ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・スイス第8ステージ リチャル・カラパスはリゴベルト・ウランのアタックをしのいだのか?

海外情報
Photo credit: mikelo on Visualhunt
この記事は約14分で読めます。

ツール・ド・スイスも最終日を向かえる。

第7ステージの個人タイムトライヤルのリゴベルト・ウランのタイムは突出しており、2位のジュリアン・アラフィリップよりも、40秒もタイムが良いというのは凄いことだ。

皆驚いたけど、本人が一番驚いていたようだ。ブエルタで大けがを負った時には、引退も考えたというから完璧な状態に戻ったと言っても良い。

最終ステージでは、17秒しかリチャル・カラパスとタイム差がない。是非、リゴベルト・ウランの逆転のアタックを期待したい。

 

スポンサーリンク

第8ステージ

第8ステージ photo tourdesuisse

 

スイスツアーの最終ステージはクイーンステージとなる。

しかし、第6ステージと同様に、このステージはすでにいくつかの変更が加えられている。たとえば、ズステン峠は閉鎖されており、コースに使われない。

スタートとフィニッシュは、アンデルマットで行われ、途中に3つの山岳ポイントがある。

今回の山岳ポイントは3か所

  1. 1級山岳 オーバーアルプ峠 10.9km・5.5%
  2. 1級山岳   ルクマニエ峠   15.8km・5.4%
  3. 超級山岳   ゴッタルド峠  13.2km・6.7%

 

獲得標高は3,560mとなる。超級山岳ゴッダルド峠頂上からゴールまでは15km降下しないといけない。

この時は、総合優勝者が決まっているだろう。リチャル・カラパスは攻撃を防げるかな。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

今日はスタート前から放送開始。

 

 

第8ステージでの4賞。

  • 総合リーダー リチャル・カラパス (INEOS Grenadiers)
  • ポイント賞  シュテファン・ビッセガー (EF Education-Nippo)
  • 山岳賞  アントニオ・ニバリ(Trek – Segafredo)
  • 新人賞 アンドレアス・レクネスンド(Team DSM)

 

1級山岳 オーバーアルプ峠 10.9km・5.5%

リアルスタートからモビスターのALBA Juan Diegoがアタック。

 

これをすぐに、ワウト・プールスが抜いていく。1級山岳頂上までは6kmくらいでつく。

 

先頭は、早くもばらけてきそうだ。

 

スタートから何キロも走ってないのだけど、すでに集団は一列棒状でバラバラ。美しい風景だけど、選手はそれどころではないでしょうね。

 

集団から、山岳賞を守るためにアントニオ・ニバリがアタックをかけるが決まらない。

 

ワウト・プールスは1級山岳を1位通過したが、下りで5人に追いつかれてしまう。結構がっかりしている。

 

集団からは、抜け出しをはかろうと多くのライダーがペースを上げる。

 

さらに、後方からシュテファン・キュングら3人がおいついてきそうだ。

 

1級山岳   ルクマニエ峠   15.8km・5.4%

9人となった先頭集団。タイム差は55秒と中々開かない。ワウト・プールスは5分58秒遅れなので逃がして貰えるとは思えないし。

 

集団先頭には、UAEとイネオスも少しずつ前に上がってきた。タイム差が開く前にコントロールする予定だろう。

 

先頭は人数が増えて10人。

 

さらに、4人が14秒で追っており人数が増えそうだ。

 

超級山岳   ゴッタルド峠  13.2km・6.7%

残り60kmで人数は、15人と巨大な人数になる。

 

ここで、Team DSMのセーアン・クラーウアナスンがアタック!

 

 

だが、セーアン・クラーウアナスンのアタックは決まらない。

 

先頭集団は何度か分裂を繰りかえすが、ついに4人が22秒程度の差をつけて抜け出した。後続は8人。

メイン集団とは1分37秒。

  1.  ドリス・デヴェナインス Deceuninck-Quick-Step
  2. ナンズ・ピーターズ  AG2R Citroën Team
  3. ティシュ・ベノート  Team DSM
  4. セーアン・クラーウアナスン Team BikeExchange 

 

おっと、後方からBahrain Victoriousの、ハーマン・ベーンシュタイナーが追いついてくる。

 

集団は逃げていた、山岳賞のアントニオ・ニバリも捕まえる。リゴベルト・ウランの最後の攻撃のために、EF Education-Nippoが引く。

すでに、逃げいたメンバーは捕まっており、現在前にいるのは5人だけだ。

 

ハーマン・ベーンシュタイナーがアタック!  後ろのドリス・デヴェナインスが切れてしまう。

 

さらにナンズ・ピーターズも切れてしまう。

  1. ナンズ・ピーターズ  AG2R Citroën Team
  2. ティシュ・ベノート  Team DSM
  3. ハーマン・ベーンシュタイナー Bahrain Victorious

 

残り26.3kmでタイム差は23秒。22km/hのスビードで420wでティシュ・ベノートは登っている。

  1. ティシュ・ベノート  Team DSM
  2. ハーマン・ベーンシュタイナー Bahrain Victorious

 

ついにイネオスが先頭に。これは力を溜めているのでトレインを引き続けるのでは。リゴベルト・ウランの逆襲は難しいぞ。

 

路面はガタガタで石畳のように見える。ハーマン・ベーンシュタイナーがずっと引いている。

 

ティシュ・ベノートが先頭交代してペースを上げている。

 

追う集団も21人しかいない。

 

ハーマン・ベーンシュタイナーがアタックだ。

 

単独で頂上を目指す。タイム差は16秒と詰められている。

 

ティシュ・ベノートはあっと言う間に集団に飲み込まれてしまう。イネオスはパヴェル・シヴァコフがひいている。

 

ハーマン・ベーンシュタイナーはタイム差を20秒として集団から逃げ続ける。路面はまた悪くなった。こんな石畳みたいな登りだとキツイだろう。

 

イネオスのアシストを崩壊させるために、EF Education-Nippoのニールソン・ポーレスがアタック。

イネオスは、パヴェル・シヴァコフからローハン・デニスが前を引いている。

 

ニールソン・ポーレスは、ハーマン・ベーンシュタイナーを抜いていく。

 

どこまでニールソン・ポーレスはいけるか。

 

後方は、エディ・ダンパーが引いている。

 

ここでリゴベルト・ウランがアタック!

 

リチャル・カラパスがすぐに後ろにつく。道の良い端をみんな走っている。

 

リゴベルト・ウランはリチャル・カラパスを振り切ろうとするがピッタリとつかれている。

 

リゴベルト・ウラン、リチャル・カラパス、マイケル・ウッズの順だ。

 

あっと、ここでマイケル・ウッズがアタック!

 

続いて、マッティオ・カッタネオがアタック!

 

追走集団はエディ・ダンパーが引く。

 

マッティオ・カッタネオはマイケル・ウッズに追いついた。後方集団は見えないぞ。

 

追走集団からBahrain Victoriousのジーノ・マーダーがアタック!

 

マイケル・ウッズは、マッティオ・カッタネオを引きちぎって単独で超級山岳頂上を目指す。

 

ジーノ・マーダーは、マッティオ・カッタネオを抜いていく。

 

マイケル・ウッズが超級山岳頂上を1位通過。

 

2番手はジーノ・マーダー。3番手のマッティオ・カッタネオは、後ろの集団に捕まってしまう。

 

エディ・ダンパーが、7人の集団を引く。

 

マイケル・ウッズは、単独で下る。ゴッタルド峠を1位通過したので、山岳賞を獲得だ。

 

猛烈なスビードで追走集団が追い詰めていく。先頭はエディ・ダンパー。

 

あっと、ジーノ・マーダーがマイケル・ウッズに追いついた。残り7.9kmで11秒のタイム差。

 

エディ・ダンパーがカラパスを置いて、下りでスパート!

それにルイ・コスタが反応する。

 

残り3.2km。逃げ切れるか?

 

後方はまたエディ・ダンパーがカラパスを引いている。うしろは、リゴベルト・ウラン、ヤコブ・フルサンの並び。

 

さあ、ラスト1kmのゲートを越えたぞ。これは二人のスプリント勝負だ。

 

マイケル・ウッズが、先頭でスプリントに入る。

 

ジーノ・マーダーが並んだ。ジーノ・マーダーは凄くスプリントする感じでなく、軽く抜いて行った。

 

ジーノ・マーダーがトップで通過。ジロのステージ優勝に続いて今シーズン2勝目だ。

昨日の個人TTでも3位に入っており、次に出場するブエルタでは期待できるではないかな。

 

リチャル・カラパスはエディ・ダンパーに守られてゴール。リゴベルト・ウランの逆転を許すことなく総合優勝を飾った。

これはツールでもリーダーの一人として考えてないといけなくなるのではないかな。イネオスは強力なメンバーばかりでエース選びが大変だ。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第5ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 MÄDER GinoBahrain – Victorious60504:06:25
2 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation2530,,
3 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step10180:09
4 DUNBAR EddieINEOS Grenadiers 13,,
5 CARAPAZ RichardINEOS Grenadiers 10,,
6 COSTA RuiUAE-Team Emirates 7,,
7 URÁN RigobertoEF Education – Nippo 4,,
8 POZZOVIVO DomenicoTeam Qhubeka ASSOS 3,,
9 FUGLSANG JakobAstana – Premier Tech 2,,
10 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe 10:21

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
11 CARAPAZ RichardINEOS Grenadiers50025024:44:01
22 URÁN RigobertoEF Education – Nippo4001900:17
35▲2 FUGLSANG JakobAstana – Premier Tech3251601:15
44 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe2751401:19
56▲1 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation2251202:55
67▲1 POZZOVIVO DomenicoTeam Qhubeka ASSOS1751103:16
79▲2 COSTA RuiUAE-Team Emirates1501003:43
88 OOMEN SamTeam Jumbo-Visma125904:16
911▲2 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step100804:39
1010 CHAVES EstebanTeam BikeExchange85705:33

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 BISSEGGER StefanEF Education – Nippo21
27▲5 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step20
32▼1 CARAPAZ RichardINEOS Grenadiers18
418▲14 MÄDER GinoBahrain – Victorious18
58▲3 KÜNG StefanGroupama – FDJ16
63▼3 IMHOF ClaudioSwitzerland16
715▲8 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation15
85▼3 URÁN RigobertoEF Education – Nippo14
96▼3 KRON AndreasLotto Soudal14
109▼1 ROSSKOPF JoeyRally Cycling12

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
111▲10 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation29
24▲2 DE LA CRUZ DavidUAE-Team Emirates29
35▲2 SAMITIER SergioMovistar Team29
41▼3 NIBALI AntonioTrek – Segafredo28
5  POELS WoutBahrain – Victorious24
624▲18 MÄDER GinoBahrain – Victorious19
73▼4 URÁN RigobertoEF Education – Nippo16
817▲9 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step16
97▼2 MANNION GavinRally Cycling14
1013▲3 FUGLSANG JakobAstana – Premier Tech14

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
12▲1 DUNBAR EddieINEOS Grenadiers24:50:16
23▲1 POWLESS NeilsonEF Education – Nippo1:39
34▲1 KRON AndreasLotto Soudal7:26
41▼3 LEKNESSUND AndreasTeam DSM11:12
55 DE BOD StefanAstana – Premier Tech12:03
69▲3 MÄDER GinoBahrain – Victorious15:06
77 LEEMREIZE GijsTeam Jumbo-Visma15:20
88 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates22:47
96▼3 MUÑOZ Cristian CamiloUAE-Team Emirates23:46
1012▲2 WILLIAMS StephenBahrain – Victorious28:52

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました