ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトは3つの勝利をNETデジタル資産として販売

海外情報
Image by A M Hasan Nasim from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ワウト・ファンアールトは、彼の最大の勝利を非代替トークン(暗号通貨のブロックチェーンにリンクされたデジタルメディアであるNFT)としてオークションを行っている。

3つの勝利はとは

  • 2020 ストラーデ・ビアンケ
  • 2021 ツール・ド・フランス モン・ヴァントウの勝利
  • 2021  ツール・ド・フランス シャンセリゼでの勝利

NFTは、Momentibleによってキュレーションおよび作成され、OpenSeaでオークションにかけられる。

 

スポンサーリンク

デジタルコレクション

 

オークションの落札者が受け取るのは、デジタル表現。世界で唯一の画像だ。

ワウト・ファンアールト自身は次のように述べている。

この新しいテクノロジーを使用して、自分のハイライトをファンと共有できるのは本当に素晴らしいことです。うまくいけば、新しい所有者は私と同じようにそれを楽しむでしょう。

 

オークションは、11月16日まで行われる。

ワウト・ファンアールトと同じように、マーク・カヴェンディシュもNETを販売していた。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mark Cavendish(@markcavendish)がシェアした投稿

 

こちらの、結果は良くわからない。

 

環境に影響を与える?

コルナゴがデジタルのC64を販売したのがサイクリングでの最初のデジタル資産だった。

 

だが、ブロックチェーンテクノロジーを維持するために必要なコンピューティングパワーの環境への影響のため、オークションが開始されたときにコルナゴは批判を受けている。

ブロックチェーンテクノロジーとNFTの所有権を決定するためのその使用が環境に大きな影響を与えるらしい。

とりわけ、コルナゴが購入された暗号通貨であるイーサリアムが、国全体と同じくらい多くの電力を使用しているそうだ。

詳しくは、以下の記事で読むことが出来る。難し過ぎて、私にはよく理解できない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました