ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは兄とチームで表彰台独占。珍しくクラッシュも!

海外情報
Photo corendoncircus instagram
この記事は約3分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは、11月30日(土)のDVV Trophy Urban Cross Kortrijkで優勝。

 

続いて日曜日に行われた、2019 Zilvermeercrossでも優勝を飾った。

ここではチームメイトのトム・メーウセンが2位。兄であるデイヴィット・ファンデンプールが3位とコレンドンサーカスで表彰台を独占

そして、シクロクロスでもほとんどミスをしないマチュー・ファンデルプールが珍しく落車するシーンも見られた。ある意味貴重なシーンかもしれない。

 

スポンサーリンク

2019 Zilvermeercross

https://www.zilvermeercross.be/source/technische-fiche-zilvermeercross.pdf

コースマップ

コースマップに青い部分が見られるように砂浜を走る場面が多く登場するコース。

前日のDVV Trophy Urban Cross Kortrijkに出場していた有力選手はほとんど出ていない。

そのためか、マチュー・ファンデルプールの3歳違いの兄デイヴィットと兄弟で逃げる場面も登場した。だが、砂場になると力の差は歴然。

マチュー・ファンデルプールは、パワーで砂場を乗り切ってしまう場面が多かったが、後続の選手はかついで走るシーンが圧倒的。

例えば、下の写真のようなシーンだ。兄はそうそうにバイクに乗ったまま砂場を走るのをあきらめている。

 

https://sporza.be/nl/2019/12/01/broederliefde-in-mol-zo-probeerde-mathieu-zijn-broer-david-aan/

まあ、相当なパワーがないと普通は砂場で走り切ってしまうなんて出来ないですよね。

 

珍しい落車シーン

マチュー・ファンデルプールが落車した場所は、やっぱり砂場。ラスト2周で独走を開始してからのことだった。

 

https://sporza.be/nl/2019/12/01/broederliefde-in-mol-zo-probeerde-mathieu-zijn-broer-david-aan/

動画を見るとわかると思うが、かなりのスピードで走っていたことがわかる。
 

だが、砂場なのでクラッシュしても何の問題もない所で良かった。

結果的には、2位となったトム・メーウセンに5秒差。3位となった兄のデイヴィット・ファンデンプールに14秒の差をつけている。

マチュー・ファンデルプールは、昨日の疲労が残っており前半はかなりキツカッタことをレース後に認めていた。

ファンデルプールの12月のスケジュールだが、まずは優勝で12月もスタートした。

 

12月1日(日):Zilvermeercross Mol 優勝
12月14日(土):DVVトロフィー Hotondcross Ronse
12月15日(日):Druivencross Overijse
12月21日(土):Rectavit Waaslandcross Sint-Niklaas
12月22日(日):ワールドカップ ナミュール
12月26日(木):ワールドカップ   ヒュースデン・ゾルダー
12月27日(金):DVVトロフィー アーゼンクロス
12月29日(日):スーパープレステージ ディーゲム
マチュー・ファンデルプールは、この先も順調に勝利を重ねていくのか、注目してみておきたいが、負けることがあるんだろうか??
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました