ロードバイクの情報を発信しています!

Team INEOSのツール・ド・フランスのメンバーは誰になるのか? 10人の候補たち

海外情報
photo Team INEOS instagram
この記事は約10分で読めます。

Team INEOS の2020年ツール・ド・フランスのメンバーリスト候補は、フランスアルプスでの小規模だが重要なトレーニングキャンプのためにイソラ2000へと向かう。

メンバーは、クリス・フルーム、ミカウ・クウィアトコウスキー、パヴェル・シヴァコフ、ゲラント・トーマス、ディラン・ファンバーレ。

2つの情報筋によると、ツール・ド・フランスのTeam INEOS のリストは現在10名で、フルーム、トーマス、エガン・ベルナルが含まれている。

他の数人のツールのベテラン選手も含まれており、デビュー予定の選手も一握り含まれている。

誰が、ツールのメンバー入りをするのだろうか?

 

スポンサーリンク

エガン・ベルナル

コロンビアでサボートカーをつけて練習中 photo Bernal twitter

2019年覇者にして23歳。2度のツール出場。

イネオスのツール・ド・フランスの名簿には、最初に名前が記されている。昨年、ベルナルは間違いなくレースで最強のライダーであり、たとえ状況や短いステージでライバルからの最後の攻撃を無効にしたとしても、可能性の高いシナリオでは、レースの上で彼の権威をより強く主張することを見ただけだっただろう。

つまり、レースが短縮されてなくても変わらなかったということだ。

彼の2020年はCOVID-19のパンデミックによって複雑になっており、7月まで母国コロンビアに滞在しているが、ベルナルはすでにチームメイトのために自分のチャンスを犠牲にしたくないと語っている。

 

クリス・フルームやトーマスのようなグランツールの経験はないが、チームがべルナルを今年の紛れもないリーダーに指名しないとは考えにくい。

エガン・ベルナルは、現在コロンビアでブランドン・リベラと共にサポートバイクをつけて練習をしている。その距離は6月上旬だけで1500キロだ。

 

クリス・フルーム

photo Chris Froome twitter

クリス・フルームは35歳でこれまで8回のツール出場。4回の優勝を飾っている。2013年、2015年、2016年、2017年。

4度のツール・ド・フランス優勝を果たしたフルームは、ベストに近い状態に戻っており、トレーニング中のドーフィネのクラッシュ前の数字を記録している。

レースから離れた数ヶ月間の余分な時間が彼の回復を助け、他の選手たちをレベルダウンさせたかもしれないが、フルームでさえもツール・ド・フランスは未知の世界への旅であることを認めている。

フルームに有利なのは、トップフォームでなくても結果を出す経験と能力だが、ツールが近づくにつれ、彼自身とベルナルの間の状況を微妙に管理する必要があるだろう。

たとえベルナルが首位に立ったとしても、フルームはプレッシャーの少ないレースができ、レースが始まるのを待つことができるので、必ずしも妨げられているわけではない。

しかし、最初のハードルはフルームの契約状況だ。もし彼が共同指導者になることを望んでいるのなら、又はツールのラインアップに入ることを確実にするためには、契約延長にサインする必要があるだろう。

もし彼がイネオスを離れることを決めれば、保証されていたツール出場枠はやや曖昧なものになる。驚くべきことに、彼はツールとブエルタの両方に手を挙げた唯一のライダーでもある。

 

ゲラント・トーマス

photo Geraint Thomas instagram

34歳で10回のツール出場。トップリザルトは2018年の総合優勝。

トーマスは現在のポジションに不運を感じているかもしれない。2年前、彼は十分に値するツール・ド・フランスのタイトルを獲得し、12ヶ月後には完璧とは言い難いビルドアップにも関わらず、総合2位を獲得した。

 

しかし、ベルナルが現役チャンピオン、フルームが5つ目のタイトルを狙う中で、トーマスは順位を下げ、3人のグランツール候補をサポートすることができるチームはほとんどないだろう。

結果や評判のせいもあるだろうが、トーマスは現在、ツールのイネオスの順位で3位につけているように感じられる。また、リチャル・カラパスがジロ・デ・イタリアの防衛を目標にしているため、トーマスは現在の状況ではかなり不幸な位置にいる。

昨年のことから、少なくとも彼が直面しているときに挑戦できることを知っているが、チームの政治が彼の最大の障害になる可能性がある。

 

ルーク・ロウ

photo Luke Rowe instagram

30歳でツールに5回出場。

ロウは、現在のワールドツアーの中では最高のオールラウンド・ドメスティックと言っても過言ではないだろう。30歳のロウは、クラシックと山岳ステージのディフェンスを比較的簡単にこなすことができ、イネオスで最も経験豊富なグランツールライダーの一人になりつつある。

トップヘビーなラインナップを考えると、ロウはどのようなツアー挑戦にも役立つだろうが、彼を際立たせているのは彼の多才さである。

イネオスのチームリーダーのヒエラルキーについては議論の余地があるが、ツールチームの中でロウのポジションに疑問を抱く人はほとんどいないだろう。

 

ミカル・クウィアトコウスキー

photo Michał Kwiatkowski instagram

30差にしてツール出場5回。2013年には11位となっている。

元ロード世界チャンピオンは現在、イソラでチームメイトとトレーニングを行っており、今月初めにはツール・ド・フランスが彼のプログラムに含まれていることが確認されている。

ミカルは、これまでのツール勝利の中で重要な役割を果たしてきたが、昨年は期待されていた水準には達していなかった。

最も可能性の高いシナリオとしては、ミカルは今年のツールでチームメイトをサポートすることに専念した後、クラシックに向けて注意を向けることになるだろう。

 

ディラン・ファンバーレ

photo Dylan van Baarle instagram

28歳でツールは4回出場。2019年は46位。

ディラン・ファンバーレは将来有望なクラシックライダーとして契約されたが、この2年間で28歳の彼は強力なオールラウンダーへと成長した。

ロウよりもTTに強く、昨年のドーフィネステージの勝利からして、おそらくより優れたクライマーであるファンバーレは、今年のツールでのスポット獲得は必至だ。

今年の初め、南アフリカでフルームとトレーニングを行ったファンバーレは、ツールではチームをより強くするだろう。彼はツールの最後の候補者だ。

 

パヴェル・シヴァコフ

photo Pavel Sivakov instagram

22歳でツール経験はない。

シヴァコフは2019年末に、ジロ・デ・イタリアに挑戦するよりも、ツールで他の人をサポートするために走る方が幸せだと語った。この時に、ツールのスタートを希望していることを最初に公にした。

それ以来、イネオスの経営陣は、シヴァコフが今年の初めに、ツール出場のために「ドアを叩いている」と語ったことで、ロシア人のチャンスを語っていた。

彼は2つのグランツールの経験しかないが、昨年のジロでの9位入賞、そしてツアー・オブ・アルプスとツール・ド・ケルンでのタイトルは、シヴァコフがワウト・プールスの後任にぴったりとフィットする可能性があることを示唆している。

残りの2つのスポットでは、シヴァコフが第一候補のようだ。

 

タオ・ゲオゲガンハート

photo Tao Geoghegan Hart instagram

25歳でツール経験はなし。

イギリス人ライダーのキャリアはシヴァコフほどの高みには達していないが、チーム・イネオスでの成長は印象的なものがある。彼は昨年のジロの後に、ブエルタでは20位以内に入る成績を収め、山岳での2度の強力な離脱を含む、気迫と決断力を見せた。

彼はまだツール・ド・フランスを経験していないが、2つのグランツールでの努力を組み合わせるよりも、今年のツール・ド・フランスでの1回の出走に適しているかもしれない。外から見ると、タオ・ゲオゲガンハートがステップアップする準備ができているように感じられる。

チームスカイ時代、パヴェル・シヴァコフとタオは、バーレーン・メリダのヴィンチェンツォ・ニバリと2019ツール・オブ・ザ・アルプスで総合優勝を争った。

3つのステージを制し、総合でワンツーフィニッシュを果たしている。

 

 

アンドレイ・アマドール

photo Andrey Amador instagram

33歳でツールは5回出場。

33歳にして新たに加入したアマドールは、豊富な経験と知識を持っている。アマドールが現在チームの序列の中でどこに位置しているのかは不明だが、2月に確定したモビスターからの彼の不和な移動以来、UAEツアーで走っただけだ。

2019年にはジロとツールを走っている。15回のグランツール出場の経験は重要だ。2015ジロでは4位に入っている。

 

ヨナタン・カストロピエホ

photo Jonathan Castroviejo instagram

33歳でツール5回出場。2015年24位。

チームの過去2回のツール・ド・フランス優勝の一部として過小評価されていたカストロビエホは、単にTTに強い熟練したライダーというだけではない。5回の国内タイムトライアルチャンピオンであるカストロビエホは、平坦でリーダーを守り、中山間部では一貫してペースを保つことができる。

ミカウ・クウィアトコウスキーのように、彼はフラットロードのスペシャリストと山羊の間の重要なリンクであるが、それほどのパワーはない。33歳という年齢は関係ないが、問題はチームがどれだけのルーキーを獲得したいかということである。

 

発表されないとわからないが、今年のツールを争う大事なメンバーに選出されることは至難の業だ。

 

コメント

  1. 猪瀬 より:

    INEOSがイノセになってんぞ

タイトルとURLをコピーしました