ロードバイクの情報を発信しています!

2022年のUCIサイクリングEスポーツ世界選手権には誰でも参加可能

海外情報
Photo credit: Radsport-Fotos on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

世界選手権と聞くと、世界のトップレベルしか参加する資格はないと思うのが当たり前。

ロード世界選手権でも、各国からの代表選手の人数もUCIポイントの獲得数によって決められている。

だけど、Eスポーツ世界選手の場合にはちょっと違う。ただ、相当速い人でないと参加資格もないのだけど。

参加資格はどんなものだろうか?

 

スポンサーリンク

2022UCIサイクリングEスポーツ世界選手権

photo zwift

 

WTRL(World Tactical Racing Leagues)によってカテゴリーA(またはそれ以上)のレーサーとして自動分類されたレベル5以上のZwifterは、初めてコンチネンタル予選イベントに出場する資格がある。

やっぱり、相当速くないといけない。

 

地域の予選は以下の日程で開催。

地域予選イベント  女性 
(11月27日)
男性
(11月28日) 
UCI2022サイクリングeスポーツ世界選手権へのオセアニア予選UTC午前5時 UTC午前5時 
UCI2022サイクリングeスポーツ世界選手権へのアジア予選UTC午前8時 UTC午前8時 
UCI2022サイクリングeスポーツ世界選手権へのヨーロッパ予選UTC午前11時 UTC午前11時
UCI2022サイクリングeスポーツ世界選手権へのアフリカ予選UTC午後2時 UTC午後2時 
UCI2022サイクリングeスポーツ世界選手権へのパンアメリカン予選UTC午後5時 UTC午後5時 

 

それらには、Swift RacingLeagueとContinentalOpenevenシリーズが含まれている。

そのオープンイベントシリーズでは、11月13日、14日、20日、21日に予定されているイベントが予定されている。

ZRLまたはコンチネンタルオープンイベントシリーズから少なくとも2つのレースに参加している限り、地域予選イベントに出場する資格がある。

女性は11月27日に5つのイベントが開催され、28日には男性が続く。

地域のイベントに参加し、各レースの上位5人のライダーが国内チームに追加される。これにより、2022年2月26日に開催される2022UCIサイクリングEスポーツ世界選手権に出場可能となる。

とにかく、速くないとやっぱり世界選手権には出場出来ないけど、予選に参加することは可能のようだ。

 

2020年男子チャンピオンとなったジェイソン・オズボーン(jason osborne)は、ウルフパックのテスト生として2021年走ってますからね。プロの道も開ける訳だ。

 

詳しくは、Zwiftの公式サイトに書かれているのでご参考に。

WTRL Zwift Continental Open Qualifiers - UCI eSport World Championships
Qualify for the 2022 UCI Cycling eSport World Championships on Zwift!

コメント

タイトルとURLをコピーしました