ロードバイクの情報を発信しています!

マッティオ・トレンティンは失望の中からミラノ・サンレモを目指す

海外情報
Photo Matteo Trentin instagram
この記事は約4分で読めます。

2019世界選手権で、圧倒的有利な立場にいながらスプリントでマッズ・ペデルセン( Trek – Segafredo)に負けてしまったマッティオ・トレンティン(Mitchelton-Scott)。

2020年からは、CCC Teamに移籍して心機一転をはかるつもりだ。

 

彼の心の中には、世界選手権での銀メダルが大きくのしかかっているが、来シーズンの目標はミラノ~サンレモだという。

彼の今の心境と来年にかける思いをインタビューで語っているので紹介しよう。

 

スポンサーリンク

勝利でしか失望は消えない

Photo Matteo Trentin instagram

世界選手権での失望をどのように克服しますか?すぐに勝ちますか?

はい、レースに勝つことは良い方法かもしれないね。銀メダルだったが、何も持たずに帰るよりは良かったと思うようにしている。

 

たとえば、年の初めにはミラノサンレモがあります。

(笑い、そして深刻な表情に)。はい、それは素晴らしい方法だね。

 

もし魔女がクラシックに1つだけに勝つことを約束してくれるならば、あなたはどれを選ぶでしょうか?

もし、私が二人いたなら、ミラノ~サンレモとフランダースツアーだろう。

 

できません。願いが叶うのは1つだけです。

なら、サンレモかな。今年は10回目のチャレンジだったが、キャプテンとしてのぞんだのは初めてだった。

 

それはあなたの人生を変えることができるレースですか?

はい。すべての素晴らしいクラシック、ワールドカップ、素晴らしいツアー。これらの勝利はキャリアを変えるレースだと思う。

 

30歳で迎える来年はどうですか?

それは私が誰を見ているかによる。最近、19歳が現れて私たちを打ち負かした。レムコ・イヴェネプールを見ると私は年を取っている。

彼らが自身を確認できるかどうか見ることは必要だが、40歳で走っている人を見ると、まだ途中にいるようにも感じる。

 

UCIについて。すべての問題があるのに、なぜ彼らは靴下の長さを調整することを心配するのですか?

彼らに尋ねるべきです。政治家以外は何でもできるじゃないか。

 

あなたは最初に国外に移住して走った人の一人でした。外から見たイタリアはどうですか?

サイクリングの歴史的な国の1つですが、問題はイタリアでサイクリングをしたい人にとって不可能になっていることだ。チームと組織構造が不足しており、子供たちがペダルを踏む可能性はない。

子供の数も減少しているし、才能のある子を見つけるのも難しくなっている。

 

イタリアのサイクリングはますます限界になりますか?

それは経済に関連した問題だね。もしそれが回復するなら、サイクリングも再び確実に道を見つけるだろう。

 

自分の子供が自転車選手になると言ったら…

私は子供らに自転車に乗ってほしくはない。彼らが本当に主張するなら、彼らがマウンテンバイクやシクロクロスをすることを願うだろう。

残念ながら、道路でのトレーニングは危険になりすぎており、私たちの国は道路では文明国ではない。しかし、それはイタリアの問題だけではない。

 

トレーニングするのが怖いですか?
今では慣れている。

 

あなたの同僚の何人かは、今年のレース中に亡くなりました。

レースでそれが起こるとき、私達はそれを避けられない。駐車した車や通りを横断する人々を見つけることは走りながら出来ることじゃいない。

 

 

皮肉、楽しさ、UCIや連盟との対話、論争、多くの苦情など、ソーシャルメディアをとても活用してますね。

言うべきことを言うのを恐れない。政治でさえソーシャルメディアに移行した。これは、このような時代に光りを照らす一つの方法だ。発言に注意を払えば機能する。

論争を引き起こすのに何もいらない。誰もが望むものを言うことができるのは、媒体の美しさだと思う。

 

マッティオ・トレンティンは来シーズンCCC Teamで望む成績が残せるでしょうか?

世界選手権での悔しさを忘れ去るには、新たな勝利を得るしかない。

クラシックで、どのような走りを見せるのか来シーズンのマッテオ・トレンティンの走りに期待しておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました