ファンバーレ Jumbo-Visma
  2. フロリアン・シェネシャル Lotto-Dstny
  3. ジョナサン・ミラン Bahrain Victorious
  4. マティス・ルベール Team Arkéa Samsic

 

Haaghoek

追走は二人。

  1. ケヴィン・ゲニッツ Groupama – FDJ
  2. ジャスバー・ストゥイヴェン Trek-Segafredo

 

17秒のリード。

 

Leberg

これはチャンスだ。

 

追走に27秒差。ディラン・ファンバーレがいるので逃げ切るぞ。

 

残り31km。タイム差は、48秒に。

 

トム・ピドコックが上げるがJumbo-Vismaが邪魔をする。

 

先頭からLotto-Dstnyのフロリアン・シェネシャルと、ジョナサン・ミランが遅れる。

 

先頭は二人に。

  1. ディラン・ファンバーレ Jumbo-Visma
  2. マティス・ルベール Team Arkéa Samsic

 

Jumbo-Vismaが先頭でフタをする。

 

ディラン・ファンバーレが前に出ろよというのだけど、マティス・ルベールは前に出ない。まあ、最初から逃げていたので足はもうない。

 

追走の二人は捕まって集団先頭を引く。

 

残り23kmで44秒差。残るはカペルミュールとボスベルグだけだ。

 

集団は膨らむばかりで、上手く機能していない。

 

先頭から切れた二人は、まだ集団の前を走っている。

 

ヤン・トラトニクはパンク。これはJumbo-Vismaにとっては痛い。

 

残り20km。タイム差は39秒ある。

 

しかし、ディラン・ファンバーレは引きっぱなしだ。

 

カペルミュール

先頭二人は、カペルミュールに入った。

 

集団は誰が出るか。

 

あっと、先頭からマティス・ルベールが切れた。

 

追走から、ティム・ウェレンスとマテイ・モホリッチが仕掛ける。

 

ディラン・ファンバーレは単独でカペルミュールを越える。

 

ティム・ウェレンスとマテイ・モホリッチがマティス・ルベールを抜いていく。

 

二人の後ろからくるのは、なんとアルノー・デリーだ。

 

なんだ。このスプリンターは。クリストフ・ラポルトよりも前でカペルミュールを上がっているぞ。

 

アルノー・デリーが身体を振って上がっていく。

 

クリストフ・ラポルトもきつそうだ。

 

後続はもうバイクを押している。

 

トム・ピドコックは10番手当たりで越えていく。後ろは、EF Education-EasyPostのオウィエン・ドゥールだ。

 

4人が追走となった。だが、クリストフ・ラポルトが後ろでフタをしているぞ。

  1. クリストフ・ラポルト Jumbo-Visma
  2. アルノー・デリー Lotto-Dstny
  3. ティム・ウェレンス UAE Team Emirates
  4. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious

 

ディラン・ファンバーレはゴールに向かうだけだ。

 

トム・ピドコックは後続グループ。だが、上手く回らない。

 

ボスベルク

ディラン・ファンバーレの後ろに追走は見えない。

 

集団はシュテファン・キュングが引く。

 

Jumbo-Vismaは完璧だ。追走が追いつけば、クリストフ・ラポルトで勝負だ。

 

トム・ピドコックは集団に捕まり先頭を引くしかない。

 

残り8.7km。ディラン・ファンバーレは、このままいけそうだ。

 

残り2kmのゲートが見えてきた。後続には30秒のタイム差をつけている。

 

アルノー・デリーは表彰台を狙いたいところ。

 

ディラン・ファンバーレがゴールに帰ってきた。

 

ディラン・ファンバーレは、移籍第1戦で見事な独走勝利を見せてくれた。しかも、先頭グループから3人を叩き落としての勝利は圧巻だ。

昨年のワウト・ファンアールトに続いて、Jumbo-Vismaが勝利。しかも、後続では昨年同様Jumbo-Vismaが先頭を追わせない完璧な走りを見せた。

今年もJumbo-Vismaがクラシックを席捲しそうな感じを見せている。

 

2位には、集団においつかれたLotto-Dstnyのアルノー・デリーが根性で勝ちとった。なんだ、この男は。3位はクリストフ・ラポルト。Jumbo-Vismaは、表彰台に二人を送り込んでいる。

 

スポンサーリンク

リザルト

ディラン・ファンバーレのコメント

私は信じられないほど幸せだ。この勝利は私のリストの非常に高いところにある。

遠いところから、攻撃を開始したのは何故?

本能。チームから本能を使うように言われたので、そうした。私は自分の瞬間を見て、両手でそれをつかんだ。

それはまた、タフな試合にするという私たちの計画にも適合している。自分は、時々後ろから少し離れていたが、他の人が前にいたとしてもそれは問題ではない。彼らは本当に信じられないほどの仕事をしてくれた。チームに感謝だ。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 VAN BAARLE Dylan
Jumbo-Visma 300 4:54:49
2
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 250 0:20
3
 LAPORTE Christophe
Jumbo-Visma 215 ,,
4
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 175 ,,
5
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 120 ,,
6
 BALLERINI Davide
Soudal – Quick Step 115 ,,
7
 POLITT Nils
BORA – hansgrohe 95 ,,
8
 PASQUALON Andrea
Bahrain – Victorious 75 ,,
9
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates 60 ,,
10
 VANMARCKE Sep
Israel – Premier Tech 50 ,,
11
 TEUNISSEN Mike
Intermarché – Circus – Wanty 40 ,,
12
 ALLEGAERT Piet
Cofidis 35 ,,
13
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic 30 ,,
14
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe 25 ,,
15
 BENOOT Tiesj
Jumbo-Visma 20 ,,
16
 DOULL Owain
EF Education-EasyPost 20 ,,
17
 STEWART Jake
Groupama – FDJ 20 ,,
18
 JORGENSON Matteo
Movistar Team 20 ,,
19
 NAESEN Oliver
AG2R Citroën Team 20 ,,
20
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost 20 ,,
21
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 12 ,,
22
 SHEFFIELD Magnus
INEOS Grenadiers 12 ,,
23
 LE BERRE Mathis
Team Arkéa Samsic 12 ,,
24
 RUTSCH Jonas
EF Education-EasyPost 12 ,,
25
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ 12 ,,
26
 WELLENS Tim
UAE Team Emirates 12 ,,
27
 GENIETS Kevin
Groupama – FDJ 12 0:28
28
 KOCH Jonas
BORA – hansgrohe 12 0:32
29
 VAN DEN BERG Julius
EF Education-EasyPost 12 0:37
30
 VAN HOOYDONCK Nathan
Jumbo-Visma 12 0:42
こちらはハイライト動画

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました