ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・フランス第10ステージ スプリンターステージを勝利したのはまさかの~

海外情報
Photo credit: Joanbrebo on VisualHunt.com
この記事は約14分で読めます。

あまりにも激し過ぎた第1週を終わって、いよいよ第2週にはいる。

第2週のステージは

  • 第10ステージ アルベールヴィル〜ヴァランス 190.7㎞(平坦)
  • 第11ステージ ソルグ~マロセーヌ 198.9km(山岳)
  • 第12ステージ サン・ポール・トロワ・シャトー〜ニーム 159.4㎞(平坦)
  • 第13ステージ ニーム~カルカソンヌ 219.9㎞(平坦)
  • 第14ステージ カルカソンヌ〜キヨン 183.7㎞(丘陵)
  • 第15ステージ セレ~アンドラ・ラ・ベリャ 191.3km(山岳)

今日は、久々の平坦ステージのような気かする。

 

ここまでのスプリンターのリタイヤは

すでに、第3ステージで勝利したティム・メルリエもいないのだからスプリントの勝利者は新しい顔ぶれが並んできそうだ。

マーク・カヴェンディシュは、第9ステージはタイムアウトギリギリでゴールした。勝利したかと思うほどの喜びようだったけれど。

さあ、第2週最初のスプリンターステージは誰が勝利するだろうか?

 

スポンサーリンク

第10ステージ アルベールヴィル〜ヴァランス 190.7㎞

第10ステージ photo letour

 

サヴォワ県のアルベールヴィルからスタート。1992年には冬季オリンピックも開催された場所だ。

今日は4級山岳とスプリントポイントが1か所ずつ。

  1. 4級山岳 コル・ド・クーズ 7.4km・2.8%
  2. スプリントポイント プロット

 

これくらいの勾配だと、スプリンターでも登れるので、サガンのためにBORA-hansgroheが引きまくるということもないだろう。

サガンより登れるソンニ・コルブレッリもいるし純粋なスプリンターの争いになるのではないかな。

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

大ベテラン、アンドレ・グライペル。今年は、2勝をあげておりツールでも活躍が期待されるが、第1ステージで落車しており、第4ステージの10位が最高だ。

 

マイケル・マシューズにもチャンスは出てくるかな。第1ステージで2位となってから4位、9位と勝利が遠い。2017年のポイント賞を獲得もしており、パリまで残ればチャンスはある。

 

コティディスのクリストフ・ラポルトにもチャンスは出てくるか。ここまで第1ステージの5位が最高。ツールでは2位が最高順位だ。

 

8度目のグリーンジャージを狙うサガンだが、ボイント賞争いでは現在72ポイントで8位。かなり厳しい位置にいる。やはりステージ勝利が欲しい。

 

今日も主役となるのかマーク・カヴェンディシュ。今日はゴールでチェーンがどうなるか見ておこう。

 

 

第10ステージ スタートでの4賞

  • 総合 タディ・ポガチャル(UAE Team Emirates)
  • ポイント賞   マーク・カヴェンディシュ(Deceuninck-Quick-Step)
  • 山岳賞 ナイロ・キンタナ(Team Arkéa-Samsic)
  • 新人賞 ヨナス・ヴィンゲコー(UAE Team Emirates)

新人賞は2位のヨナス・ヴィンゲコーが着用。

 

逃げは2人

スタートアタックはかからず、じゃあ逃げようかと言う感じで前にでたけどすぐに捕まる。

 

 Lotto Soudalの157. Tosh Van der Sande(トッシュ・ファンデルサンド)が飛び出す。カレブ・ユアンがいないから誰かが逃げに乗らないといけない。

 

明日も忙しいから今日は休みのようで、二人で決まりのようだ。長い旅になりそう。

  1. 157. Tosh Van der Sande(トッシュ・ファンデルサンド) Lotto Soudal
  2. 186. Hugo Houle(ユーゴ・ウル)Astana-Premier Tech

 

4級山岳 コル・ド・クーズ 7.4km・2.8%

集団先頭はTeam DSMが引いている。ケース・ボルでスプリントを狙うのだろうけど、事前情報では、コンデション不良というのを聞いている。スブリントに絡めるのかな。

 

4級山岳は、ユーゴ・ウルがトップ通過して1ポイント獲得。タイム差は3分くらいしか与えられない。

 

集団は、ティム・デクレルが引いており、後ろにはヨナス・ヴィンゲコーをエースとして戦うユンボ・ヴィズマが陣取っている。

 

スプリントポイント プロット

集団後方で落車。トレックのマッズ・ピーダスンとTotal Energiesのジュリアン・シモンが落車したが、なんとか走り出す。

 

1位通過は、トッシュ・ファンデルサンド

 

スプリントポイントでは、マイケル・マシューズ、サガン、ジャスパー・フィリップセン、ソンニコルブレッリが狙う。

登りでのスプリントなのでマーク・カヴェンディシュには厳しく参加出来ていない。

 

3位通過は、登りに強いソンニ・コルブレッリ。15ポイント追加で136ポイントの3位となる。ゴールをゲットすれば50ポイント追加でポイントトップとなる。

4位はマイケル・マシューズ。

 

トッシュ・ファンデルサンドは、ロット一筋の30歳。カレブ・ユアンのスプリトントレインの一人だ。

 

タイム差は86.8kmで1分35秒と縮まる。全くタイム差は与えない。

 

アルケア・サムシックも集団牽引に加わる。こうして多くのスプリンターチームが牽引すれば、タイム差が保たれる。

 

山岳賞となったナイロ・キンタナのアシストには相棒のコナー・スウィフトが当たる。

 

おっと落車発生。ワウト・ファンアールトの手前だ。

  • セップ・クス (Team Jumbo-Visma)
  • マイク・テウニッセン (Team Jumbo-Visma)
  • リッチー・ポート (INEOS Grenadiers)

 

イネオスの、リッチー・ポートが座り込んでいる。

 

 

すぐにトレインを組んで復帰を目指す。

 

リッチー・ポートは、肘を少しこすったようだ。クリテリウム・ドーフィネ総合優勝した時の調子の良さはなく現在総合39位。

 

残り46.5kmで22秒と詰められてきた。流石に多くのチームが横一線で走ると一気にタイムが縮まってしまう。

 

なんと、残り38.2kmでトッシュ・ファンデルサンドが離脱した。まあ、元々スプリンターですからね。

 

逃げるのを止めたトッシュ・ファンデルサンドは、すぐに集団に捕まる。

 

ポイントのない登りで、Team BikeExchangeが先頭を引く。

 

この後、逃げていたユーゴ・ウルも捕まってしまう。

 

集団先頭は世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップがガンガンに引く。

 

先頭が70km/hで下っているので、後ろはもっとスピードが出ているだろう。

 

イタリアチャンピオンのソンニ・コルブレッリがパンクで遅れた。だが、チームメイトのマルコ・ハーラーが待っており集団復帰を果たす。

 

BORA-hansgroheの引きで、縦に伸びていた集団から20人が前に飛び出す。だが、しっかりとマーク・カヴェンディシュもついているので、全てのスプリンターが落とせた訳ではない。

 

集団はバラバラだ。最初は20人程度だったが、タデイ・ポガチャルは、単独で追いついてきた。これは決まりそうだけど。

 

少しだけ攻撃が緩んで、集団が戻りつつある。

 

集団は縦に長く伸びているが、先頭に追いついたのは80人ほど。

 

後方に取り残されたゲラント・トーマスやリッチー・ポート、クリス・フルームらは追っていない。スプリンターは全て前のグループにいるので問題はなさそうだ。

 

ラスト5kmでディラン・ファンバーレがリチャル・カラパスを引き連れて上がってきた。

 

ジュリアン・アラフィリップが手で制して先頭を引き始める。ショーの始まりだ。

 

世界チャンピオンが先頭を引く。

 

一旦、Team DSMがトップにたち、ケース・ボルをセットアップ。

 

ラスト1.2kmからカスバー・アスグリーンが引く。スピードマンの速さに誰も前に出れない。

 

カスパー・アスグーンが引きまくる。

 

カスバー・アスグーンは残り600mまで引く。マーク・カヴェンディシュは3番手で完璧だ。

 

 

ゴールになだれ込む。ダヴィデ・バッレリーニが引いている。

 

ダヴィデ・バッレリーニが外れた。ミケル・モロコフが最後の発射台だ。

 

ミケル・モロコフのリードアウトを受けたマーク・カヴェンディシュが発射!

 

後ろから、ワウト・ファンアールトとジャスパー・フィリップセンが追い込む!

 

あ~、だが、マーク・カヴェンディシュが勝利だ~!

なんと、ツールでハットトリックを決めてしまった。もう、手がつけられないぞ~。

 

また、マーク・カヴェンディシュはべダルを止めている。チェーンは落ちてないかい?

これで、マーク・カヴェンディシュは50ポイントを追加。パリまで走れればグリーンジャージ獲得だ。

 

こちらはハイライト動画
Tour de France 2021 Stage 10 Highlights | Another Big Win In The Fight For Green

 

リザルト

第10ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 CAVENDISH Mark
Deceuninck – Quick Step1201004:14:07
2
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma5070,,
3
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix2550,,
4
 BOUHANNI Nacer
Team Arkéa Samsic1540,,
5
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange532,,
6
 MØRKØV Michael
Deceuninck – Quick Step 26,,
7
 GREIPEL André
Israel Start-Up Nation 22,,
8
 SAGAN Peter
BORA – hansgrohe 18,,
9
 TURGIS Anthony
Team TotalEnergies 14,,
10
 BOL Cees
Team DSM 10,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates2538:25:17
22
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team 2:01
33
 URÁN Rigoberto
EF Education – Nippo 5:18
44
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma 5:32
55
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers 5:33
66
 MAS Enric
Movistar Team 5:47
77
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe 5:58
88
 LUTSENKO Alexey
Astana – Premier Tech 6:12
99
 MARTIN Guillaume
Cofidis, Solutions Crédits 7:02
1010
 GAUDU David
Groupama – FDJ 7:22

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 CAVENDISH Mark
Deceuninck – Quick Step218
22
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange159
33
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious136
44
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix133
56▲1
 BOUHANNI Nacer
Team Arkéa Samsic117
65▼1
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step99
78▲1
 SAGAN Peter
BORA – hansgrohe92
87▼1
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates89
911▲2
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma77
109▼1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious62

マーク・カヴェンディシュは断トツとなった。これはパリまで行きたい。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 QUINTANA Nairo
Team Arkéa Samsic50
22
 WOODS Michael
Israel Start-Up Nation42
33
 POELS Wout
Bahrain – Victorious39
44
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team24
55
 HIGUITA Sergio
EF Education – Nippo22
66
 MARTIN Guillaume
Cofidis, Solutions Crédits14
77
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious11
88
 TEUNS Dylan
Bahrain – Victorious10
99
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates10
1010
 CATTANEO Mattia
Deceuninck – Quick Step9

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 POGAČAR Tadej
UAE-Team Emirates38:25:17
22
 VINGEGAARD Jonas
Team Jumbo-Visma5:32
33
 GAUDU David
Groupama – FDJ7:22
44
 PARET-PEINTRE Aurélien
AG2R Citroën Team11:54
55
 HIGUITA Sergio
EF Education – Nippo44:01
66
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ1:01:28
77
 HAMILTON Lucas
Team BikeExchange1:02:01
88
 DONOVAN Mark
Team DSM1:05:33
99
 POWLESS Neilson
EF Education – Nippo1:10:43
1010
 VAN MOER Brent
Lotto Soudal1:12:03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました