ロードバイクの情報を発信しています!

Hunt 48Limitless Aero Disc 世界最速の50mmホイール

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm 機材情報
この記事は約6分で読めます。

イギリスのメーカーHUNTは、新しい特許取得の技術を使用して開発した48Limitless Aero Discが世界最速だと主張している。

このブランドは、市場で最速のディスクブレーキホイールセットを開発したいという願望のために生まれた。

HUNTは、48 Limitless Aero Discが25mmまたは28mmのタイヤが装着された他のどのホイールセットよりも速いと主張します。

 

スポンサーリンク

28mmチューブレスタイヤに注目するのはなぜですか?

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

「私たちは、より広いチューブレスタイヤで得られるグリップの向上、転がり抵抗の減少、パンク防止の強化、圧力の向上、乗り心地の向上を望んでいるという観点から出発しています」

とHuntの Tom Marchmentは述べています。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

Limitlessプロジェクトは、エアロバイクホイールの設計に豊富な経験を持つエンジニアリングおよびプロダクトマネージャのLuisa Grapponeによって率いられています。

彼は、スポーク側の半径を大きくして広いリムを使用することが重要だと確信していました。

リムブレーキホイールのリム幅はリムブレーキキャリパーによって制限されていますが、ディスクブレーキホイールにはそのような制限はなく、はるかに広いプロファイルを使用できます。

たくさんの風洞実験と結果の解釈が、Huntが理想的な形を作り出すのを助けました。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

最終的なリムの外形は48mmの深さで、非常に幅広の外形で、タイヤ境界面から最大34.3mmまで外側に膨らんでいます。

一番幅の広いZipp 303 NSWの最大幅は26.5mm、Zipp 404の幅は27mmなので、Huntsの幅はどちらよりも25%以上広くなります。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

「タイヤより幅の広いリムを使用すると、最も効果的な全体のエアロフォイル形状が生まれ、気流がスポークベッドに入るときの乱流が減少します」

とHuntは言います。

「ディスクブレーキロードリムは、空力的に最高の状態にするには、かなり幅広くする必要があることが明らかになりました」

 

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/hunt-48-limitless-427956

 

空力効率のために非常に広い外側リム幅を望んでいるにもかかわらず、Huntは、主要ブランドの23mmおよび25mmタイヤとの互換性を失わないように、22.5mmの内側幅を望んでいました。

これら2つの要件を満たすためには、リムの側壁を通常よりも厚くする必要があります。

「22.5mmの内幅の場合、通常は27mm以下の最大外幅を見ています。

 私たちはそれよりももっと幅を広げたいと思ったので、ギャップを埋める必要がありました。」

とTom Marchment氏は言います。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

1つの選択肢は単に炭素繊維を追加することですが、それは比較的重いので、Huntは新しいアイデアを思い付きました。

まず、リムの基本構造は通常の方法で金型内で一方向の炭素繊維から形成されますが、小さな段差が側壁の上部に向かって残ります(上の写真で確認できます)。

次に、リムを2番目の金型に入れ、低密度ポリマーを注入してこのステップを埋めます。 このポリマーはリムに少し構造的な完全性を加えます。

しかし、それはスペースを取るため空気力学の観点から非常に重要です。

 

「私たちはずっとカーボンファイバーを使ってましたが、カーボンの重さは1.6g/cm3です。
低密度ポリマーは0.7g/cm3で 、リムあたり約50g節約できます」

 

この2回目の成型プロセスを追加すると、価格が少し上がりますが、ハントは重量を抑えるには価値があると考えています。 Limitless 48ホイールセットの総重量は1,582gです。

ハントは現在、低密度ポリマーを炭素繊維の縁の外側に加える方法について特許を取得しています。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

Huntは48プロトタイプのエアロディスクの完成版を風洞実験し、結果に満足しています。

Huntは、28mm Schwalbe Pro Oneタイヤでの使用に最適化されているにもかかわらず、25mmタイヤを装着したときの空力性能も同様に良い結果であるといいます。必要ならば45mm幅までのタイヤの使用も可能。

 

HUNT 48 Limitless Aero Disc – The World's Fastest Disc-Brake Wheels Up To (And Including) 50 mm

 
Huntは
  • DT Swiss ARC 1450
  • DT Swiss ERC 1100 Dicut 48
  • Zipp 303 NSW
  • Mavic Cosmic Pro Carbon UST
 
に対してホイールをテストしました。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0686/6341/files/The_HUNT_LIMITLESS_48_AERO_DISC.pdf
 
赤が、48Limitless Aero Discです。
 
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0686/6341/files/The_HUNT_LIMITLESS_48_AERO_DISC.pdf
 
HUNTのホイールがPROTO3となっているのは、何種類もリム形状の違うものを作成して実験しているからです。
 
Mavic WADの計算はタイムトライアル速度(45 km / h)を基にしており、これを業界標準として使用して明確な比較を示しています。

風洞試験方法論の完全な技術的詳細を含む、Huntが主張を裏付けるために使用している研究の詳細を知りたい場合は、ホワイトペーパーを参照してください。

 

https://road.cc/content/feature/236203-reinventing-aero-disc-specific-wheel-hunt-pt-i

 

Huntによると、2019年5月にリリースされたEnve SES 4.5 ARディスクホイールは、特定の角度では48 Limitless Aeroディスクホイールよりも空気力学的に効率的です。

ただ、前輪のEnveホイールは49mm、後輪は55mmなので有利です。 しかし、一部のタイヤはSES 4.5 ARディスクホイールとの互換性がない。

または使用が推奨されていないと指摘し、このリストにはContinentalの新型グランプリ5000 TLが含まれています。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

48 Limitless Aero Discホイールは、転がり抵抗を減らすように設計されたCeramicSpeedベアリングと、ペダルを踏み始めたときに7.5°で係合するフリーハブを備えています。

Pillar Wing 20のスポークは、調整しやすいようにエアロフォイルプロファイルと外部ニップルを備えています。

 

https://road.cc/content/tech-news/262519-hunt-reveals-worlds-fastest-road-disc-brake-wheelset-50mm

 

ライダーの体重制限は100kgで、Huntは、フランス北部のArenbergの玉石を使ったテストでは悪影響がないと述べています。

Huntが強調したいもう一つの利点は価格です。

  • Mavic Cosmic Pro Carbon SL UST Disc   1,800ポンド
  • DT Swiss ERC Dicut  Disc 870ポンド(F)、1,200ポンド(R)
  • Enve SES 4.5 AR  Disc £2,700
  • 48 Limitless Aero Disc £1,289(175,000円)


価格もかなり抑えられてます。自分としては、重量が気になりますねえ~。

踏み出しの軽さとかは、どうなんでしょうか?

実際に試乗もしくは、プロレースなどで結果を出してくれるとわかりやすいのですが。

今後に期待ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました