ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスがツール・ド・スイスでクラッシュ。病院に搬送ツールは?

海外情報
https://twitter.com/TeamINEOS
この記事は約4分で読めます。

チームイネオスの不幸はどこまで続くのか。

クリス・フルームのリタイヤに続いて、クリス・フルームもツール・ド・スイス第4ステージでクラッシュ。

病院に搬送された。

その怪我の様子はどうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

中間スプリント直後のクラッシュ

https://www.teamineos.com/

ツール・ド・スイス第4ステージはMurtenからArlesheimまでの163.9km。

スタートから30kmの中間スプリントの直後にゲラント・トーマスのクラッシュが発生。

テレビの生中継映像では、トーマスが路上で医療スタッフと話をしているときにトーマスが座って両肩を動かしていた。

ハイライトでも、トーマスが座っている画像が少し見える。

肩の打撲と擦り傷、右目の上が切れてしまった。頭も心配なためにトーマスは病院に直行した。

 

トーマスが詳細をチームのウェブサイトでコメント

「アスタナのライダーが唇に当たって落車し、どこにも行けなかった。
私は肩と顔を地面に打ち付け、かなりの出血をした。
頭のけがは注意する必要があります。私は続けたかったが、医者は私をレースから引き離すという正しい決断をしました」

 

 

影響の主な分野は彼の頭にありました。 彼は最初の脳震盪路上テストに合格したが、衝撃の性質と厳しさで、彼がレースを続けることは危険であると判断した。

彼は病院に運ばれ、X線とスキャンが明らかになり問題なかった。彼は今ホテルに戻ってきています。

 Geraintは、自転車に戻るのにそれほど時間はかかりませんが、数日以内に彼が無症状であることを確認する必要があるでしょう。

私たちは楽観的に考えている。今後数日のうちに完全に回復するだろうし、すぐに戻ってくるだろう」

 

とりあえず、大きな影響はないでしょうが、レースでの山岳のテストは出来なかった。チームとしてトーマスをアシストして総合優勝をするという目標も達成できなかった。

 

イネオスとしては、これからプランBのエガン・ベルナルの優勝を狙っていくようになるだろう。現在、エガン・ベルナルは総合13位。トップからは39秒遅れている。

 

ツール・ド・スイスのハイライト。トーマスも映ってます。
Tour de Suisse 2019 – Stage 4 (Murten – Arlesheim) Highlights

 

トーマスは、

「明らかに、ツール・ド・フランス準備のためにイライラしていて少し後退するだろう。
しかし、数週間のうちにブリュッセルでスタートするまでは、まだ十分な時間がある。

我々は再調整する、そして私のコーチティムは、私が7月6日の準備ができていることを確認するために計画を整えます」

 

クラッシュでレースが出来なくなるのは、とても残念。

起こってしまったことは取り返せないので、前向きに取り組むしかない。怪我がひどくなかったのが幸いです。

 

トーマスは、コラムの最後に「なにが起こるかわからない」と言っているが、まさに起こってしまった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました