ロードバイクの情報を発信しています!

追悼:世界の頂点を目指していた才能あるクライマー、ジーノ・マーダー

海外情報
UnsplashCA Creativeが撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

2023年6月16日は、ジーノ・マーダーの命日としてサイクリングの歴史に刻まれる日となるだろう。

あまりにも、早すぎる死は、才能あるクライマーの未来をも奪ってしまった。

悲しみが去ることはないかもしれない。

 

スポンサーリンク

ジーノ・マーダー Bahrain Victorious

 

ジーノ・マーダーは、1997年1月4日に、スイスのFlawil の小さな村で生まれている。

スイス北東部のザンクト・ガレンとボーデン湖の近くで、シクロクロス、トラック、ロードサイクリングを組み合わせていた。

ジーノ・マーダーは、2015スイス選手権ジュニア王者を獲得。2018年にツアー・オブ・ハイナンの第6ステージでスイス代表のアマチュアとしてステージ優勝している。

2018世界選手権U23で4位となり、2019年からTeam Dimension Dataでワールドツアーデビュー。

2020年は、手首の骨折で長くレースに出れなかったが、初めてのグランドツアーとなった2020ブエルタでは、第17ステージでダディ・ゴジュに続いて2位。

総合でも20位に位置しており、当然NTTでは最高順位だった。これから、更に強くなるのは間違いない選手なのに何故か、NTTは延長契約しなかった。

 

ワールドツアーでの勝利

 

ジーノ・マーダーは、2021パリ~ニースで、ワールドツアー初勝利を目前としていた。

ジーノ・マーダーは、119kmのステージの早期離脱の最後の生存者。残り10kmではケニー・エリッソンド(Trek – Segafredo)とニールソン・ポーレス(EF Education – Nippo)しか残っていなかった。

そしてラスト5kmからは、一人でフルガスで走り続ける。

ゴールは目の前だった。だが、無情にも総合トップのプリモッシュ・ログリッチはゴール手前20mで、マーダーを抜き去ってしまう。

この時、ジーノ・マーダーは泣きそうになったと。

 

だが、ワールドツアー初勝利は、すぐにやってくる。2021ジロ・デ・イタリア第6ステージで逃げ切り勝利した。この時には、パリ~ニースでプリモッシュ・ログリッチに抜かれたことを思い出しながら、走ったという。

 

続く、ツール・ド・スイス最終ステージでも勝利をあげている。

 

環境保護

 

ジーノ・マーダーは、心優しき人だ。2021ブエルタ・ア・エスパーニャでは、自分が上回ったライダーの数を一人1ユーロとして環境団体に募金する活動を行った。

熱心な気候変動活動家でもあり、地球温暖化を阻止し、氷河の融解を防ぐために戦った。小さなころには、スイスの氷河を見て育ったそうだ。それが失われていると。

2021年のブエルタでは、総合5位でゴール。新人賞も獲得。寄付金額は4529ユーロ(約59万円)となった。

 

その活動は2022年のブエルタでも続いた。

今シーズンも、パリ~ニースでは総合5位。これから世界のトップに旅立つ準備が出来ていたのに、本当に残念な結果となってしまった。

安らかに眠って貰いたい。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました