ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・スイスは続行 多くのチームが離脱に

海外情報
Pixabayによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/256643/
この記事は約4分で読めます。

ジーノ・マーダーの事故を受けてレース続行が話合わたれていたツール・ド・スイス。

マーダーの家族とも話合われ、レースは続行となった。女子レースのツール・ド・スイスも開催される。

しかし、多くのチームがスタート前に離脱を表明した。

 

スポンサーリンク

Bahrain Victorious

 

Bahrain Victoriousはレースから撤退。これは気持ちを考えると十分に理解できる。一緒に働いていた同僚が突然いなくなるのだから、無理もない。

 

Tudor Pro Cycling Team

 

慎重に検討し、選手、スタッフとも話し合った結果、チームは今年のツール・ド・スイスのレースを続けないことを決定した。この困難な状況下で、ライダーの気持ちを尊重し、ジノに敬意を払うことが人間らしい方法だと考えています。

 

Intermarché – Circus – Wanty

 

ジーノ・マーダーの悲劇的な事故を受けて、ライダーやスタッフと話し合った結果、Intermarché – Circus – Wantyは#TourdeSuisseからの撤退を決定しました。

私たちの優先事項は、ライダーの健康状態を尊重することです。ジーノのご家族、ご友人、チームメイトの皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 

ステージレースも、総合タイムは、ゴール手前25km地点となる。ゴールでのボーナスタイムも今回はない。

 

【追記】

最終的に37名がDNS。上記3チームに加えてスイス出身のライダーの多くがスタートしなかった。

  • マイケル・ストーラー AG2R Citroën Team
  • シュテファン・キュング Groupama – FDJ
  • マウロ・シュミット Soudal – Quick Step
  • マルク・ヒルシ UAE Team Emirates
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました