ロードバイクの情報を発信しています!

ナイロ・キンタナは所属チームなしでコロンビア選手権ロードに出場することに

海外情報
Photo credit: nuestrociclismo.com on Visualhunt
この記事は約2分で読めます。

引退せずに現役続行を発表したナイロ・キンタナ。

 

ナイロ・キンタナは、彼の新しいチームの検索が続いている間、日曜日に次のコロンビア全国選手権に出場すると述べている。

 

スポンサーリンク

コロンビア選手権ロードに出場

 

コロンビア自転車連盟によると、ナイロ・キンタナが、ブカラマンガで開催されるコロンビア選手権ロードに参加するために登録されたと発表。

選手権には、ナイロ・キンタナは4回出場している。だが、このレースは、彼が一度も勝ったことがなく、最高の結果は 2016年と2020年の両方で4位だった。

 

このコロンビア選手権ロードには多くの一流ライダーが出場する。

  • ミゲルアンヘル・ロペス
  • リゴベルト・ウラン
  • セルジオ・イギータ
  • エスデバン・チャベス
  • ダニエル・マルティネス
  • イバン・ソーサ
  • エガン・ベルナル

 

昨年のツール・ド・フランスで鎮静剤トラマドールの検査で陽性が出た後、キンタナはまだ所属チームが見つからない。

トラマドールはUCIの医療規則の下で禁止されており、Team Arkéa Samsicからは解雇。

先週の記者会見で、キンタナは新しいチームを探し続けることを約束している。

 「私は戦い続けるつもりだ。体と心が壊れるまでバイクに乗り続ける。 レースに戻りたい、ゼッケンナンバーをつけたい、足の痛みを感じたい、でも勝利の満足感とラインまで自分のベストを尽くすことの満足感も感じたい。

これが欲しい、これが必要だ、なぜなら競争はその一部だからだ。」

ナイロ・キンタナの最後のレース出場は、2022年9月のオーストラリアロード世界選手権だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました