ロードバイクの情報を発信しています!

2024 ツール・ド・スイス第3ステージ 難しい登りゴールを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: hydro-xy on Visualhunt.com
この記事は約22分で読めます。

第2ステージでは、最後の山岳でAstana Qazaqstan Teamのマーク・カヴェンディシュ、Israel – Premier Techのパスカル・アッカーマンなどスプリンターは切れていった。

そのため、残った登れるスプリンターの、ブライアン・コカール、マイケル・マシューズ、アルノー・デリーのスプリント勝負に。

アルノー・デリーはチェーンが外れるというアクシデントで勝利にからむことはできなかった。さて、第3ステージは、さらに最後が厳しい。

スプリンターで残れるのは誰だろうか。

 

スポンサーリンク

第3ステージ  シュタインマウアー~リュシュリコン  161.7km 

コースプロフィール  phoro tourdesuisse

 

シュタインマウアーでスタートした後、アールガウ州とルツェルンを経由してリュシュリコンのゴールに向かう。

前半は平坦だけど、最後に厳しい登りが待っている。二つの3級山岳が続き、最後のアルビス峠でスプリンターはとどめを刺されるかも。

最後のゴールも登っているので、パンチャー有利か。

 

  1. スプリントポイント Aristau
  2. 3級山岳 Oberwil-Lieli (3.8 km・5.4%)
  3. ボーナススプリント Tissot KM 1
  4. ボーナススプリント Tissot KM 2
  5. 3級山岳 Aegst am Albis (2.6 km・6.5%)
  6. 3級山岳 アルビス峠 (2 km・5.9%)

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

リーダージャージのイヴ・ランパールトは、今日もリーダージャージを死守したいところ。

 

ポイント賞ジャージはCofidisのブライアン・コカール。

 

山岳賞はIntermarché – Wantyのゲルベン・カイパース。

 

第3ステージのスタート時の4賞ジャージ

  • 総合 イヴ・ランパールト Soudal – Quick Step
  • ポイント賞 ブライアン・コカール  Cofidis
  • 山岳賞 ゲルベン・カイパース Intermarché – Wanty
  • 新人賞 フィン・フィッシャーブラック UAE Team Emirates

 

DNSは

  • ナイロ・キンタナ Movistar Team 右手の第4中手骨の非転位骨折
  • エマヌエル・ブッフマン BORA-hansgrohe 鎖骨と股関節の骨折

ナイロ・キンタナは、ブエルタを目指す。エマヌエル・ブッフマンは、両方の手術となる。これはBORA-hansgroheを退団する予定のエマヌエル・ブッフマンにとっては、良くない事態だ。

 

ニュートラルスタート。

 

5人の逃げ

5人が逃げている。

  1. ファビアン・リーンハルト Groupama – FDJ
  2. ヨハン・ヤコブス Movistar Team
  3. ロベルト・ゴンサレス (Team Corratec – Vini Fantini) 
  4. ルカ・ジョニ (Swiss Cycling) 
  5. Christoph Janssen(Swiss Cycling) 

 

残り77.3kmで3分差。

 

最初の1時間がav49.2km/h。追い風が吹いている。

 

Movistar Teamのヨハン・ヤコブスは、ベルギー系スイス人。2020年からチームに所属している。今シーズンでチームとの契約は切れるが、契約更新できるだろうか。

 

残り49kmで2分21秒差に。

 

残り44.3km。集団は横一線になって追っている。

 

Team Jayco AlUlaは、昨日2位のマイケル・マシューズのために集団けん引。

 

スプリントポイント Aristau

ポイント獲得順位は

  1. ロベルト・ゴンサレス (Team Corratec – Vini Fantini) 10ポイント
  2. ファビアン・リーンハルト Groupama – FDJ 6ポイント
  3. ヨハン・ヤコブス Movistar Team 3ポイント

 

集団もスプリントポイントを通過。

 

3級山岳 Oberwil-Lieli (3.8 km・5.4%)

残り35.8kmで1分18秒差に。

 

マーク・カヴェンディシュは、厳しそう。

 

先頭からTeam Corratec – Vini Fantiniのロベルト・ゴンサレスがアタック。

 

しかし、ヨハン・ヤコブスの引きで捕まる。

 

再度、ロベルト・ゴンサレスがアタックしてポイント通過。

 

逃げていたGroupama – FDJのファビアン・リーンハルトが集団に捕まる。

 

先頭は3人に。

  1. ヨハン・ヤコブス Movistar Team
  2. ロベルト・ゴンサレス (Team Corratec – Vini Fantini) 
  3. ルカ・ジョニ (Swiss Cycling) 

 

ヨハン・ヤコブスがアタック。

 

ヨハン・ヤコブスが単独に。

 

スプリントポイントに迫る。

 

ボーナススプリント Tissot KM 1

ヨハン・ヤコブスが1位通過で3秒獲得。

  1. ヨハン・ヤコブス Movistar Team 3秒
  2. ロベルト・ゴンサレス (Team Corratec – Vini Fantini) 2秒
  3. ルカ・ジョニ (Swiss Cycling) 1秒

 

ボーナススプリント Tissot KM 2

ここもヨハン・ヤコブスがトップ通過。

  1. ヨハン・ヤコブス Movistar Team 3秒
  2. ロベルト・ゴンサレス (Team Corratec – Vini Fantini) 2秒
  3. ルカ・ジョニ (Swiss Cycling) 1秒

 

集団もポイント通過。

 

残り25.7km。ヨハン・ヤコブスは56秒差。

 

逃げていた二人に集団が迫る。

 

二人は集団に吸収される。

 

集団はEF Education-EasyPostのシュテファン・ビッセガーが引き出す。アルベルト・ベッティオルで勝負だ。

 

残り19kmで12秒差に迫られる。

 

ヨハン・ヤコブスは手首を指さす。

 

 

ジーノ・マーダーのリストバンドが巻かれている。

 

ヨハン・ヤコブスは一気に捕まってしまった。

 

集団はEF Education-EasyPostが引く。先頭はマライン・ファンデンベルフか。

 

3級山岳 Aegst am Albis (2.6 km・6.5%)

 INEOS Grenadiersのイーサン・ヘイターは最後尾。

 

Team Visma | Lease a Bikeの先頭はアッティラ・ヴァルテル。

 

ポイントを通過。

  1. ジェイク・スチュワート Israel – Premier Tech 3ポイント
  2. アッティラ・ヴァルテル Team Visma | Lease a Bike 2ポイント
  3. ゲオルク・スタインハウザー EF Education-EasyPost 1ポイント

 

残り13.3km。Astana Qazaqstan Teamが先頭。

 

3級山岳 Albipass (2 km・5.9%)

最後の登りに。

 

アッティラ・ヴァルテルが先頭を引く。

 

 INEOS Grenadiersのブランドン・リベラがアタック。

 

だれが反応するか。

 

集団は逃がさない。

 

牽制となって、Decathlon AG2R La Mondiale Teamのヴァランタン・パレパントルがアタック。

 

ヴァランタン・パレパントルは逃げ切れるか。

 

ヘリの映像となりわからない。

 

アダム・イェーツがヴァランタン・パレパントルを捕まえている。

 

アダム・イェーツ先頭でポイントを越えた。

  1. アダム・イェーツ UAE Team Emirates 3ポイント
  2. ヴァランタン・パレパントル Decathlon AG2R La Mondiale Team 2ポイント
  3. ステューブン・ウィリアムズ Israel – Premier Tech 1ポイント

 

ヘリの映像でわからない。

 

アッティラ・ヴァルテルは最後尾まで下がっている。

 

 INEOS Grenadiersのトム・ピドコックも狙うか。

 

残り5.4km。結構人数がいる。

 

残り4km。BORA-hansgroheが先頭。

 

残り3.3km。Alpecin-Deceuninckが先頭に。

 

UAE Team Emiratesのマルク・ヒルシがアタック。

 

マルク・ヒルシが決めるか。

 

マルク・ヒルシは後続を引き離す。

 

結構引き離した。

 

6秒引き離した。

 

残り2.1km。

 

残り1kmを切ってマルク・ヒルシの脚が止まっている。

 

マルク・ヒルシが追いつかれそうだ。

 

マルク・ヒルシが集団に捕まる。

 

マルク・ヒルシをDecathlon AG2R La Mondiale Teamのヴァランタン・パレパントルが抜く。

 

ヴァランタン・パレパントルは、ポール・ラペイラを引いている。

 

残り500m。

 

残り400m。まだヴァランタン・パレパントルが引いている。

 

Team Visma | Lease a Bikeのウィルコ・ケルデルマンがくるか。

 

残り300m。ヴァランタン・パレパントルが引き終わった。ウィルコ・ケルデルマンが右側からスパート。

 

ウイルコ・ケルデルマンの後ろに、Lidl – Trekのティボー・ネイスがついている。

 

これはティボー・ネイスのリードアウトになってしまうぞ。

 

ティボー・ネイスは真後ろだ。

 

ティボー・ネイスが前に出る。

 

 

さあ、ティボー・ネイスがいくか。

 

ティボー・ネイスが先頭だ。後ろは、EF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル。Israel – Premier Techのステューブン・ウィリアムズ。

 

ティボー・ネイスが最後のカーブを先頭で立ち上がってくる。

 

アルベルト・ベッティオルとステューブン・ウィリアムズが追い込む。

 

ティボー・ネイスの伸びが素晴らしい。

 

ティボー・ネイスがハンドルから手を離す。

 

若きティボー・ネイスが勝利だ~!

 

ティボー・ネイスは、今シーズンの6勝目。

 

ティボー・ネイスは、登りスプリントとなると、抜群の力を発揮する。2位はIsrael – Premier Techのステューブン・ウィリアムズ、3位は、EF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル。

 

Soudal – Quick Stepのイヴ・ランパールトは、リーダージャージのキープとならず。リーダージャージはEF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオルに。

イヴ・ランパールトはポイント賞ジャージとなった。

 

リザルト

ティボー・ネイスのコメント

今はいろいろなことが頭をよぎる。ここ数週間の好調をここで継続できて本当に嬉しい。このステージをずっと夢見ていたんだ。ギッピンゲンでの転倒の後、とてもがっかりしていたんだ。

優勝まであと一歩だっただけに、この場所を譲るのは辛かった。レース後、ホテルに向かって走り、途中でこのステージのコースを探索することにした。そうすることで、また集中力を高めることができた。それが功を奏した。

昨日のライドでは本当に苦しかったし、今日も苦しかった。バイクのフィーリングが良くなくて、一日中嫌な気分で走り回った。でもチームメイトがそんな僕を引っ張ってくれた。そして最後には、すべてがうまくいくようになった。

スイスでは、ツール・ド・ロマンディでステージ優勝を果たし、昨年のGPカントン・アルガウでは最強でしたね。

ここではいつもいいレースができる。美しい道とコースがあるこの国が大好きなんだ。これからもこの調子を維持したい。本当に信じられないよ。言葉では言い表せないよ。

 

2位 Israel – Premier Techのステューブン・ウィリアムズ

とにかく残念だった。でも一方で、優勝争いができたという事実にも満足している。それは良かった。

それ以外は文句のつけようがない。価値観にノックされた。一日中フィーリングは良かったし、みんなも素晴らしい走りを見せてくれた。特にラスト30kmは、僕を上位にキープする術を知っていた。勝利できなかったのは残念だけど、全体的にはいい一日だった。

それも一部だ。何よりもチームメイトを誇りに思う。僕らの走りに満足している。

 

3位 EF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル

これ以上は無理だった。ティボー・ネイスはとても力強いスプリントを見せた。もう彼を追い越すことはできなかった。だから彼は勝者にふさわしく、私は彼を祝福しなければならない。重要なのは、もう少し上達することで、次回は彼に勝ちたい。

イヴ・ランパールトからリーダージャージを奪いましたね。

とてもうれしいよ。イエロージャージは目標だったからね。今日はチームとしてハードに働いたし、このイエロージャージは一種のご褒美。いつかチームメイトに恩返しがしたい。

明日からまたツアー・オブ・スイスが始まる。リチャル・カラパスやチーム内のクライマーたちがポジティブなスピリットを引き継いでくれることを願っている。

 

第3ステージ リザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 NYS Thibau
Lidl – Trek 60
10″
3:27:31
2
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 40
6″
,,
3
 BETTIOL Alberto
EF Education – EasyPost 30
4″
,,
4
 ADRIÀ Roger
BORA – hansgrohe 25   ,,
5
 LAPEIRA Paul
Decathlon AG2R La Mondiale Team 20   ,,
6
 KELDERMAN Wilco
Team Visma | Lease a Bike 15   ,,
7
 YATES Adam
UAE Team Emirates 10   ,,
8
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 8   0:03
9
 TULETT Ben
Team Visma | Lease a Bike 5   ,,
10
 CARAPAZ Richard
EF Education – EasyPost 2   ,,
11
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny     ,,
12
 LECERF William Junior
Soudal Quick-Step     ,,
13
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers     ,,
14
 MAS Enric
Movistar Team     ,,
15
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers     ,,
16
 CHRISTEN Jan
UAE Team Emirates     ,,
17
 BRENNER Marco
Tudor Pro Cycling Team     ,,
18
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates     ,,
19
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe     0:07
20
 UIJTDEBROEKS Cian
Team Visma | Lease a Bike     ,,
21
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL     ,,
22
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     ,,
23
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers     ,,
24
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates     ,,
25
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates     ,,
26
 SÁNCHEZ Pelayo
Movistar Team     ,,
27
 KONRAD Patrick
Lidl – Trek     ,,
28
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech     ,,
29
 FOLDAGER Anders
Team Jayco AlUla     ,,
30
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 7 ▲6
 BETTIOL Alberto
EF Education – EasyPost 10
4″
7:39:20
2 2
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers     0:06
3 11 ▲8
 KELDERMAN Wilco
Team Visma | Lease a Bike     ,,
4 33 ▲29
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech  
6″
,,
5 3 ▼2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates     0:09
6 4 ▼2
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates     ,,
7 12 ▲5
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek     ,,
8 21 ▲13
 YATES Adam
UAE Team Emirates     0:10
9 15 ▲6
 CHRISTEN Jan
UAE Team Emirates     0:11
10 34 ▲24
 ADRIÀ Roger
BORA – hansgrohe     0:13
11 22 ▲11
 BRENNER Marco
Tudor Pro Cycling Team     ,,
12 23 ▲11
 TULETT Ben
Team Visma | Lease a Bike     ,,
13 43 ▲30
 LAPEIRA Paul
Decathlon AG2R La Mondiale Team     0:14
14 31 ▲17
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers     0:15
15 36 ▲21
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny     0:16
16 19 ▲3
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     ,,
17 39 ▲22
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers     ,,
18 44 ▲26
 MAS Enric
Movistar Team     0:17
19 9 ▼10
 SCHMID Mauro
Team Jayco AlUla     0:19
20 32 ▲12
 KONRAD Patrick
Lidl – Trek     ,,
21 41 ▲20
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL     0:21
22 54 ▲32
 CARAPAZ Richard
EF Education – EasyPost     ,,
23 62 ▲39
 LECERF William Junior
Soudal Quick-Step     0:22
24 27 ▲3
 VERVAEKE Louis
Soudal Quick-Step     0:25
25 55 ▲30
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe     ,,
26 56 ▲30
 UIJTDEBROEKS Cian
Team Visma | Lease a Bike     ,,
27 58 ▲31
 SÁNCHEZ Pelayo
Movistar Team     ,,
28 65 ▲37
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     0:27
29 71 ▲42
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech     0:29
30 42 ▲12
 MARTINEZ Lenny
Groupama – FDJ     0:30

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 LAMPAERT Yves
Soudal Quick-Step 12
2 2
 COQUARD Bryan
Cofidis 12
3  
 NYS Thibau
Lidl – Trek 12
4 3 ▼1
 JENNI Luca
Swiss Cycling 10
5  
 GONZÁLEZ Roberto Carlos
Team Corratec – Vini Fantini 10
6  
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 8
7 4 ▼3
 MATTHEWS Michael
Team Jayco AlUla 8
8 5 ▼3
 BISSEGGER Stefan
EF Education – EasyPost 8
9  
 BETTIOL Alberto
EF Education – EasyPost 6
10 6 ▼4
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers 6

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 JENNI Luca
Swiss Cycling 10
2 1 ▼1
 KUYPERS Gerben
Intermarché – Wanty 10
3 4 ▲1
 GONZÁLEZ Roberto Carlos
Team Corratec – Vini Fantini 7
4 3 ▼1
 DEBONS Antoine
Team Corratec – Vini Fantini 7
5  
 YATES Adam
UAE Team Emirates 3
6 5 ▼1
 KRAGH ANDERSEN Søren
Alpecin – Deceuninck 3
7  
 STEWART Jake
Israel – Premier Tech 3
8 6 ▼2
 STEHLI Félix
Swiss Cycling 3
9  
 PARET-PEINTRE Valentin
Decathlon AG2R La Mondiale Team 2
10 7 ▼3
 LAURANCE Axel
Alpecin – Deceuninck 2

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 7:39:29
2 4 ▲2
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek ,,
3 5 ▲2
 CHRISTEN Jan
UAE Team Emirates 0:02
4 8 ▲4
 BRENNER Marco
Tudor Pro Cycling Team 0:04
5 9 ▲4
 TULETT Ben
Team Visma | Lease a Bike ,,
6 21 ▲15
 LAPEIRA Paul
Decathlon AG2R La Mondiale Team 0:05
7 14 ▲7
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 0:06
8 16 ▲8
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny 0:07
9 3 ▼6
 SCHMID Mauro
Team Jayco AlUla 0:10
10 19 ▲9
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL 0:12
こちらはハイライト動画

 

 

コメント

  1. 毎日読者K より:

    4賞ジャージ紹介のポイント賞が、ビッセがーになってるのと、
    解説での 2位はEF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル、3位はIsrael – Premier Techのステューブン・ウィリアムズ。 逆ですね〜

    ティボーネイスは勝ちを量産してますねー、アラフィリップに似た脚質のパンチャーって感じですかね?
    トレックはリドルがスポンサードして、いい選手も獲得できてるし、ミランやピーダスンとあわせて勝利数めちゃ多い印象です

タイトルとURLをコピーしました