ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・フランスの期待とクリス・フルームへの思いを語るゲラント・トーマス

海外情報
https://twitter.com/TeamINEOS
この記事は約8分で読めます。

クリス・フルームの怪我とツール・ド・フランスについてゲラント・トーマスがコラムでコメントしています。

翻訳で、文章力がないので読みにくい部分もあるかと思いますがご容赦を~<(_ _)>

 

スポンサーリンク

フルームの怪我について

https://twitter.com/TeamINEOS

クリス・フルームの怪我は誰にとってもショックですが、私たちは彼が戻ってくることを知っています。

Froomeyのクラッシュは大きな衝撃でした。驚きました。クラッシュが発生したことを聞いただけでは十分ではない。それがチームメイトや友人である場合はもちろんです。

私はまだFroomeyと話していませんが、彼と一緒にいたワウト・プールスとすぐ後ろにいたダン・マーティンと話をしました。

 

 

彼らはひどい光景だったと言ってます。人が怪我をするのを目撃するのは決して良いことではない。医者は手術は成功したと言っている。

それならば、彼が住んでいるモナコの病院に転院するほうが良いだろう。 Froomeyは現在、回復の途上にいますが、状況によればさらに悪くなった可能性がありました。幸運でした。

 

我々はまた、ファン・ホセ・コーボがドーピング違反で2011年のブエルタ・ア・エスパーニャのタイトルを剥奪される可能性があること聞きました。

 

Froomeyはそのレースで2位でした。もし、違反が確定すれば、彼の7番目のグランドツアータイトルを授かることができます。

彼がクラッシュについて残念だと思われている間、少なくとも少しショックをやわらげてくれるかもしれません。

当時彼は表彰台に立つことを望んでいたと思います。ですが、私は彼がもう一度グランドツアーで優勝することを願っています。

 

チームイネオスは後退にもかかわらず適応する。

チームにとって最大の利点は、ラインナップに余裕があることです。

フルームはいつもライドを保証されていた。 私の立場から見ても、それほど大きな変化はありません。私が参加するレースでは、ベストの形でレースに参加してきました。

我々はフルームのいないツアーに入ります。 それは後退ですが、チームはまだ強い。

 

 

私たちとエガン・ベルナルで可能な限り最高の結果を得ようとしています。 私は保護されたライダーになるかもしれません。それが誰になるのかは、まだわかりません。

10人から12人のライダーのリストがあります。Dave Brailsfordは、そこから8人を指名します。

ツールのスタートリストは通常レースの一週間前まで発表されません。私達は立ち直るでしょう。最も重要なことは、Froomeyに問題がないことです。

 

ツアーに勝とうとしているライバルは優秀です

私たちのライバルは沢山います。

Movistarはナイロ・キンタナとアレハンドロ・バルデルデが怪我と病気から帰ってくるでしょう。強いチームです。

 

リッチー・ポートは大きな脅威です。 私たちはグランドツアーで彼の活躍する姿を完全には見ていません。ですが、彼がどれほど強く、素晴らしいライダーであるかを知っています。

 

アダム・イエーツは現時点で調子が良く乗れている。ドーフィネをでもうまく走れている。

アスタナのヤコブ・フグルサングは春先からとても強い。

トム・デュムランは、昨年の2位の時と比べて、膝を怪我をしていますが、まだ回復する時間があります。

 

彼らの内の誰かが勝つことを想像するのは難しくありません。 私にはまだ言及していない5、6人のライダーがいます。みんなが混在していて競合しています。

 

私たちはレースに備えてツアーのさまざまな段階を見てきた

私はこれまで、TTコースと2つのピレネーの山頂フィニッシュを走りました。

また、アルプスのステージを下見に行きました。ツール・ド・スイスの前に、ツールのステージ6を見ています。コースは上り坂が急こう配です。

 

ツールドフランス第6ステージ PHOTO A.S.O

それは私にとっては理想的ではないかもしれません。

リッチー・ポート、アダム・イエーツ、ダン・マーティンのような純粋なクライマー、山岳に強いライダーに優位でしょう。

より長いアルプスのクライミングが私によく合っています。

 

 ツールドフランス第2ステージ PHOTO A.S.O

そして、ステージ2のチームタイムトライアルが鍵となります。

全体として、いつものように多くの重要な日があります。 毎年、人々はこのツアーがクライマーのためのものであると話しています。

どのツアーでも優勝するには、最高の状態で登ることができなければなりません。

 

最高のフィットネスで3週間のレースに挑む、世界で最高の170人のライダーがいることを考えると、毎年大変です。

 

レースへの積み上げでは、カウントダウンするためのさまざまなマイルストーンがあります。 一般的に、私は2月にレースプログラムを開始し、ワンデーレースとステージレースを行います。そして、4月の終わりにツール・ド・ロマンディを走ります。

それから私はちょっとした休憩。

 

 

私は自転車から5、6日は休むことができるでしょう。しかし、私はあまり食べ過ぎないようにします。 その気になれば、週に何キロだって太ることができるから。

それに続いて、私達はテネリフェ島で2週間半の高度でのトレーニングを含むツアー前のトレーニングキャンプを開く予定です。

ツアー前の最後の2レースであるクリテリウム・ドーフィネ。または、ツール・ド・スイスの前にもう少し休憩を取ります。

その後、やるべきことはそれほど多くはありません。3週間のための準備に全て関係しています。

なにが起こるかわかりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました