ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスがツール・ド・スイスのクラッシュについてコラムで語る

海外情報
https://twitter.com/GeraintThomas86
この記事は約6分で読めます。

ツール・ド・スイスのステージ4で時速50kmでクラッシュしたゲラント・トーマス。

 

2日休んだだけでトレーニングを再開。

彼のコラムでスイスのクラッシュについて語っています。

 

スポンサーリンク

モナコの自宅より

Image by Julius Silver from Pixabay

火曜日の落車以来初めて自転車に乗ったトーマス。

自転車から自宅に戻って1時間したところで、彼がコラムを書いているGQのインタビューを受けた。

 

GQ:こんにちは、 現時点ではどうですか?

Geraint Thomas:今日は少し調子がいいです。 昨日は最悪の日だったと思う。

墜落した直後は、まだアドレナリンも出てたね。病院にいる時には、それほど気分が悪くなることはなかったけれど、あまりよく眠れなかった。

腰と肩を打った。顔もね。 水曜日はおそらく最悪の日だった。特にモナコに帰らなければならなかったしね。

バイクで時速50kmで落車したばかりの時はもちろん、旅行は決し​​て最高とは限らない。

 

 

しかし、今日は大丈夫だった。自転車で少し時間を過ごしましたが、脳震盪の症状はなかった。それは良いことだ。医者と相談して、うまくいけば明日も自転車に乗ることができるだろう。

頭を打ったのは苛立たしいことだった。そうでなければ、怪我を負っただけで、レースを続けることができただろうし、まだ、そこにいるはずだ。

医師は今のところ脳震盪を問題としている 。目の上の傷も4針縫っている。病院で治療をし、スキャンをした。 他に何も問題ではなかったので、ポジティブだったよ。

 

顔から血が滴り落ちるのを見たとき、チームは私に自転車に乗って欲しくないと思っていることを知ってました。

 

それで、あなたは今家に戻っていますか?

ええ、プロライダーのほとんどはマッサージャーがいます。自宅でマッサージを受けて、休むことができる。

今はちょっとした日常生活、良い睡眠とトレーニング、そして残りの時間は足を上げて元気を取り戻すためにソファーにいます。

 

クラッシュについて教えてください。 あなたは目の前で落車したアスタナのライダーに当たりましたか?

道の端は自転車道になっていて、何の兆候もなかった。プロトンの中にいたので、正確に何があるのか見ることができなかった。

ルーク(Rowe)が自転車道にたどり着いたときに、少しリフトがあったんだ。

それにアスタナの選手がつまづいたことで、彼はクラッシュして私の目の前で倒れた。

すぐ後ろだったのは残念だった。でも、それが自分の道だったんだからしょうがないね。

 

https://twitter.com/TeamINEOS

 

怪我をしてリタイヤするとき、あなたはどう感じましたか?

それほど気分が悪くなることはなかった。血が流れて顔から床に滴り落ちるのを見た。走りたかったが、自転車や、自分がどのようになっているかを客観的に見てたんだ。

 

続けることができないことに不満ですか? レースの外にいることは最悪のことですか?

ちょうど私の目の前でクラッシュし、頭を打って続けることができないという男の欲求不満だけです。しかし、今は全ての状況を変えることはできない。

次の10日間に集中して、ここで良いトレーニングブロックを用意し、それを理解してから、ツアーに進む必要がある。

 

今日は起きてどうでしたか。

クラッシュした後かなり硬直するので、足を回して少しゆるめるだけです。

少し動かそうとするのはいいことです。マッサージやフィジオも受けました。3、4日で戻っているべきだけど、今はいい感じだ。

 

標準のトレーニングに戻りますか?

来週、間違いなくかなりの努力を払って、時間をかけて自転車に乗ることにします。

多分来週から、リードアップの5日間で、少し強度をあげて活性化の努力をするだけです。しかし、他には何もありません、本当に。

 

チームはかなりの不運を経験した。それらがすべてDaveの頭の中で遊んでいると思う

 

彼は私がどうしてるのか、何を必要としているのか尋ねてきた。

誰もが本当に支えとなってくれた。みんな、それほど深刻なものは何もなかったことを知っています。

全てうまくいっているように思えるので、必要なものがすべて揃っていることを確認して、来週の準備とし、7月にベストになるようにします。

 

クリス・フルームが落車した後、Dave Brailsfordは「低リスク」ライディングについて話していましたか?

ええ、Daveはリスクについて話してました。彼は私達に言っていた。君たちは知っているはずだ。

不必要な危険を冒してはいけない、これは積み重ねのレースである。

 

チームはかなり早い段階から不運が続いた。

今年初め、Swifty [ベン・スウィフト]がクラッシュして1週間以上入院していた。

そして、Froomey。

 

エクアドルのジョナタン・ナルバエスは、トレーニング中に落車している。

Egan [Bernal]はジロ・デ・イタリアの前に鎖骨を折った。

私はそれらがすべてDaveの頭の中で遊んでいると思う。

しかし、問題は、それについて考えすぎて、全て後ろ向きになってしまうということです…通常のようにただレースするほうが良いのが決まっている。それは私たちがしていたことです。

170人のうち、墜落した1人の男が私の目の前にいたのは残念でした!

 

トーマスは、元気に走っているようで安心です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました