ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチのブエルタ出場が正式決定 Jumbo-Vismaの2022ブエルタのメンバー

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on Visualhunt
この記事は約5分で読めます。

8月15日に、ブリモッシュ・ログリッチのブエルタ出場が決まると言われていた。少し前に、自転車に復帰したばかりだったし。出場に関しては未知数だったのだけど。

 

ようやく、ログリッチの出場も決定した。ということはブエルタ4連覇に向けて動き出すということだ。まさか、ステージ優勝狙いではないだろう。

Jumbo-Vismaのブエルタのメンバーを見てみよう。

 

スポンサーリンク

Jumbo-Vismaのブエルタメンバー

 

1.ブリモッシュ・ログリッチ
2.エドゥアルド・アッフィニ
3.ローハン・デニス
4.ロバート・ゲシング
5.クリス・ハーパー
6.セップ・クス
7.サム・オーメン
8.マルク・テウニッセン

 

プリモッシュ・ログリッチ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Primoz Roglic(@primozroglic)がシェアした投稿

 

ログリッチがベストなコンデションならば、タデイ・ポガチャルが出場しないので連覇は固いのか?

いや、噂によると尾骶骨を2箇所骨折していたという情報もあった。ただ、公表もされていないし、噂レベルかもしれない。

あれだけ、ヨナス・ヴィンゲコーを助けてアシストも出来ていたけど、実際はかなりの痛みがあったのは間違いないし。

ブエルタは第1ステージにはチームタイムトライヤルが控えている。エドアルド・アッフィニ、ローハン・デニスとTTスペシャリストがおり問題ないかもしれない。

だが、ローハン・デニスはコモンウェルスゲームズの個人ダイムトライヤルで優勝したあとに、病院に行ってロードはキャンセル。何が原因だったのかは、情報がない。

ブエルタ出場も微妙だったことを考えると、ローハン・デニスはベストではないかもしれない。

少し不安材料はあるが、第6ステージの登りゴールまでは山岳もないので、ログリッチにとっては好都合だ。

今年のブエルタは例年に比べると山岳ステージがおとなしい感じを受ける。これがログリッチにとってどう作用するのか。最後までわからない展開となりそうだ。

 

セップ・クス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sepp Kuss(@seppkuss)がシェアした投稿

 

総合候補と言われながら、セップ・クスも27歳。ツールでは総合18位。昨年のブエルタでは、ログリッチをアシストしながらも総合8位となっている。

例年スロースターターで、シーズン後半にかけて調子が上がっていくタイプだ。今年のブエルタはざっとみて山岳は9ステージくらい。

少ないチャンスを確実に生かしていかないと総合上位は難しい。

チームにはサム・オーメンもいるが、山岳の最後の砦はセップ・クスだ。プリモッシュ・ログリッチの連覇にはセップ・クスの安定した山岳での走りが要求されるだろう。

 

チームを去る二人

メンバーには、今年でチームを去る二人が選出されている。これも珍しいことかもしれない。チームによっては、露骨に出場機会を奪うことも珍しいことではないからだ。

 

マイク・テウニッセンはIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxに。ケガでレースを走れない時期が多かったことも影響しているのかも。

 

クリス・ハーパーはTeam BikeExchange – Jaycoに移籍。

 

ツール・ド・フランスのJumbo-Vismaのメンバーに比べると、今回のブエルタのメンバー構成が少し見劣りするのは仕方ないことだ。

ツールでは、ヨナス・ヴィンゲコー、ワウト・ファンアールト、ステファン・クライスヴァイク、テッシュ・ベノートと他チームならばエースとして走るメンツがアシストに回っていた訳だから。

まあ、プリモッシュ・ログリッチは走りだすと驚異的な力を見せてくれるかもしれない。ログリッチの連覇を阻むライダーはいるだろうか?

案外、自分自身のコンデションにかかっているかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました