ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリアン・アラフィリップはフランダースの石畳を恐れていない

海外情報
photo Julian Alaphilippe instagram
この記事は約3分で読めます。

コロナウイルスのパンデミックは、ジュリアン・アラフリィプの1月の計画を邪魔しなかった。

 

ジュリアン・アラフリィプは、予定通りロンド・ファン・フラーンデレン(10月18日)でのデビューに向けて準備を進めている。

 

スポンサーリンク

フランドルの偵察

photo matteotrentin instagrma


ジュリアン・アラフィリップは3日間のトレーニングキャンプを終え、最終日にはDeceuninck-Quick-Stepチームの選手たちと一緒にフラーンデレンのラスト150kmを走った。

4時間のコースには、オウデ・クワレモント、パテルベルグなどの重要な登りが含まれている。

フランドルの試走で、こんな道を走るのは初めてだったが、とても刺激的だった。例えば、何度か運転したことのあるカルト的なドライブウェイ、オウデ・クワレモントの近くに住むドリース・デフェナインスから、3日間、多くのことを学び、貴重なヒントを貰った。

と、アラフィリップは手ごたえを感じたようだ。

 

ロンド・ファン・フラーンデレンは今シーズン10月に開催される。主催者はすでに発表しているが、ルートは26kmほど短縮される。

10月開催のクラシック
  • ヘント〜ウェヴェルヘム10月11日  238 km
  • スヘルデプライス10月14日 183km
  • ロンド・ファン・フラーンデレン10月18日 267kmから241 kmに変更

アラフィリップにとっては、26km短縮されたのは朗報となる。

これまでプロ入りして6年間、北のクラシックを回避してきたアラフィリップ。ロンドでのスタートは彼にとって深海の地での参戦となるだろう。

ロンドは伝説的なレースであり、私にとって大きな挑戦となる。どうやってマネージメントするかはわからないが、4ヶ月後の「フランダース・ビューティ」のサーキットでベストを尽くすためにフォームを頑張りたいと思う。

エースとして走ることはないだろうが、やる気は満々だ。石畳のレースでどこまで走れるのか興味もある。

 

レーススケジュールは?

photo Julian Alaphilippe instagram

アラフィリップの今年のスタートを成功しなかった。胃の不調でブエルタ・ア・サンファンをすぐに辞退し、パリ~ニースでは本調子でないまま戦いのチャンスを逃してしまう。

 

再開したシーズンでは、アラフィリップにもチャンスがある。

まずは、昨年凱旋したミラノ~サンレモ(8月8日)のスタートでアラフィリップの姿が見れる。

ツール・ド・フランス(8月29日~9月20日)も参加し、アルデンヌクラシックのキャンペーンに参加する予定。

レーススケジュール
  • 8.8 ミラノ~サンレモ
  • 8.15 イル・ロンバルディア
  • 8.29 ツール・ド・フランス
  • 9.30 ラ・フレッシュワロンヌ
  • 10.4 リエージュ~バストーニュ~リエージュ
  • 10.18 ロンド・ファン・フラーンデレン

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました