ロードバイクの情報を発信しています!

ダン・マーチンはフルームのクラッシュが頭の中で回っている

海外情報
https://twitter.com/TeamUAEAbuDhabi
この記事は約3分で読めます。

ダン・マーチン(UAE-Team Emirates)は、クリス・フルームが落車した時に20m後ろを走っていたという。

ダン・マーチンもクリテリウム・ドーフィネのタイムトライヤルのコースを試走していたのだ。

彼が目撃したフルームの落車についてインタビューに答える時、いまだに感情的になってしまうほどトラウマとなっている。

スポンサーリンク

チームカーと試走中

https://twitter.com/TeamUAEAbuDhabi

ダン・マーチンは、チームカーとタイムトライヤルのコースを試走していた。

前には、ワウト・プールスとクリス・フルーム。そしてチームイネオスのチームカーが彼らの後ろに。

ダン・マーチンはイネオスのチームカーの後ろ20mを走っていた。

「私はフルームのクラッシュの瞬間を頭の中で、見続けている。そのようなものを見るのはとてもつらい」

と第5ステージが始まる前のインタビューで答えている。

 

 

状況は、イネオスの二人が坂の頂上直前でストップ。ダン・マーチンとチームカーにしたニール・スティーブンスは、彼らの邪魔をしたくなったので、彼らの後ろに停車。

彼が知っているのは、フルームが鼻をかむために、タイムトライヤルバーから片手を離したこと。

突風で前輪をとられ、フルームはコントロールを失い道路脇の低い壁に衝突した。

彼は、地元の病院から空輸されるまえに、2時間救急車の中で緊急治療。水曜日の夜に8時間の手術を受け、集中治療を続けている。

フルームは、内部損傷、右肘骨折、複合右大腿骨骨折、そして数本の肋骨の骨折の重傷。

 

「私たちは走るのをやめました。ニールと私は、沈黙の中でお互いを見て、震えて20秒間そこに立ちつくしてました。見るのは楽しいことではない。

突風がふき、彼はチームカーの前に向きを変えた。何が起こったのか分からなかったが、彼が壁にぶつかるのを見た。

その後のレースに焦点するのは簡単ではなかった。昨夜もそれについて考えていた。私はまだその映像を頭の中で再生しています。それはとても辛いことだ」

 

https://twitter.com/TeamUAEAbuDhabi

 

マーチンは、この事故はどのライダーにでも起こった可能性があると付け加え、彼に起こった同様の事件を思い出した。

「それはただサイクリングがどれほど危険であるかを示しています。私たちだけでなく、誰にでも起こり得たことです。
私はかってバーから手を離してアームウォーマーを脱いだ時に、風が吹いて倒れたことがある。クリスは本当に残念です」

 

あとになって、ダン・マーチンはフルームが死んだのではないか、と思ったと言っている。それほどに強い衝撃として彼の頭に刻まれてしまった。

 

事故のフラッシュバックというのは辛いものです。それが自分であっても他人であっても一緒です。

フルームの手術は成功し、リハビリの話に入っているといいますが、かなりの間安静に過ごすようになります。少しでも楽になれれば良いのですが。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました