ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第9ステージ 休息日前の山岳ステージを制したのは?

海外情報
Photo by Aldric RIVAT on Unsplash
この記事は約10分で読めます。

第1週だけでも様々なドラマのあったジロ・デ・イタリア。

休息日前の山岳ステージでは間違いなく、総合も動いてくるだろう。現在の総合1位はジョアン・アルメイダ(Deceuninck – Quick Step)。

2位のペリョ・ビルバオ(Bahrain McLaren)までは43秒。10位のラファエル・マイカまで1分32秒しかない。大きく動く可能性は高い。

 

スポンサーリンク

第9ステージ サン・サルヴォ~ロッカラーゾ 207㎞

ジロ第9ステージ photo giroditalia

海岸線をしばらく走ったあとに、内陸部に向かう。そこからは山岳の連続だ。

4つの山岳ポイントがあり、登るか下るかのコースしかない。序盤で遅れると挽回は出来ないレイアウトとなっている。

 

1級山岳 Roccaraso (9.6k à 4.4%)

最後のゴール部分だが、最大勾配12%の部分があり総合勢はゴール手前から勝負を始めるだろう。どこで飛び出すかよりも、どこで遅れないかが問題だ。

第3週の山岳に向けてタイム差を広げないことが重要。

 

逃げは7人

photo cycling today ストリーミングより 以下同様

  1. 8. ラリー・ワーパス(Larry Warbasse) AG2R La Mondiale
  2. 95. ルーベン・ゲレイロ(GUERREIRO Ruben)EF Pro Cycling
  3. 102. キリアン・フランキニー(Kilian Frankiny)Groupama-FDJ
  4. 146.エドゥアルド・セプルベダ(Eduardo Sepúlveda)Movistar Team
  5. 154. ベン・オコナー(Ben O’Connor)NTT Pro cycling
  6. 162. ヨナタン・カストロピエホ(Jonathan Castroviejo)INEOS Grenadiers
  7. 202. ミッケル・ビョーグ(Mikkel Bjerg)
  8. 211. ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(Giovanni Visconti)Vini Zabù-Brado-KTM

後ろから合流するライダーを含めて8名が逃げている。残り112kmで6分というタイム差だ。

ジョヴァンニ・ヴィスコンティは第3ステージに続いて逃げに乗る。結局、第5ステージでシューズに刺さっていた6角レンチの謎は不明のまま。

 

 

ジョヴァンニ・ヴィスコンティは最初の1級山岳を1位追加で40ポイントを追加。一気にフィリッポ・ガンナを抜いて山岳賞1位になっている。

 

集団にはしっかりと31番 新城幸也の姿もある。今日はどこまでアシストできるかが問題。

 

先頭集団はラスト58kmで6分20秒のタイム差がある。このまま逃げ切れるかな。

 

ラスト35kmで、ミッケル・ビョーグがアタック。ヨナタン・カストロピエホがすぐにチェックにはいる。

 

先頭は、ラスト33キロで4人となる。ジョヴァンニ・ヴィスコンティは山岳賞トップとなったので、逃げから落ちてもOKだろう。

 

残っているライダーは

  1. 8. ラリー・ワーパス(Larry Warbasse) AG2R La Mondiale
  2. 95. ルーベン・ゲレイロ(GUERREIRO Ruben)EF Pro Cycling
  3. 102. キリアン・フランキニー(Kilian Frankiny)Groupama-FDJ
  4. 162. ヨナタン・カストロピエホ(Jonathan Castroviejo)INEOS Grenadiers
  5. 202. ミッケル・ビョーグ(Mikkel Bjerg)UAE Team

 

集団はトレックが先頭で引く。逃げグループから脱落したライダーを一人ずつ抜いていく。

 

先頭は、ヨナタン・カストロピエホとルーベン・ゲレイロの二人となる。

 

先頭集団はかなり小さくなっている。

 

タオ・ゲオゲガンハートもルーカス・ハミルトンと共に、集団からアタックして追い上げている。

 

先頭の二人はギリギリまでペースを上げない。ルーベン・ゲレイロはずっとヨナタン・カストロピエホの後ろについたまま。

 

ルーベン・ゲレイロはラスト200mから前に出て、ヨナタン・カストロピエホを圧倒。

EP Pro cyclingは第3ステージのジョタンクレベル・カイセド(Jonathan Caicedo)に続いてツール2勝目をあげた。

ヨナタン・カストロピエホは、昨日のサルバトレーレ・プッチョの2位と同じ順位。イネオスのメンバーの力は高いが勝利には中々結びつかない。

 

ジョアン・アルメイダは15位でゴール。13秒詰められたが1位を死守している。完全にレムコの代わりを立派に勤めている。グランツールのエースとして独り立ちしてもOKだ。

 

こちらは、レースハイライト
Giro d'Italia 2020 | Stage 9 | Highlights

 

リザルト

スマホの場合にはスワイプしてみて下さい。
RnkRiderTeamTime
1 Guerreiro RubenEF Pro Cycling5:41:20
2 Castroviejo JonathanINEOS Grenadiers0:08
3 Bjerg MikkelUAE-Team Emirates0:58
4 Frankiny KilianGroupama – FDJ1:16
5 Warbasse LarryAG2R La Mondiale,,
6 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers1:19
7 Hamilton LucasMitchelton-Scott1:32
8 Kelderman WilcoTeam Sunweb1:38
9 Fuglsang JakobAstana Pro Team,,
10 Hindley JaiTeam Sunweb,,

 

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 35:35:50
23▲1 Kelderman WilcoTeam Sunweb0:30
32▼1 Bilbao PelloBahrain – McLaren0:39
46▲2 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling0:53
55 Nibali VincenzoTrek – Segafredo0:57
67▲1 Fuglsang JakobAstana Pro Team1:01
74▼3 Vanhoucke HarmLotto Soudal1:02
89▲1 Konrad PatrickBORA – hansgrohe1:11
911▲2 Hindley JaiTeam Sunweb1:15
1010 Majka RafałBORA – hansgrohe1:17

2位にウィルコ・ケルデルマンが上がってきた。タイム差も13秒縮めている。

 

ポイント賞

RnkRiderTeamPnt
1 Démare ArnaudGroupama – FDJ167
2 Sagan PeterBORA – hansgrohe110
3 Matthews MichaelTeam Sunweb87
4 Ganna FilippoINEOS Grenadiers45
5 Ballerini DavideDeceuninck – Quick Step40
6 Vendrame AndreaAG2R La Mondiale31
7 Dowsett AlexIsrael Start-Up Nation29
8 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step29
9 Frapporti MarcoVini Zabù – KTM28
10 Guerreiro RubenEF Pro Cycling27

 

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 35:35:50
22 Vanhoucke HarmLotto Soudal1:02
33 Hindley JaiTeam Sunweb1:15
45▲1 Hamilton LucasMitchelton-Scott2:23
57▲2 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers2:41
66 McNulty BrandonUAE-Team Emirates2:45
74▼3 Samitier SergioMovistar Team4:06
88 Knox JamesDeceuninck – Quick Step4:13
99 Paret-Peintre AurélienAG2R La Mondiale5:02
1010 Oomen SamTeam Sunweb9:30

 

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
1  Guerreiro RubenEF Pro Cycling84
27▲5 Visconti GiovanniVini Zabù – KTM76
329▲26 Castroviejo JonathanINEOS Grenadiers45
41▼3 Ganna FilippoINEOS Grenadiers41
52▼3 Caicedo Jonathan KleverEF Pro Cycling40
63▼3 Holmes MatthewLotto Soudal20
7  Warbasse LarryAG2R La Mondiale20
8  Frankiny KilianGroupama – FDJ20
94▼5 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling19
105▼5 Zardini EdoardoVini Zabù – KTM18

コメント

タイトルとURLをコピーしました